検索

    【8月開催】東山動物園のナイトズーとは?夜の動物たちを堪能できる!イベント概要・注意点まとめ!

    • Ikuma

      Ikuma

    東山動物園のナイトズーについてご紹介します!料金・開催日程・営業時間などをまとめました☆ナイトサファリならではの楽しみ方や注意点も要チェックです!ナイトサファリと連動したイベントなども開催予定ですよ♪

    【8月開催】東山動物園のナイトズーとは?夜の動物たちを堪能できる!イベント概要・注意点まとめ! 引用元:公式サイト

    皆さん、こんにちは!GWは予定に追い立てられて、結局ゆっくりできなかったIkumaです!

    最近、動物園でよく行われているイベントといえば、営業時間を延長するナイト営業でしょう。
    普段は夜遅くまで営業していない動物園でも、夏休みなどの特別な期間に、時間を設けて営業していたりします。

    東山動物園でも同じように、夜間営業を行っています。
    その名も「ナイトズー」!

    東山動物園では、例年8月のお盆中に行われ、普段以上に来場者が訪れるイベントとなっています。
    また事前の予約なども必要がないため、そういった面でもお手軽なイベントといえるでしょう。

    そんな大盛況なナイトズーの具体的な中身について、今回は見ていきたいと思います。
    皆さん、チェックしてみてください!

    東山動物園のナイトズー:概要

    夜のカナダヤマアラシ 引用元:公式サイト
    夜のカナダヤマアラシ

    まずは、東山動物園のナイトズーの概要をご紹介します。
    各種の入場料金や営業時間をまとめました☆

    入場料金

    入場チケット
    入場チケット

    ナイトズーの時の入場料金は、中学生までなら無料となっています。
    高校生以上であれば500円、65歳以上のシニアであれば100円で入場できます。

    また、通常の営業時間帯から入館しておけば、そのままナイトズーに参加できるのです。
    入場料金も発生しないので、こだわりがなければ午後から夜まで利用する方が良いでしょう。

    開催日程&営業時間

    2019年の東山動物園ナイトズーの開催日程は、8月10日(土)~12(月)、14(水)・15(木)、17(土)・18(日)です。
    概ねお盆に合わせて、営業されています。

    また、20時30分まで営業を行います。
    最終入場は20時までです。

    普段の東山動物園の営業時間は9時から16時50分までです。
    つまりナイトズーの日は3時間40分、延長営業をしている形になります。

    普段よりはかなり遅い時間帯での営業になるので、参加してみるのはいかがでしょうか?

    ナイトズーの良さ

    ナイトズーの最中のペンギン 引用元:公式サイト
    ナイトズーの最中のペンギン

    東山動物園のナイトズーに参加すると、普段とは異なる動物の姿を観察できます。

    なにしろナイトズーの行われる夏は、動物たちにとっても過ごしにくい季節。
    特に夏の名古屋は湿度も高くて蒸暑いですから、動物達もバテ気味です。

    ナイトズーであれば、そういった暑さが緩和され、大分過ごしやすくなっています。
    そのため、夏に元気な動物が見たい時には、ナイトズーが一番です。

    この他、ライオンやトラといった夜行性の動物を見る時にもおすすめです。
    昼の時にはあまり動かない動物も、夜であれば活発に活動する姿を見られるはずです!

    東山動物園のナイトズー:イベント

    ナイトズーのアシカ 引用元:公式サイト
    ナイトズーのアシカ

    さらに東山動物園のナイトズーでは、特別なイベントが実施されます。
    2018年に行われたイベントを、こちらで振り返ってみましょう!

