【2021】アソボーノ料金・割引・混雑・アクセス徹底解説!子連れ向けよくある質問も!

    • しーちゃん

      しーちゃん

    東京都水道橋・東京ドームシティにある、都内最大級の屋内型キッズ施設『ASOBono!(アソボーノ)』を特集!0歳~6歳くらいまでのお子様が楽しく&安全に遊べる、家族に大人気のスポットです♪各エリアの遊び方の紹介、利用料金・アクセスなどの基本情報について解説します。平日休日や時間帯の混雑状況も要チェックです!また、お得にアソボーノを楽しむ割引方法4選は必見ですよ★家族みんなでアソボーノにおでかけしよう♪

    引用元:公式サイト

    みなさん、こんにちは。
    まわりでも出産する友達が増え、子育ての大変さを感じているアラサーの筆者、しーちゃんです!

    乳幼児や小さな子供がいると、おでかけの場所が限られてきますよね。
    充実した家族向けサービスや、子供たちが安心して遊べる場所があると、ママパパはとっても助かります。

    そこで今回は、都内最大級の屋内型キッズ施設『ASOBono!(アソボーノ)』を特集します♪

    東京ドームシティにあるので、アクセスも良好!
    混雑状況や、割引を含めた料金についても解説しますよ◎

    アソボーノ:都内最大級!屋内型キッズ施設とは?

    都内最大級!屋内型キッズ施設・アソボーノ
    出典:公式サイト
    都内最大級!屋内型キッズ施設・アソボーノ

    『ASOBono!(アソボーノ)』は、都内最大級の屋内型キッズ施設です。
    幅広い年齢の子供が楽しく過ごせる、5つのエリアがあります。

    ◆対象年齢は0歳~6歳くらい

    アソボーノの対象年齢は、だいたい0歳から6歳までの子供です。
    乳幼児でも安心して遊べるエリア&設備があるので、新米ママさんにもおすすめですよ◎

    ◆各エリアの紹介

    アソボーノの5つのエリア
    出典:公式サイト
    アソボーノの5つのエリア

    5つあるエリアの概要をご紹介します!

    ①海のエリア

    巨大トランポリンやすべり台がある「海のエリア」。
    屋内施設なので、天候が悪くても思いっきり身体を動かして遊べるのが嬉しいです!

    ②森のエリア

    「森のエリア」は、知育玩具やボードゲームなどが揃っています。
    遊びながら子供の成長を感じたり、促したりできそうです◎

    ③街のエリア

    のんびりかわいい遊びが好きな子には、おままごとや絵本が揃う「街のエリア」。

    ④駅のエリア

    車や電車が好きな子には、乗り物やブロック遊びができる「駅のエリア」がおすすめです♪

    ⑤ベビー専用エリア

    1歳未満・0歳のお子様しか入れない「ベビー専用エリア」も完備!
    安全を考えたやわらかな素材のブロックや、難しくなく遊べるおもちゃが用意されています。

    しかも、ベビー専用エリアには、おむつ替え・授乳などをすぐできるよう、ベビールームが隣接してあるんですよ◎

    アソボーノ:東京ドームシティへのアクセス

    東京ドームシティへのアクセス
    出典:公式サイト
    東京ドームシティへのアクセス

    アソボーノは、東京都水道橋にある東京ドームシティ内に建っています。

    東京ドームシティは、東京ドームやスパ施設「ラクーア」などが集まった、都市型複合レジャーランドです♪
    そのため、アソボーノの行き帰りにショッピングを楽しんだり、おいしいグルメを食べたりすることも可能です。

    ◆電車のアクセス方法

    アソボーノへ電車で行くときは、以下2駅が最寄り駅となります。

    ・ JR 水道橋駅(東口)
    ・都営地下鉄三田線 水道橋駅(A4出口)

    それぞれの改札出口を出て、ゆっくり進んで徒歩およそ5分~10分以内の距離にあります。
    アソボーノの建物の近くに出ることができますよ◎

    東京ドームシティへは、東京メトロ丸ノ内線・南北線の後楽園駅、都営地下鉄大江戸線の春日駅からも行くことはできます。

    しかし、アソボーノの建物とは反対側に出てしまうので、アソボーノへ行く際はおすすめしません。

    ◆車のアクセス方法・駐車場

    アソボーノへは車でもアクセスが可能です。
    首都高速5号線から、飯田橋ランプもしくは、西神田ランプで降ります。

    駐車場は3か所ありますが、休日には混雑してしまうので注意しましょう。

    また、駐車場の料金は割引になる裏ワザがあります◎
    後ほど【割引】の章で詳しく説明しますので、お楽しみに!

