ディズニーランドの夜景が美しいアトラクション画像と撮影法

    • Writer

      Writer

    京ディズニーランドの夜景が美しいアトラクションの画像を高画質でお届けし、夜景の撮影方法(一眼レフ)をご紹介。東京ディズニーランドの夜景はとてもきれいだけど、なかなか良い写真が撮れない!という方は多いのではないでしょうか?

    ディズニーランドの夜景が美しいアトラクション画像と撮影法

    こんにちは、ディズニーも一眼レフでの写真撮影も好きなBOXです。
    今回は、一眼レフ歴7年の私が、みなさんに下記の2つを主にお伝えします。


    ①ディズニーランドの夜景が美しい場所11選とその写真
    ②ディズニーランドでの美しい夜景写真の撮り方

    最初に美しい夜景をお見せして、最後に撮影の方法を伝授しますね。

    ディズニーランドの夜景が美しい場所11選とその写真

    日中はどこで写真を撮影しても画になるディズニーランド。
    しかし、ディズニーランドへ行ったことのある方はご存知だと思いますが、ディズニーランドの夜は意外と暗いです。
    パーク内が全体的に暗いため、夜景をきれいに撮影することができるスポットは意外と限られています。

    ⑫と⑬はディズニーランド内ではありませんが、ディズニーリゾートラインはおもしろい写真が撮れ、ディズニーランドホテルは眺めているだけで美しいです。

    さて、1つ1つ夜景画像をお見せしていきましょう!

    ①シンデレラ城

    シンデレラ城が美しいのは言わずもがなですね。
    撮影する場所やタイミングによってその美しさも変わるので、今回は5パターンご紹介します。

    (1) ワールドバザールから

    ここはみなさん見慣れていますよね。
    だんだん暗くなり始めている頃。

    シンデレラ城①

    (2) ブルーバイユーレストランの裏側

    あまり見ないアングルかも?

    シンデレラ城②
    シンデレラ城③

    (3) キャッスルカルーセルの北側

    圧巻ですね!

    シンデレラ城④

    (4) トゥモローランド・テラスの東側

    公式フォトスポットになっている場所です。

    シンデレラ城⑤

    (5) ワンス・アポン・ア・タイム時

    正面から撮るのがおすすめです。

    シンデレラ城⑥
    シンデレラ城⑦
    シンデレラ城⑧

    ②スイスファミリー・ツリーハウス

    スイスファイミリー・ツリーハウスは待ち時間の短いアトラクション。
    人気(ひとけ)もさほど多くはありません。

    だからと言って、あなどることなかれ!
    アトラクションそのものは夜景スポットではありませんが、スイスファミリー・ツリーハウスからの夜景は、驚くほど美しいです

    しかも、夜は日中にも増して人気(ひとけ)が少ないため、絶好の夜景撮影スポット。
    こちらの記事でも紹介していますが、ディズニーランドの中で告白やプロポーズに向いたスポットと言って良いですね。

    (1) シンデレラ城方面

    スイスファミリーツリーハウスからでも、シンデレラ城は映えます。

    スイスファミリー・ツリーハウス①

    (2) スペース・マウンテン方面

    スペース・マウンテンを上から望む。

    スイスファミリー・ツリーハウス②

    (3) ディズニーランドホテル方面

    ディズニーランドホテルと、その先には葛西臨海公園の観覧車も見える。

    スイスファミリー・ツリーハウス③

    ③キャッスルカルーセル

    キャッスルカルーセルでは、実はなかなかおもしろい夜景を撮ることができます。
    キャッスルカルーセルのように、光りながら回転しているものは、シャッタースピードを長くすることで、見た目とは全然異なる写真が撮影できます
    詳しくは、この記事の最後、撮影方法を参照してくださいね。

    (1) アトラクション真横から

    高速回転しているように撮れます!

