検索

    【2018夏】マザー牧場のイベント情報!花火、キャラクターショー、水浴びイベントなど

    • ナカジ

      ナカジ

    千葉県富津市にある花と動物たちのエンターテインメントファーム、「マザー牧場」。マザー牧場では2018年の夏、イベントがもりだくさん!暑い夏にうれしい水浴びイベントや子供がよろこぶキャラクターショー、花火などの各種イベントを紹介します。夜までの特別営業「サマーナイトファーム」も解説!

    【2018夏】マザー牧場のイベント情報!花火、キャラクターショー、水浴びイベントなど

    こんにちは、「夏といえばフェス!」なナカジです。

    フェスと言っても、音楽フェスやビールフェスなどいろんなものがありますね。
    マザー牧場でも2018年の夏は、シーズンイベント「夏フェス!!」を開催中!
    園内に水浴びスポットが登場したり、季節の果物狩りができたり夏ならではの体験がもりだくさんです。

    さらに夜までの特別営業「サマーナイトファーム」では、花火や天体観測会も開催されます。
    今回はそんなマザー牧場で夏休みシーズンに開催される各種イベント情報を、ぎゅっとまとめてお届けします!

    マザー牧場とは

    マザー牧場では牧羊犬たちの活躍にも注目です引用元:公式サイト
    マザー牧場では牧羊犬たちの活躍にも注目です

    マザー牧場は「花と動物たちのエンターテインメントファーム」のキャッチコピーで親しまれている、千葉県富津市にある観光牧場です。

    250ヘクタールという広大な園内では様々な動物を飼育しているだけでなく、動物たちのショーやふれあい体験もたくさん。
    四季に合わせた花や農作物も栽培しており、いちご狩りやサツマイモ掘りなどの収穫体験もできます。

    さらにアドベンチャー施設や子供向けの遊園地、手作り体験施設を完備しており、手や身体を動かすアクティビティも充実。
    お腹が空いたらジンギスカンや園内で製造しているソーセージで腹ごしらえ。
    夏にはキャンプやコテージでの宿泊もできて、自然を満喫できるレジャー施設です。

    マザー牧場のイベント:年間を通して開催されているイベント

    マザー牧場では動物とのふれあいイベントを毎日開催引用元:公式サイト
    マザー牧場では動物とのふれあいイベントを毎日開催

    マザー牧場では年間を通して動物とのふれあいや、牧場の動物たちを紹介するイベントを開催しています。
    マザー牧場に行くならこれらは見逃せません!

    マザーファームツアー

    トラクターが引っ張るトラムに乗って、このツアー参加者しか入れないエリアを見学する大人気のツアーです。
    知識豊富なガイドさんの話を聞きながら、たくさんの動物たちが暮らす様子を見て回ります。
    途中でトラムを降りてエサやり体験をしたり、牧羊犬が羊を追う仕事を見学したり、見どころ満載のツアーです。

    乳牛の手しぼり体験

    ホルスタイン種の牛の 乳しぼりを体験できるイベントです。
    スタッフさんが教えてくれるので、初心者でも大丈夫。
    小さな子でも参加できます。

    場所:うしの牧場

    こぶたのレース

    子供と生後3か月未満のこぶたが一緒に走るレースです。
    参加選手は抽選で決まるので、我こそはというお子さんはエントリーしてみましょう。
    1つ500円の投票マスコットを購入して、見事結果を当てれば母ブタのぬいぐるみがもらえます!

