検索

    【子連れ必見】ディズニーシーのベビーセンターはどこ?場所・サービス&設備まとめ!

    • sakurachibiko

      sakurachibiko

    ディズニーシーにある子連れママの強い味方「ベビーセンター」の情報をお届けします。ディズニーシーには、ベビーセンターが1箇所あり、ベビーケアルームと授乳室もそれぞれ1箇所ありますよ☆ベビーセンターの場所やサービス&設備情報をまとめました◎子連れディズニーの方、必見の情報ですよ!

    【子連れ必見】ディズニーシーのベビーセンターはどこ?場所・サービス&設備まとめ! 引用元:公式サイト

    こんにちは!いつかまだ見ぬ我が子と世界中のパークを制覇したいsakurachibikoです。

    ディズニーシーの景色を見ながらベビーカーを押してゆったりと我が子とお散歩ができたら素敵ですね。
    しかし、小さな子供を連れてインパークをするのはなかなか大変。

    時間通りの授乳におむつ換え、最終的に子供も疲れてくずり出して優雅なお散歩ディズニーには程遠いディズニーデビューになってしまう人も多いのが現実です。
    2人目の時はもっと大きくなってから連れてくるぞと心に決める前にディズニーシーのベビーセンターを利用してみてはいかがでしょうか?

    今回は、ディズニーシーにある子連れファミリーの味方「ベビーセンター」を紹介していきます。

    ディズニーシーのベビーセンターとは

    ディズニーシーのベビーセンターとは引用元:公式サイト
    ディズニーシーのベビーセンターとは

    ディズニーシーにあるベビーセンターは、赤ちゃん連れのママが快適に授乳やおむつ替えをできるように配慮されたスペースです。

    授乳やおむつ替えの他に、おむつやベビーフード、粉ミルクなどの販売も行っています。
    持ってきたおむつを切らしてしまった、哺乳瓶を割ってしまったなど緊急の際でもベビーセンターで購入する事ができるので安心です。

    ディズニーシーのベビーセンター:場所

    ディズニーシーのベビーセンターの場所引用元:公式サイト
    ディズニーシーのベビーセンターの場所

    ディズニーシーのベビーセンターは、ミラコスタのエントランスの横にあります。

    ディズニーシーは広いのにベビーセンターが入り口付近に1つしかないなんて不便!と思った方もいますよね。
    ご安心ください。

    ディズニーシーにベビーセンターは、1箇所しかありませんが、それに準じたサービスを受けられるベビーケアルームと授乳室がそれぞれ1箇所ずつ用意されています。

    ベビーケアルームはマーメイドラグーンのショップ「キス・デ・ガール」付近、授乳室はタワー・オブ・テラーの脇にあります。
    特にベビーケアルームは2019年8月にオープンしたばかりで、とても使いやすいです。

    小さな子供を連れてパークに行った時は、ぜひ利用してみてくださいね。

    ディズニーシーのベビーセンター:サービス・設備

    ディズニーシーのベビーセンターのサービス&設備引用元:公式サイト
    ディズニーシーのベビーセンターのサービス&設備

    ディズニーシーにあるベビーセンターのサービスや設備をご紹介します。
    子連れの方、必見ですよ。

    おむつ交換

    小さな子供を連れてインパークした時に避けられないおむつ換えもベビーセンターならば、ゆったりと広いスペースの中で行うことができます。

    通常のレストルームでおむつ替えをしようと思っても、スペースが狭かったり、人が多くておむつ交換ベッドが空いていなかったりします。
    しかし、ベビールームならばおむつ交換ベッドの数や広さも申し分なく、ゆっくりとおむつ交換をしてあげられます。

    万が一ベビーセンターから離れた場所でおむつを換えることも可能。
    全ての女性用レストルームと一部男性用レストルームにおむつ交換ベッドが備えられているのでご安心くださいね。

    着替え台

    靴を脱がせて着替えさせたい時に重宝するのが着替え台です。
    着替え台ではおむつ交換ベッドとは違い、子供を立たせて着替えさせることができるので、少し大きくなった子供の着替えも可能です。

    授乳室

    ベビーセンターとベビーケアルームの授乳室はカーテンで仕切られた簡易的な個室ですが、タワー・オブ・テラー脇にある授乳室は完全個室です。
    ただし、個室の数が少ないのがネック。

    反対にマーメイドラグーン内にあるベビーケアルームの授乳室は10室用意されているので、混雑時でも利用しやすいですね。
    なお、授乳室は、女性のみが入室できます。

    食事ルーム

    離乳食を食べる年齢になったけれども、人の多いレストランでは落ち着いて食事ができないという子でも安心して食事をできるスペースです。

    子供用の椅子が並んでいて、食事を自分のペースでとることができます。
    同じように食事ルームを利用している別の赤ちゃんと交流を持つことができるかもしれません。

    また、食事ルームではミルクや離乳食を作ることも可能です!
    赤ちゃんのミルクを作るのに適した温度のお湯と哺乳瓶を冷やす氷水が用意されています。

    電子レンジも使えるので、温かい離乳食を食べさせてあげることができますね。

    レストルーム

    ベビーセンターには子供と入れるレストルームも設置されています。
    大人女性用が2室と、男性用が1室それぞれにお子様シートが完備されています。

    離乳食やミルクの販売

    広いパークを歩き回るには身軽が鉄則。
    しかし、子供のいる家族は子供の着替えだけでもなかなか量があり、身軽で動くというわけにいきません。

    そんなファミリーの強い味方がベビーセンター。

    各サイズのおむつや離乳食、粉ミルクの販売もしているので、全てパークでそろえることも可能です。
    持ってきたおむつ類やウェットティッシュがなくなってしまった場合にも助かりますね。

    注意しなければいけないのはディズニーシーのベビーケアルーム・授乳室での販売はされていないということ。
    ベビーケアルーム付近にある「キス・デ・ガール」で購入することができます。

    まとめ

    ディズニーシーのベビーセンターまとめ引用元:公式サイト
    ディズニーシーのベビーセンターまとめ

    いかがでしたか?
    小さな子供がいるとつい、パークからも足が遠のきがちですよね。

    ディズニーシーでは2019年8月にマーメイドラグーンに新しくベビーケアルームが設置されたりと、子連れファミリーが快適に過ごせるようなサービスが増えています。
    ベビーセンターを賢く利用して、子供が小さな頃ならではの素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

    ▼ディズニーランドのベビーセンター
    【子連れ必見】ディズニーランドのベビーセンターはどこ?場所・サービス&設備まとめ!

    【子連れ必見】ディズニーシーのベビーセンターはどこ?場所・サービス&設備まとめ! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    sakurachibiko

    sakurachibiko

    ディズニー大好き女子sakurachibikoです。小さなころからランドが大好きで、ホーンテッドマンションの大ファン。シーができてからはダッフィーの衣装を作っては着せてインパークしてます。
    最近増えている大人女子でも持てるディズニーモチーフのグッズとディズニーバウンドファッションを眺めるのがマイブーム。
    知っててよかった情報から楽しいムダ知識まで幅広く発信していこうと思いますのでよろしくお願いします♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      みーこ

    2. 【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      たけのこ

    3. ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      みーこ

    4. 【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      みーこ

    5. 【2019】ディズニーシーの食べ歩きおすすめ21選!人気のお肉・チキン・スイーツとお値段

      【2019】ディズニーシーの食べ歩きおすすめ21選!人気のお肉・チキン・スイーツとお値段

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集