    アニマルトークリレー

    アニマルトークリレー 引用元:公式サイト
    アニマルトークリレー

    東山動物園のナイトズー中に行われたイベントの1つは、「アニマルトークリレー」。

    こちらは東山動物園に勤務する飼育員たちが、担当している動物の展示場の前で説明をしてくれるイベントです。
    説明するイベントは連日変わります。

    解説を行う動物と時間帯は、毎回東山動物園のウェブページに掲載されるので、自分の参加する日のスケジュールを確認しておきましょう。

    ナイトズーのメインイルミネーション

    ナイトズーメインイルミネーション 引用元:公式サイト
    ナイトズーメインイルミネーション

    「ナイトズー メインイルミネーション」は、東山動物園内で行われるプロジェクションマッピングです。
    例年、ホッキョクグマが飼育されている展示場の壁で行われます

    2018年には、プロジェクトマッピングの数を増やし、よりダイナミックな演出になりました☆
    また、映像も絶滅危惧動物をテーマにして、大切な動物や自然を感じられるようになっています。

    2019年にはどんな作品になるのか、楽しみですね♪

    ひがしやま夜空シアター

    ひがしやま夜空シアター 引用元:公式サイト
    ひがしやま夜空シアター

    「ひがしやま夜空シアター」は噴水近くで行われるイベントです。
    こちらは動物のスペシャルフォトとムービーを公開します。

    その内容は、動物たちの可愛らしい一面を撮影した物になります。
    アシカが泳ぐ練習をしていたり、ヤマアラシが氷を使って涼んだり、なんともキュート映像となっていました。

    2019年もかわいい動物たちの姿を見たいですね♪

    スリランカ「ペラヘラ祭」風イルミネーション

    スリランカ ペラヘラ祭 風イルミネーション 引用元:公式サイト
    スリランカ ペラヘラ祭 風イルミネーション

    スリランカには「ペラヘラ祭」というお祭りがあります。
    始まったのは紀元前と言われています。

    お祭りは2週間に渡って行われます。
    また、お祭りのパレードでは、像が先導する中を選ばれたダンサーが踊りを披露。

    そして、見どころなのがその先導をする象です。
    この像には背中や牙などを電飾で装飾して、煌びやかに飾っているのです。

    東山動物園では、このお祭りの像を模した「スリランカ ペラヘラ祭 風イルミネーション」を行います。
    飾り付けられるのは、本物のゾウではなく、アジアゾウ舎前にある「コサラ像」です。

    現地のお祭りと同じように、電飾などでコサラ像が飾りつけされ、華やかに輝きます。
    その美しさは現地のペラヘラ際にも負けていません。

    綺麗で写真映えもしますよ!

    東山動物園のナイトズー:特別営業

    ナイトズーの最中の園内 引用元:公式サイト
    ナイトズーの最中の園内

    東山動物園のナイトズー期間中は、周辺の施設でも特別営業が行われています。

    遊園地

    東山動物園のすぐ近くには遊園地があります。
    ナイトズーの期間中はこちらも延長営業を行う場合が多いです。

    去年は「ナイト遊園地! 遊園地イルミネーション」という名前が付きました。
    ジェットコースターや観覧車といった、定番の器具に搭乗できますよ!

    また、遊園地内はイルミネーションで飾りつけされ、見ているだけでも楽しくなってきます。
    動物園を出て時間があるようなら、遊園地にも行ってみてください!

    東山スカイタワー

    東山スカイタワーからの眺め 引用元:公式サイト
    東山スカイタワーからの眺め

    東山スカイタワーは、こちらも東山動物園のすぐ近くにあります。
    その高さは134mで、天気が良ければ名古屋の景色を一望できます。

    営業時間は9時から21時30分です。
    そのため、ナイトズー期間中にスカイタワーの展望台に上がれば、ライトアップされた動物園の園内の景色を上から眺められます。

    内部にはレストランも配置されているので、動物園を回った後に、食事をする際におすすめです!
    大人の入場料金は300円ですが、動物園とのセットチケットもありますよ!

    縁日

    東山動物園のナイトズーの期間中は北園の辺りで「えんにち広場」が開かれます。
    こちらは北園の辺りで行われるイベントで、お祭りで見るような、大規模な縁日です。

    開催中にはビールや屋台料理の他、子供向けの屋台も出ています。
    動物園を回っている途中に小腹がすいたら、寄ってみてはいかがでしょうか?

    また、屋台ではお土産などを購入できます。
    誰かに持って帰りたい物があれば、行ってみるのが良いでしょう。

    東山動物園のナイトズー:注意点

    ナイトズーではマナーを守りましょう♪ 引用元:公式サイト
    ナイトズーではマナーを守りましょう♪

    とっても楽しそうなナイトズーですが、いくつか注意しなければならない点もあります。
    他の来場者のこともあるので、マナーを守って遊ぶようにしましょう!