    場所:こぶたスタジアム

    シープショー

    19種の羊たちが一堂に会するイベントです。
    牧羊犬による羊追いパフォーマンスや、モコモコの羊があっという間に刈り込まれるパフォーマンスは必見です。

    場所:アグロドーム

    ひつじの大行進

    牧羊犬が約150頭の羊を誘導し、移動させるイベントです。
    牧羊犬の仕事ぶりと、たくさんの羊が一斉に移動する迫力を見ることができます。
    羊たちの移動が完了した後は、柵の中に入ってふれあいタイムを楽しめますよ。

    場所:ひつじの牧場

    マザー牧場のイベント:2018年夏「夏フェス2018」

    ずぶ濡れ体験や花火など、各種イベントがもりだくさんの「夏フェス」引用元:公式サイト
    ずぶ濡れ体験や花火など、各種イベントがもりだくさんの「夏フェス」

    マザー場では2018年夏に、「夏フェス」と銘打ってさまざまなイベントを開催します。
    家族、友人、パートナーとの夏の思い出作りにピッタリです!
    夏フェス2018年の概要は次の通りです。

    ここでは「夏フェス」で楽しめる各種催し物を紹介していきます。

    びしょぬれエリア

    「水のトンネル」や「ウォーターキャノン」など、園内の数か所に水浴びスポットを設置。
    暑さを吹き飛ばす仕掛けには、頭からビショビショになっちゃいます。
    お出かけの際にはタオルや着替えの準備を忘れずに!

    カブトムシ館

    かっこいい虫=カブトムシ!
    いろいろな種類のカブトムシを見たり、触れたり、記念撮影ができる施設「カブトムシ館」が期間限定オープンします。
    希少種の展示や、マザー牧場の敷地内で出会える虫たちの写真やパネル展示も行なっていますよ♪

    ◆ふれあいジャングル
    巨大虫カゴの中に入って、約100匹のカブトムシを自由に触れたり、観察をしたりできます。
    300円の料金で、ふれあいジャングルとカブトムシ釣りの両方を楽しめます。

    ◆カブトムシ釣り
    専用の道具を使って、カブトムシを釣ることができるイベントです。
    釣ったカブトムシの持ち帰りはできません。

    ◆ヘラクレスオオカブトと記念撮影
    世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブトと記念撮影ができるイベントです。
    勇気があれば手に乗せてもOK!

    開催時間:①11:00 ②14:00 ③16:00(各回約30分)
    料金:500円

    ブルーベリー摘み

    マザー牧場のフルーツ農園では、3種類のブルーベリーが合計3000株植えられています。
    栄養たっぷりのブルーベリーを、自分の手で摘んでみましょう。
    摘んだ果実は持ち帰ってもよし、別料金を払えばジャム作り体験もできますよ。

    自由研究向け工作体験

    マザー牧場には3つの体験工房があり、様々な手作り体験することができます。
    中でも「山の上体験工房」では、夏フェス期間中限定の体験を実施中。
    夏休みの自由研究や工作としても役立てちゃいましょう。

    ◆手作りストラップ

    ハワイで幸運を呼ぶといわれているククイの身とオーガンジーの布を使って、夏らしいハワイアン人形のストラップを手作りします。

    料金:1200円
    所要時間:45分

    ◆ダイダイ染め

    ハンカチやTシャツを染める体験イベントです。
    使う布や絞り方によって、世界で一つだけの作品ができあがります。

    料金:900円~(商品により価格が変わります)
    所要時間:30分

    ◆手作り望遠鏡

    天体望遠鏡の紙筒部分に自分で絵をかいたり、シールを貼ったりしてオリジナルの作品が作れます。
    自分で作った望遠鏡で、夏の夜空を眺めてみるのもいいですね。

    料金:1000円
    所要時間:15分

    マザー牧場のイベント:2018年夏「キャラクターショー」

    普段はシープショーを開催している「アグロドーム」にヒーローたちが登場!引用元:公式サイト
    普段はシープショーを開催している「アグロドーム」にヒーローたちが登場!

