安く買うにはどうする?ディズニーシーのチケットの値段や割引を調査!

    • けんわたなーべ

      けんわたなーべ

    冒険とイマジネーションの海、東京ディズニーシー!アトラクションも豊富で、ディズニーランドとどっちに行こうか迷ってしまいますよね。今回はディズニーシーのチケットについて徹底解説します!事前購入や当日購入、割引はあるのかといった点もまとめてみました!

    安く買うにはどうする?ディズニーシーのチケットの値段や割引を調査!

    みなさんこんにちは、ディズニーをこよなく愛すけんわたなーべです!

    今回は、冒険とイマジネーションの海東京ディズニーシーのチケットについて解説していきます!

    ディズニーランドとシーでチケットに違いがあるのか?
    おすすめの購入方法は?
    少しでも安く買う方法はあるの?

    という疑問を解決していきます!

    【追記】現在、ディズニーチケットはオンラインでの事前購入制となっています。
    チケットに関する最新情報は下記の記事を確認してください。
    ディズニーチケットの種類と値段
    ディズニーチケットの販売状況
    ディズニーチケットの予約攻略法

    ディズニーチケットの種類と値段

    現在(入園制限中)

    現在、東京ディズニーシーでは、入園時間の異なる2種類のチケットが販売されています。

    名称 大人 中人 小人
    ①1デーパスポート 8,200円 6,900円 4,900円
    ②入園時間指定パスポート
    (午前10時30分)
    7,700円 6,500円 4,600円

    通常時

    券種 チケットの種類 値段
    1デーパスポート 大人(18歳以上) 8,200円
    中人(12~17歳) 6,900円
    小人(4~11歳) 4,900円
    シニア(65歳以上) 7,600円
    障害者向け 6,600円
    券種 チケットの種類 値段
    スターライトパスポート 大人(18歳以上) 6,000円
    中人(12~17歳) 5,100円
    小人(4~11歳) 3,600円
    券種 チケットの種類 値段
    アフター6パスポート 大人(18歳以上) 4,700円
    中人(12~17歳) 4,700円
    小人(4~11歳) 4,700円
    券種 チケットの種類 値段
    2デーパスポート 大人(18歳以上) 14,800円
    中人(12~17歳) 12,600円
    小人(4~11歳) 8,800円
    3デーマジックパスポート 大人(18歳以上) 19,800円
    中人(12~17歳) 16,800円
    小人(4~11歳) 11,800円
    4デーマジックパスポート 大人(18歳以上) 24,800円
    中人(12~17歳) 21,000円
    小人(4~11歳) 14,800円

    こちらがディズニーシーのチケット一覧です。
    ワンデーパスポートがディズニーシーを1日中楽しめるパスポート、スターライトパスポートは土日祝日の午後3時から入場可能なパスポート、アフター6パスポートは平日の午後6時から入場できるパスポートです。

    2デーパスポートはディズニーリゾートのどちらか好きな方のパークを2日間楽しめるチケット。
    そして3デーマジックパスポートは3日目からディズニーランドとシーの両方を行き来できるチケットです。

    ディズニーシーとディズニーランドではチケットの値段にも内容にも差はなく、全て同一の値段で販売されています。

    チケットはどこで買える?チケットタイプによって変わってくる

    チケットタイプと購入可能場所。タイプによって大きく変わってきます。
    チケットタイプと購入可能場所。タイプによって大きく変わってきます。

    現在(入園制限中)

    現在、ディズニーチケットはすべてオンラインでの事前購入制です。
    現地のチケットブースやコンビニ、ディズニーストアでの販売は休止しています。

    通常時

    ディズニーシーのチケットの購入できる場所はチケットタイプによっても大きく変わります。
    まず、ディズニーシーのチケットには当日券、日付指定券、オープン券の3種類があります。
    この3種類の大きな違いは入園保証がついているかついていないかです。
    ディズニーシーでは来園者があまりにも多くなってしまった場合入園制限を設けています。入場制限がかかってしまった場合、入園保証のついていないチケットでは制限が解除されるまで入園ができません。

    上記の中で入園保証がついているものは日付指定券のみです。当日券に関しては入場制限がかかった場合購入することもできなくなってしまうのでゴールデンウィークやお盆などにディズニーシーに行く場合は注意が必要です!

    購入方法によって値段は変わるのか?

    ディズニーシーのSSコロンビア号。乗船もできます!
    ディズニーシーのSSコロンビア号。乗船もできます!

    ディズニーシーのチケットはさまざまな購入方法がありますが購入方法によって値段は変わるといったことはあるのか気になりますよね。
    結論をお伝えすると購入方法によって高くなる場合も安くなる場合もあります。

    基本的にはディズニーストアで購入したり現地で購入したりしても値段は変わりませんが、インターネットを利用して購入したり旅行会社などを経由して購入すると値段が変わる場合があります。

    値段は高くなってしまう場合、安くなってしまう場合の2つがあげられます。値段が高くなってしまう場合はインターネットの購入時に配送を希望した場合。
    インターネット上でチケットを購入した時は、スマートフォンでのQRチケット発行か、プリンタにて印刷、自宅に通常のチケットを配送かを選ぶことができるのですが、配送を選んだ場合チケットの値段とは別に配送料がかかってしまうのです。

    配送料は、全国一律902円。
    値上がりの続いたチケットにさらに値段がプラスされてしまうと高く感じますね・・・。

    反対にチケットが安くなる場合もあります。
    それは旅行代理店のプランを利用すること。旅行代理店ではチケット+交通費で販売していることが多いです。
    時期によっては、交通(バスや新幹線)とチケットを別々に購入するよりも安い値段でツアー代を販売していることもあります。
    そう考えると実質パスポート代を抑えて購入することができますね。

    ディズニーシーのチケットを安く買う方法

    ディズニーシーを満喫するために少しでもチケットの値段をおさえたい・・・!誰もが考えますよね。
    ディズニーシーを満喫するために少しでもチケットの値段をおさえたい・・・!誰もが考えますよね。

    丸1日楽しめて魅力的なディズニーシーのチケットですが、現在では8,200円になり、高いと感じる方も多いかもしれません。

    少しでも安く買う方法はないのでしょうか?