    アソボーノ:混雑回避方法・予約情報

    アソボーノの、ベビー専用エリア
    出典:公式サイト
    アソボーノの、ベビー専用エリア

    アソボーノは、小さなお子様連れのご家族に大人気の施設です♪
    そのため、どうしても混雑が気になります。

    チケットを購入して、施設の中に入るまで、平均的な待ち時間は、かかったとしてだいたい20分ほど。
    なかには約1時間も並んで待ったという人もいるみたいです…。

    ではさっそく、アソボーノの混雑について、攻略していきましょう!

    ◆予約はできる?

    混雑を回避する策として、予約システムが思い浮かびますよね。

    しかし、アソボーノは、予約に対応していません。
    当日の入館したい時間に行く、そしてとにかく並ぶしかないんですね。

    前売り券などもなく、滞在時間によって料金が変わります。
    利用料金については後ほど解説します。

    ◆平日/土日の混雑状況

    予約ができないとなると、混雑しやすい日時をあらかじめ把握し、避けて行くしかありません。

    アソボーノは子供連れ家族のための施設なので、やはり平日よりは土日の方が混雑します。

    しかし「平日=空いている!」というわけではありません。

    育児休暇中の方や幼稚園入園前の方などは、平日にアソボーノへ行くためです。
    どちらかといえば休日の方が混雑する、程度に思っていた方がいいです。

    ◆時間帯の混雑状況

    平日か休日かというのも混雑ポイントですが、時間帯も重要です。

    子供と遊ぶということもあり、午前中~お昼ごろまでは混雑しやすい時間帯です。
    狙い目はお昼を過ぎたあたりから。

    ただし、平日限定で発売される1日フリーパス券というお得なチケットがあります。

    これは午前中までに売り切れてしまうこともあるため、料金のお得さをとるか、待ち時間の短縮をとるかの選択になりそう!

    アソボーノ:料金・1日フリーパス

    アソボーノで思いっきり遊ぼう♪
    出典:公式サイト
    アソボーノで思いっきり遊ぼう♪

    アソボーノの利用料金・チケットについて解説します。

    アソボーノでは、入館受付で最初に1時間の利用料金を支払います。
    滞在時間が1時間以上となった場合に、退館時にお子様の延長料金を追加で支払うというシステムです。

    大人は延長料金が発生しません◎
    また、利用料金の支払いには、クレジットカードや電子マネーが使えます◎

    ◆1日フリーパス(1,800円)

    平日だけ販売されている「1日フリーパス」というお得なチケットもあります◎

    通常は、お子様1時間の利用で950円がかかります。
    それ以上は30分ごとに450円の延長料金が発生してしまうため、2時間遊ぶと1,850円になります。

    1日フリーパスの料金は1,800円!

    2時間は滞在する予定なら、1日フリーパスを購入したほうがお得です♪

    ただし、再入館はできないので注意してください。

    1日フリーパスを購入したいなら、平日の開館時間10時前後~午前中にはアソボーノへ行くのをおすすめしますよ◎

    アソボーノ:お得にアソボーノを楽しむ割引方法

    お得にアソボーノを楽しむ割引方法
    出典:公式サイト
    お得にアソボーノを楽しむ割引方法

    休日も使える割引や、1日フリーパス以外のお得に楽しむ方法も知りたいですよね!
    アソボーノの割引について紹介していきます♪

    ①TDポイントカードで割引&ポイント付与

    TDポイントカードとは、東京ドームグループの様々な施設でポイントが貯まるカードのこと。

    アソボーノの受付時にこのTDポイントカードを提示すると、利用料金が割引になります!
    同時にポイントも貯めることができるので、ダブルでお得です◎

    ②東京ドームホテル キッズクラブの会員割引

    3歳~小学生のお子様を対象とした東京ドームホテルキッズクラブ、 Domies(ドーミーズ)の会員割引があります。

    ドーミーズの入会金・年会費は無料です。

    アソボーノ以外でも東京ドームシティで使える優待割引があるので、入会を検討してみてもいいと思います◎

    割引を受けるには、 TDポイントカードと同じく、受付時にドーミーズの会員証を提示しましょう。

    ③得10チケット(とくてんチケット)の利用

    東京ドームシティが法人向けに発行している「得10チケット」というレジャーチケットがあります。
    1冊10ポイント綴りになっており、ポイントを使って施設が利用できます。