    マザー牧場ではこの夏、5本のキャラクターショーが上演されます。
    大人気のヒーロー/ヒロインの登場は、子供が喜ぶことまちがいなし!
    日によって上演内容が変わりますので、見たいショーの日にお出かけしましょう。

    仮面ライダービルドショー

    8月11日(土)のみの上演です。

    宇宙戦隊キュウレンジャーショー

    8月12日(日)のみの上演です。

    HUGっと!プリキュアショー

    8月14日(火)、19日(日)の2日上演されます。

    仮面ライダービルド&エグゼイドショー

    8月25日(土)のみの上演です。

    それいけ!アンパンマンショー

    13日(月)、15日(水)、18日(土)、26日(日)の4日上演されます。

    マザー牧場のイベント:2018年夏「サマーナイトファーム」

    夜までたっぷり楽しめる「サマーナイトファーム」引用元:公式サイト
    夜までたっぷり楽しめる「サマーナイトファーム」

    マザー牧場では2018年の夏季シーズン中、「サマーナイトファーム」を開催します。
    サマーナイトファーム開催日は夜9時まで営業時間が延長され、様々なイベントが開催されます。

    では、サマーナイトファームで楽しめるイベントを紹介していきます。

    動物との触れ合い/アトラクションの営業を延長

    サマーナイトファーム開催日は、動物とのふれあいイベントが追加されたり、アトラクションの営業時間が延長されたりします。
    普段とは違う雰囲気の中で、特別な体験を楽しんでみては?
    追加・延長されるイベントやアトラクションは次の通りです。

    ひつじの大行進 夕涼みVer 

    通常7月・8月は開催されていないひつじの大行進が、夕方の涼しくなってきた時間に特別に開催されます。
    150頭の羊が移動する迫力のシーンを、普段よりもさらに近い場所から観ることができます。

    開催時間:17:00~

    うさモルタッチ

    うさぎやモルモットとの触れあいイベントも、夜に1回追加。
    うさぎやモルモットを膝に乗せて、なでてあげる体験ができます。

    開催時間:18:00~19:00

    こぶたのレース

    子供が赤ちゃん子豚を追いかける人気レースを、夕方に1レース追加開催。
    選手に選ばれる抽選は競争率が高いので、このチャンスを逃さないで!

    開催時間:16:30~(約15分間)

    ナイト遊園地

    遊園地エリア「わくわくランド」のアトラクションがライトアップ!
    さらに16時以降は、1人1500円で乗り放題になります。

    ファームバンジー/ファームジップ 延長営業

    スリルと景色が楽しめる、2つのアクティビティも営業時間を延長。
    最終受付17:45まで、最終営業18:00まで運営しています。
    夕暮れ時の中、絶叫してみるのもいいかも!

    花火

    「サマーナイトファーム」のクライマックスを花火が彩ります。
    マザー牧場の花火は打ち上げ場所と鑑賞エリアが近く、大迫力と評判!
    花火は園内6つの鑑賞エリアから見ることができます。

    【打ち上げ時刻】19:50~(約15分間)

    臨時運行バス

    サマーナイトファーム開催日に限り、マザー牧場からJR君津駅へ向かう臨時バスが運行されます。
    詳細は以下の通りです。

    バスは予約制なので、お出かけ前に必ず予約してくださいね。
    臨時運行バスの詳細・予約はこちらから確認できます。
    【公式】マザー牧場 アクセス

    マザー牧場のイベント:季節ごとに楽しめる植物

    夏の間、花畑を埋め尽くすのはペチュニアの新種「桃色吐息」引用元:公式サイト
    夏の間、花畑を埋め尽くすのはペチュニアの新種「桃色吐息」

    マザー牧場では、広大な敷地に季節ごとの植物をたくさん植えています。
    広大な花畑で、きれいな花が一斉に開花する景色はまさに圧巻!
    インスタ映えもバッチリの写真が撮れちゃいます!

    マザー牧場で楽しめる春の花

    春といえば桜のイメージが強いですが、マザー牧場で楽しめるのはそれだけではありません。
    花畑で春を告げる花が一斉に咲く様子は、ぜひとも写真に収めたい絶景です!

    ◆菜の花
    マザー牧場の春の風物詩ともいえる菜の花の開花。
    東西の花の大斜面を、350万株の葉の花が埋めつくす景色は圧巻です!

    見ごろ:3月上旬~4月中旬
    場所:花の大斜面(東・西)

    マザー牧場で楽しめる夏の花

    初夏から晩夏まで長く楽しめる桃色吐息と、梅雨の代名詞であるアジサイが楽しめます。
    夏の青い空と美しい花のコントラストは、インスタ映えもバッチリです!