    方法としては活用しやすいものでは5つあります。

    1.GoToトラベルキャンペーンを利用する

    ディズニーオフィシャルホテルでは、チケット付きの宿泊プランが販売されています。
    GoToトラベルキャンペーンで予約すれば、チケット代も最大半額の割引対象になります。

    【ディズニーチケット付きホテル】GoToでオフィシャルホテルを予約!チケット分も割引!

    2.ファンダフルディズニーの会員限定パスポートを使う(販売休止中)

    ディズニーシーにはファンダフルディズニーという公式ファンクラブがあります。
    ファンダフルディズニーに入会すると、1デーパスポートを割引価格で購入することができます。

    通常大人8,200円のパスポートを7,600円で購入できるので割引額としては大きいです。
    また年度の期間中に4回、1度の購入で5枚まで割引してもらえるので家族で購入する時もお得です。
    ただしファンダフルディズニーには年会費が3,300円かかります。

    ※対象期間:2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)

    3.年齢割引パスポートを利用する

    ディズニーシーでは年齢に応じたチケットの割引を行なっています。
    毎年1月上旬から3月下旬まではキャンパスデーパスポートが販売されます。

    こちらは600円の割引を受けることができるので、とてもお得なチケットとなっています!

    【ディズニー春キャン2020】キャンパスデーパスポートの値段&販売場所!期間はいつまで?限定版タワテラも

    また、65歳以上限定のシニアパスポートは通年で600円割引の7,600円で販売されています。
    ※入園制限中につき、シニアパスポートの販売は休止しています

    4.地域限定パスポートを購入する

    ディズニーシーのチケットは、年に数回地域限定の割引パスポートが販売されます。

    例えば、首都圏限定パスポートといって、首都圏に在住の方であれば通常のワンデーパスポートが1,000円引きの大人6,400円で購入できました。
    ※2019年実施時

    他にも東海地区限定のパスポートの販売もあったりするのでその地域に住んでいる方は安くディズニーシーに遊びに行けます!
    ただし、こちらのパスポートは期間限定な上に平日しか使うことができないので注意が必要です。

    5. JCBクレジットカードのポイントを利用する

    ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであるJCBクレジットカードではポイントを利用してパスポートと引き換えることができます。
    普段から積極的にクレジットカードでの支払いを続けていれば気づいた時にはパスポートを引き換えられるくらいポイントが溜まっているかもしれません。
    JCBカードを利用している方はぜひポイントの残高をチェックしてみてください!

    入園時間による割引は安い?

    夏の間はアフター6がアフター5に!少しお得です!
    夏の間はアフター6がアフター5に!少しお得です!

    ディズニーシーのチケットの値段を安くする方法に時間滞在できます。
    スターライトパスポートやアフター6パスポートなど、入場時間が限定されたパスポートを購入する方法もあります。
    ただ、こちらはパスポートの値段自体は安くはなりますがパーク内で遊べる時間で換算すると割高になります。

    1デーパスポートの場合開園から閉園まで滞在すると仮定すると、一番長い日で8:00〜22:00の14時間滞在できます。
    スターライトパスポートの場合は15:00〜22:00で7時間、アフター6パスポートの場合は18:00〜22:00で4時間です。

    チケットの値段を時間数で割ると、

    ・1デーパスポート→8,200円÷14=約586円
    ・スターライトパスポート→6,000円÷7=約857円
    ・アフター6パスポート→4,700円÷4=1,175円

    となります。

    こう考えると時間で割ると割高に感じてしまいますね・・・。

    少しだけパークに滞在できればいいという方は時間割引パスポートでもいいかもしれませんが、せっかくパークに行くのであれば1デーパスポートで満喫してほしいところ。

    こういった点も踏まえてチケットを購入するようにしてくださいね!

    まとめ

    ディズニーシーのチケットの値段や割引、購入方法についてご紹介してきました。
    いかがでしたでしょうか?

    ただ、探してみれば意外と大きな割引を受けて行くことができる方法もあるのでぜひ今回の割引情報を参考にしてみて、お得なチケットを入手してくださいね!

    安く買うにはどうする?ディズニーシーのチケットの値段や割引を調査! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    けんわたなーべ

    けんわたなーべ

    こんにちは!
    ディズニーをこよなく愛するけんわたなーべです!
    3歳の頃から20年以上ディズニーに通っているフリーライターです!
    ショー、アトラクション、フード、グリーティングも全てまんべんなく楽しみたいタイプです笑
    ディズニー以外にもいろいろなテーマパークを巡っています!
    みなさんが思わずパークに足を運びたくなるような発信をしていきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【最新】ディズニーが入場制限中!まん延防止期間中は原則5,000人へ!制限はいつまで?

      【最新】ディズニーが入場制限中!まん延防止期間中は原則5,000人へ!制限はいつまで?

      めぐみ

    3. 【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      しーちゃん

    4. 【5/16更新】ディズニーチケット購入攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      【5/16更新】ディズニーチケット購入攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    5. 【5/18更新】ディズニーチケットを再販で購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      【5/18更新】ディズニーチケットを再販で購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集