    キャッスルカルーセル①

    (2) 少し離れた位置から

    なかなかおもしろい景色ですね。

    キャッスルカルーセル②

    ④スタージェット

    スタージェットも、キャッスルカルーセルと同様に光りながら回転しているため、日中では撮ることができない写真が撮影できます。

    (1) 近づいたアングル

    きれいですよね!

    スタージェット①

    (2) 少し離れたアングル

    少し離れるとこんな風に見えます。

    スタージェット②

    ⑤ミッキーのフィルハーマジック

    ミッキーのフィルハーマジックも、夜はライトアップされているため夜景スポットになります。
    ミッキーのフィルハーマジック単体でもきれいに撮影できますが、背景にシンデレラ城を入れるとより一層きれいな夜景になりますよ。

    (1) ミッキーのフィルハーマジック単体

    夜のミッキーのフィルハーマジックはきれい。

    ミッキーのフィルハーマジック①

    (2) シンデレラ城と一緒に

    シンデレラ城を入れると迫力が増します。

    ミッキーのフィルハーマジック②

    ⑥蒸気船マークトウェイン号

    蒸気船マークトウェイン号も、日中撮影しても画になるアトラクション。
    夜はライトアップされるため、よりその迫力が増します。

    蒸気船マークトウェイン号

    マークトウェイン号は動いてしまうと夜景はうまく撮影することが難しいです。
    トムソーヤ島いかだの乗り場あたりから、停留しているマークトウェイン号を撮影するときれいに撮影できますよ。

    ⑦スペース・マウンテン

    ディズニーランドの3大マウンテンとして知られているスペース・マウンテン。
    単に怖いだけではなく、夜はライトアップされるため夜景スポットとしてもおすすめです。

    スペース・マウンテン

    白と青のライトで輝く姿は、昼とはまた一味異なるスペース・マウンテンですね。

    ⑧ピーターパン空の旅

    ピーターパン空の旅も、夜はライトアップされます。
    多くの電球が取り付けられているため、夜撮影をするとあたたかい印象の写真になります。

    ピーターパン空の旅

    ⑨イッツ・ア・スモールワールド

    イッツ・ア・スモールワールドはカラフルな外観のアトラクションのため、夜撮影すると美しい写真を撮ることができます。

    イッツ・ア・スモールワールド

    イッツ・ア・スモールワールドは、現在改修中。
    そのため、アトラクションの前には壁が設置されており、全体は撮影できません。
    10月に戻ってくる日を楽しみに待ちましょう。

    ⑩プーさんのハニーハント

    プーさんのハニーハントも、夜はライトアップされます。
    日中は日差しが強いと白っぽく映りやすいですが、夜はカラフルな色遣いがきれいに撮影できます。

    プーさんのハニーハント

    ⑪エントランスエリア

    夜のワールドバザールは明るくライトアップされるため、意外な夜景スポットです。
    帰路につく方がみな通るため、撮影はなかなか難しいです。

    ワールドバザール

    こちらも電球が多々使用されており、日中は感じにくいあたたかみのある写真が撮影できます。

    ⑫ディズニーリゾートライン

    帰りにディズニーランドのから出たらもうおしまい!ではありません。
    ディズニーリゾートラインも夜景にはおすすめの場所です。

    ディズニーリゾートライン

    単純に撮影するだけだと、正直あまり面白い写真にはなりません。
    シャッタースピードを落としてあげましょう。

    リゾートラインの動く様子を1本のきれいな光として撮影することができ、面白夜景が撮影できますよ。

    ⑬ディズニーランドホテル

    ディズニーランドホテルは泊まるだけじゃない!
    夜景も美しい!

    ディズニーランドホテル

    ディズニーランドは横幅があり高さもあるため、正面から撮影するとすべては収まり切りません。
    やや斜めの角度から撮影するときれいに映すことができますよ。

    夜景はとてもきれいですが、撮影していて思うのは、やはり写真を撮るだけではなく宿泊したいですね(笑)

    ディズニーランドでの美しい夜景写真の撮り方

    ディズニーランドに限らず、スマホやデジカメで夜景を撮った時に「全然うまく撮れない!」と思ったこと、みなさんありますよね?