    ◆桃色吐息
    桃色吐息はペチュニアの一種で、千葉県で品種改良から生み出された新しい種類です。
    2万5千株の桃色吐息が一斉に開花すると、そこはまるでピンク色のじゅうたんです!

    見ごろ:5月中旬~9月中旬
    場所:花の谷

    ◆アジサイ
    梅雨の時期をいろどる大定番の花、アジサイ。
    マザー牧場では7種類以上の品種、約2000株を栽培しています。

    見ごろ:6月中旬~7月中旬
    場所:あじさい園、花の大斜面西~フルーツ農園までの遊歩道沿い

    マザー牧場で楽しめる秋の花

    夏が過ぎても、花たちの季節は終わりません。
    涼しくなってきた風を感じながら、秋のお花見はいかが?

    ◆サルビア
    サルビアには青などいくつかの色がありますが、マザー牧場では真っ赤なサルビアを栽培。
    暑さがやわらぐ季節に、花の大斜面を赤く染め上げます。

    見ごろ:9月上旬~10月中旬
    場所:花の大斜面(東)

    ◆コスモス
    コスモスは漢字で書けば「秋桜」。
    その名にふさわしく、秋になると濃淡さまざまなピンクの花が開きます。

    見ごろ:10月
    場所:花の大斜面(西)

    マザー牧場で楽しめる冬の花

    多くの植物が眠りにつく季節ですが、マザー牧場では冬ならではの花も栽培。
    寒さの中でも、ほっとするような花の姿を見に行ってみては?

    ◆水仙
    園内の様々な場所で約10万株の日本水仙を栽培しています。
    特にオススメなのは、ロウバイ園周辺の群生地。
    冬に行くなら、寒さの中に凛と咲く水仙を楽しんで。

    見ごろ:12月下旬~2月中旬
    場所:ロウバイ園周辺(ふれあい牧場の横からロウバイ園の間の斜面)

    ◆ロウバイ
    梅よりも桜よりも早く、初春の訪れを告げる花木です。
    黄色い可憐な花が枝先で開くと、かすかな甘い香りが漂います。
    見ごろの季節に行ったら、花だけでなく香りも楽しんでみましょう。

    見ごろ:1月下旬~2月下旬
    場所:ロウバイ園

    ◆梅
    ロウバイ園周辺には、約90本の梅の木が植えられています。
    晴れた日にはロウバイの黄色と梅の白、そして青い空との調和が見事ですよ。

    見ごろ:2月中旬~3月中旬
    場所:ロウバイ園

    まとめ

    いかがでしたか?
    動物とのふれあいや季節の花、さまざまなイベントが開催されるマザー牧場。
    特に夏は夜まで開園時間が延長され、この季節しか楽しめないイベントがたくさん催されます。
    平成最後の夏の思い出作りに、マザー牧場へ行ってみてはいかがでしょうか。

    【2018夏】マザー牧場のイベント情報!花火、キャラクターショー、水浴びイベントなど キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ナカジ

    ナカジ

    テーマパーク、音楽、映画、ゲーム、マンガなどなど、エンターテインメント全般なんでも書きます!ナカジこと中嶋友理です。特にスターウォーズとマーベルが大好き!アメリカのカリフォルニアとフロリダの両パークも行きました。マニア視点から子連れ視点まで、幅広い視野で楽しい記事をお届けします☆

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      みかなつ

    2. 【2019】東京タワーのおすすめお土産42選!お菓子&飲み物・食器・インテリア・おもちゃ・雑貨など

      【2019】東京タワーのおすすめお土産42選!お菓子&飲み物・食器・インテリア・おもちゃ・雑貨など

      Ikuma

    3. 【体験談】チームラボプラネッツ豊洲!チケット・お台場との違い・混雑予想・服装の注意点まとめなど完全攻略

      【体験談】チームラボプラネッツ豊洲!チケット・お台場との違い・混雑予想・服装の注意点まとめなど完全攻略

      みかなつ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集