    アソボーノで得10チケットを利用するための必要ポイントは、それぞれ以下の通りです。

    得10チケットが1冊(10ポイント)あれば、充分にアソボーノで遊べますね♪

    ④【おまけ】駐車場の料金をお得にする方法

    アソボーノの利用料金ではありませんが、車で行った人は知っておくべき駐車場の割引もあります!

    先ほど駐車場の料金を解説しました。
    30分毎400円の駐車料がかかるため、1時間の駐車で800円です。

    アソボーノを利用するなら、最低でも約2時間は駐車することになると思います。
    2時間=1,600円ですね。

    しかし、アソボーノの施設利用者は、4時間分の駐車券を1,000円で購入することができちゃうんです★

    車で行くなら、これはとってもお得!
    特に休日の場合は、平日と違って駐車料の最大料金が設けられていません。

    どちらにせよ平日の最大料金・1,700円よりも断然安いので、ぜひともアソボーノで買える駐車券を利用しましょう!

    アソボーノで販売していますよ!

    アソボーノ:よくある質問

    アソボーノのよくある質問
    出典:公式サイト
    アソボーノのよくある質問

    アソボーノへ行ってみたくなったところで、利用にあたって解消しておきたい疑問・よくある質問を解説していきましょう♪

    Q1:ベビーカー置き場はありますか?

    あります。
    ただし、鍵付きの置き場は数に限りがあります。
    たくさんの利用者がいるため、ベビーカーは折りたたんでおきましょう。

    Q2:コインロッカーはありますか?

    有料のコインロッカー(210円)があります。

    Q3:離乳食の販売はありますか?

    ベビー専用エリア向かいの休憩エリアに、飲料・離乳食などの自動販売機があります。

    Q4:ベビールームの設備はありますか?

    オムツ交換台、授乳室、給湯設備があります。

    Q5:飲食物の持ち込みはできますか?

    外部からの飲食物の持ち込みは禁止されています。
    館内の自販機で購入した飲料・離乳食の飲食は可能です。

    Q6:大人が過ごせる場所はありますか?

    アソボーノは、子供と大人が一緒に遊べる施設になっています。
    休憩スペースやベンチ、ソファの設置はありますが、大人専用のラウンジ等の用意はありません。

    Q7:最終入館受付は何時ですか?

    アソボーノの利用料金は60分からとなっています。
    そのため、最終入館受付は、閉館時間の70分前までとなります。

    まとめ

    いかがでしたか?
    東京都水道橋・東京ドームシティにある、都内最大級の屋内型キッズ施設『ASOBono!(アソボーノ)』をご紹介しました!

    0歳から6歳までのお子様でも、安心&楽しく遊べる施設です◎
    お得な割引情報も参考に、ぜひ一度アソボーノへ行かれてみてはいかがでしょうか?

    ▼東京ドームシティの「スパラクーア」はこちら
    【2021】東京ドームシティの「スパ ラクーア」!営業時間&チケット料金・スパゾーン・岩盤浴まとめ!

    ▼「東京ドームシティアトラクションズ」はこちら
    【2021】東京ドームシティアトラクションズ徹底解説!基本情報&おすすめアトラクションまとめ!

    【2021】アソボーノ料金・割引・混雑・アクセス徹底解説!子連れ向けよくある質問も! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    しーちゃん

    しーちゃん

    生まれも育ちも千葉県!ディズニー大好きなしーちゃんです。パークはもちろん、キャラクター、映画がだいすき❤︎可愛い&楽しいは正義❤︎

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2023年予定】としまえん跡地にハリーポッターのテーマパークがオープン!世界で2番目のスタジオツアー!

      【2023年予定】としまえん跡地にハリーポッターのテーマパークがオープン!世界で2番目のスタジオツアー!

      キャステル編集部

    2. 【2021】ピューロランドのカチューシャ30選!ポムポムプリン、シナモロールなど人気デザイン大集合

      【2021】ピューロランドのカチューシャ30選!ポムポムプリン、シナモロールなど人気デザイン大集合

      みつまめ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集