    うまく撮影できない一番大きな理由は、手ブレしてしまうことです。
    そのため、夜景を撮影する際の鉄則は、「スマホやカメラを安定した場所に置く」ことです。
    これだけで、夜景のクオリティーは一気に上がります。

    きれいな夜景を撮影するためのポイントは、次の5つ。

    機種にもよりますが、スマホやコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)では、きれいな夜景の撮影に限界があります。
    というのも、スマホでは③~⑤を設定することができないから。
    どうしても夜景をきれいに撮影したい!という方は、一眼レフを使用する必要があります。

    ①カメラを安定した場所に置く

    夜景を撮影する際に、カメラを安定した場所に置くというのは鉄則です。
    カメラを手で持った状態では、必ず手ブレしてしまします。
    スマホの場合も、おける場所を探して撮影してみましょう。

    可能であれば三脚を使いたいところですが、三脚はディズニーに持ち込んではいけないアイテムの1つです。
    そのため、パーク内ではカメラを置いて撮影できる場所を探す必要があります。

    ②タイマーを使って撮影する

    タイマーを使うのも、手ブレを防ぐためです。
    iPhoneでも、3秒、もしくは10秒のタイマーを設定することができます。
    3秒に設定して、iPhoneから手を放して撮影するようにしましょう。

    上の黄色い枠のところがタイマー

    一眼レフも、2秒や10秒のタイマーが設定できます。
    安定した場所においてから、タイマーを2秒に設定して撮影しましょう。

    ここから先一眼レフ初心者の方向け

    ③シャッタースピードを長めに設定する

    シャッタースピードを眺めに設定するメリットは、下記の2つです。


    (1) 動いているものを、1つの光として撮影できる
    (2) 動いている人が写真に写らない

    (1)キャッスルカルーセルやスタージェットでご紹介したように、おもしろ写真を撮るための方法です。
    そのため、シンデレラ城やディズニーランドホテルなどを撮影する際は、シャッタースピードは眺めに設定しなくても大丈夫です。

    どれくらいのシャッタースピードにすれば良いのかは、何度か撮影して試します。
    今回ご紹介した写真は3~4秒に設定していますが、もう少し短くてもOK。

    キャッスルカルーセル①
    スタージェット①

    (2)シャッタースピードを長くすることで、動いている人が写真に写りこまなくなります。
    ワールドバザールの写真はシャッタースピードを4秒に設定することで、人がうっすらとだけ写っていることがわかると思います。

    ワールドバザール

    ⑤ISO値を可能な限り小さく設定する

    ISO値は、写真の画質を表す値のこと。
    値が小さいほど画質が良く、値が大きいほど画質が粗くなります。

    値を大きくすることで、シャッタースピードが短くできるというメリットがあります。
    ただ、安定した場所において撮影できる際は、できるだけISO値は小さくした方がきれいな写真が撮れますよ。

    まとめ

    ディズニーランドの東京ディズニーランドの夜景が美しい場所やアトラクションの画像をご紹介し、夜景の撮影方法も説明しました。

    一眼レフ好きにはディズニーランドはたまらない撮影スポットがたくさん。
    カメラの使い方をちょっと覚えれば、すぐにきれいな夜景が撮影できるようになります。

    写真撮影ばかりに夢中にならずに、実際に自分の目に夜景を焼き付けることもお忘れなく。

    ディズニーランドの夜景が美しいアトラクション画像と撮影法 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Writer

    Writer

    キャステルへの投稿ライターです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      しーちゃん

    3. 【最新】ディズニーが入場制限中!まん延防止期間中は原則5,000人へ!緊急事態宣言の可能性は?

      【最新】ディズニーが入場制限中!まん延防止期間中は原則5,000人へ!緊急事態宣言の可能性は?

      めぐみ

    4. 【5/12更新】ディズニーチケット購入攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      【5/12更新】ディズニーチケット購入攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    5. 【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集