    フラッシュ撮影は禁止

    夜に行われるナイトズー。
    動物達の珍しい写真を残したくて、一杯写真を撮影したくなるでしょう。

    しかし、暗いからといってフラッシュを炊くのは厳禁です!
    強い光を発してしまうと、動物達が驚いてしまいますよ!

    特にネコ科の動物たちはフラッシュの光を浴びると、目を傷めてしまう場合があります。
    あらかじめフラッシュを炊かないように、カメラやスマートフォンの設定をしておきましょう!

    また、同じようにライトの光を動物に充てるのも禁止です。
    動物達がリラックスして過ごせるように、来場者も配慮するようにしましょうね♪

    食事をする際には注意

    ナイトズーのカピパラ 引用元:公式サイト
    ナイトズーのカピパラ

    東山動物園のナイトズーでは前述したように縁日が出ています。
    おいしい匂いに誘われて、ついつい食べたくなってしまいますね♪

    しかし、食事をする際には注意が必要です。
    縁日でご飯を買っても、人が多いため、落ち着いて座って食べたりできません。

    また、周囲も暗いので、ソースなどが服についてしまっても気づきにくいです。
    大事な服を汚さないように気を付ける必要があるでしょう。

    可能であれば、ナイトズーに参加する前に食事を済ませるか、ナイトズーを済ませた後に、ご飯を食べるようにしましょう。

    車は渋滞するかも

    ナイトズーの開催期間中は、東山動物園に行く道はかなり渋滞してしまいます。
    さらに近くの駐車場も、夕方くらいには一杯になってしまいます。

    車で行くよりは、時間のはっきりわかる地下鉄などを利用する方が良いでしょう。
    もしくは車を停める時には、少し遠くの駐車場に停め、歩いて動物園まで行く方が良いでしょう。

    東山動物園のナイトズー:アクセス

    東山動物園の周辺の道 引用元:公式サイト
    東山動物園の周辺の道

    最後に東山動物園へのアクセス方法を確認しましょう!

    地下鉄

    東山動物園の周囲には2つの最寄り駅があります。

    1つ目が地下鉄東山線「東山公園」駅。
    こちらで下車した場合は3番出口から出ると、徒歩3分で東山動物園まで行けます。

    もう1つが同じく東山線「星ヶ丘」駅。
    ここで下車すると、6番出口から徒歩7分で動物園まで到着します。

    東山線は本数も多く、名古屋の繁華街でもある栄駅などにもアクセスします。
    とっても使いやすいので、利用する際にはおすすめです!

    東山動物園に車でアクセスする際には、東名高速道路「名古屋インター」から降りましょう。
    そのまま県道60号線を西へ約15分進むと、到着できます。

    基本的に東山動物園の周囲の道は、普通くらいの大きさです。
    また、正門前駐車場は三車線になっており、行き来しやすくなっています。

    ナイトズーのような時でなければ、そこまで混雑しないでしょう。
    普通のシーズンであれば、車でアクセスしても大丈夫だと思います

    まとめ

    東山動物園のナイトズーは色んな動物の異なった側面を見られるチャンスになっています。
    それだけに魅力的なイベントですので、機会があればぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

    【8月開催】東山動物園のナイトズーとは?夜の動物たちを堪能できる!イベント概要・注意点まとめ! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Ikuma

    Ikuma

    エンタメ系ライターとして東京で活動しています。出没地帯はレゴランドから上野動物園まで様々。好きなディズニー映画は「ズートピア」で、その他にはマーベル映画などもよく見てます。わかりやすくて面白い記事を書けるように頑張ります!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2020年4月オープン】沖縄・DMMかりゆし水族館とは?展示内容、料金、アクセス、見どころまとめ

      【2020年4月オープン】沖縄・DMMかりゆし水族館とは?展示内容、料金、アクセス、見どころまとめ

      ないん

    2. 【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      みかなつ

    3. 【2020年開業】キッザニア名古屋の場所・料金は?最新の「未来の職業」が体験できる!

      【2020年開業】キッザニア名古屋の場所・料金は?最新の「未来の職業」が体験できる!

      しーちゃん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集