検索

    酔う方必見!ディズニーランドの酔いやすいアトラクション5選

    • Koeda

      Koeda

    ディズニーランドにはたくさんのアトラクションがありますが、その中には乗り物酔いをしやすい人には辛いものも乗り物酔いしやすい私が実際に乗って、酔ってしまったアトラクションをご紹介。

    酔う方必見!ディズニーランドの酔いやすいアトラクション5選

    こんにちは!ディズニー大好きKoedaです。
    みなさんはディズニーランドのアトラクションに乗って、乗り物酔いをしてしまったという経験はありませんか?
    私はかなり乗り物酔いをしやすい体質で、アトラクションに乗ると気分が悪くなってしまうことがよくあります。

    今回は、乗り物酔いのメカニズムと、私が実際に乗ってみて酔ってしまったアトラクションをご紹介します
    乗り物酔いには個人差があるので、ご紹介できなかったアトラクションなら絶対酔わない!というわけではありませんのでご注意を。

    乗り物酔いはなぜ起きるの?

    近くではなく、遠くを見ることで少しよくなるとも聞きますよね。
    近くではなく、遠くを見ることで少しよくなるとも聞きますよね。

    乗り物酔いとは、乗り物などの揺れによって引き起こされる症状です。
    医学的には“動揺病”、“加速度病”とも呼ばれているそうです。

    バスや車、電車、飛行機、船などに長時間乗った際に起こりやすく、遊園地のアトラクションでもよく起こります

    主な症状は、唾液の分泌量が増える、あくびが出る、胃の違和感が挙げられます。
    次第に気分が悪くなり、吐き気や嘔吐にもいたることがあります。

    これからの暑い時期は、嘔吐による脱水を引き起こす可能性が非常に高く要注意。

    乗り物酔いは、不規則な加減速や揺れが、内耳の中にある三半規管を刺激することで起こります。
    内耳が刺激されることで、自律神経や平衡(へいこう)感覚が乱れ、頭痛やめまい、吐き気という症状が現れます。

    乗り物酔い用の薬を服用することで症状は防ぐことができますが、必ず乗り物に乗る30分前には飲むようにしましょう。

    ディズニーランドの酔いやすいアトラクション

    私が実際に乗って、これは酔う!と感じたアトラクションをランキング形式でご紹介します。

    第5位:ビーバーブラザーズのカヌー探検

    ビーバーブラザーズのカヌー探検の様子。カモを間近で見ることができるのも魅力のひとつかも?
    ビーバーブラザーズのカヌー探検の様子。カモを間近で見ることができるのも魅力のひとつかも?

    こビーバーブラザーズのカヌー探検は、16名乗りのカヌーに乗り、トムソーヤ島の周りを一周するアトラクション。
    基本的にあまり左右に揺れる印象はありませんが、若干の速度の変化があるので酔いやすい人は辛くなってしまうかもしれません

    船を楽しみたい!という方は、蒸気船マークトウェイン号がオススメ
    ビーバーブラザーズのカヌー探検と同じルートを、大きな蒸気船でゆっくりと進みます。
    アメリカ河の幅いっぱいの大きさなのでほとんど揺れはありません。
    そして速度の増減もあまりないので、安心して乗船できると思います。
    ビーバーブラザーズのカヌー探検の概要はこちらから。

    第4位:アリスのティーパーティー

    くるくる回るティーカップにのりこみ、なんでもない日のお祝いをしましょう!
    くるくる回るティーカップにのりこみ、なんでもない日のお祝いをしましょう!

    ファンタジーランドにある、お子様からお年寄りまで様々な年齢のゲストに楽しまれている、アリスのティーパーティー。
    プリンセスたちが時折遊びに来ることでも有名なこのアトラクションですが、かなり酔いやすいアトラクションと言えます。

    カラフルなティーカップに乗り込み、中央にあるハンドルを回すことでティーカップを回転させるアトラクションです。
    そのため、目が回りやすく、気分が悪くなることもありそう。
    ティーカップを回さないようにしても、アトラクション全体が床から動いているため、乗り物酔いしやすい人は酔ってしまうかもしれません
    アリスのティーパーティーの概要はこちらから。

    第3位:プーさんのハニーハント

    プーさんのハニーハント。平日でも大人気です。
    プーさんのハニーハント。平日でも大人気です。

    ファンタジーランドの最もトゥーンタウン側に位置する、大きな本が特徴のアトラクション。
    ハニーポットに乗り込み、プーさんと100エーカーの仲間達の世界を冒険します。

    くるくる回ったり、急な方向転換が多いアトラクションですが、特に気分が悪くなりやすいポイントは、ティガーと飛び跳ねるシーンです
    画面や地面、ハニーポットなどが上下にぴょんぴょんと揺れるシーンは、ティガーと一緒に飛びはめている感覚でとても楽しいのですが、そのかわりかなり酔う印象があります。

    体調のすぐれない時は特に、避けた方がいいかもしれません。
    プーさんのハニーハントの概要はこちらから。

    第2位:スペース・マウンテン

    夜のスペースマウンテンは色とりどりにライトアップされ、とても綺麗です。
    夜のスペースマウンテンは色とりどりにライトアップされ、とても綺麗です。

    トゥモローランド内にある、大人気のジェットコースタータイプのアトラクション。
    暗闇の中を駆け抜けるスペースマウンテンですが、Qラインでも放送があるように、急上昇、急降下、急旋回が多いです

    ふわっと体が浮くような感覚や、左右に振られる感覚が、乗り物酔いにつながる可能性大です。
    私もよく乗るのですが、体調がすぐれない時や、食後に乗るとかなり酔ってしまいます。
    スペース・マウンテンの概要はこちらから。

    第1位:スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

    スターツアーズの入り口です。ロゴはスターウォーズとにていますね!
    スターツアーズの入り口です。ロゴはスターウォーズとにていますね!

    映画『スターウォーズ』のキャラクターとともに、様々な星を旅する、3D映像が楽しめるアトラクション。
    しかし、スターウォーズ、私は100%酔います。

    映像に合わせて座席が左右前後に動くのですが、この揺れが乗り物酔いにつながります。
    特に、星から星へとワープする瞬間は何度乗っても克服できません。
    酔いやすい人もそうでない人も、乗り物酔い要素がたっぷりあるので酔ってしまうかもしれません。

    星やキャラクターの組み合わせ次第で336パターンもあり、スターウォーズ好きの私にはたまらないアトラクション!
    体調を万全な状態にして通ってしまう、魅力溢れるアトラクションなので、体調と相談してトライしてみてくださいね。
    スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューの概要はこちらから。

    まとめ

    いかがでしたか?
    ディズニーランドで楽しい1日をすごすためには、乗り物酔いは避けたいですよね。
    酔いやすい方は、揺れやスピードの加減速の少ないアトラクションを選んで快適に楽しんでくださいね。

    酔う方必見!ディズニーランドの酔いやすいアトラクション5選 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Koeda

    Koeda

    大学入学と共にディズニーランドの年パスを買って以来、息をするように舞浜に通い詰めているKoedaです! 映画はもちろん、ショーやパレード、グリーティングも大好きです。 読むだけでディズニーに行きたくてムズムズしてしまうような記事が書けるよう、精一杯頑張ります!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      二ノ瀬

    3. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    4. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    5. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集