【冬ディズニー】貼るカイロと貼らないカイロどっちがおすすめ?メリット・デメリット・迷った時の判断基準を徹底解説

    • るんにゃん

      るんにゃん

    冬のディズニーの防寒対策として活躍するカイロ。皆さんは「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」どっちを使うことが多いですか?中には「どっちを使うのがベストか分からない」という方もいるかもしれませんね。今回は迷った時の判断基準や、それぞれのメリット・デメリットも徹底解説でご紹介します◎

    こんにちは!
    アンダー・ザ・シーに住むのが夢、るんにゃんです。

    今回は、冬ディズニーの防寒対策として「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」を選ぶ時の基準や、それぞれのメリット・デメリットを徹底解説◎
    道産子の筆者が、カイロを使ったオススメの防寒対策などもご紹介します!

    「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」の違い

    貼るカイロと貼らないカイロの違い
    貼るカイロと貼らないカイロの違い

    カイロは大きく分けて「衣服などに貼るタイプ」と「貼らずに手などに持つタイプ」の2種類がありますよね。
    同じカイロではありますが、違いはあるのでしょうか?

    違い①:持続時間

    一般的に「貼らないカイロ」の方が持続時間が長いことが多いです。
    「貼るカイロ」は、衣服に貼ったりするためにカイロを薄くするため、「貼らないカイロ」と比べると内容量が少ないことがあるそうです。

    違い②:重さ

    「貼らないカイロ」の方が重たいです。
    前述の通り、「貼るカイロ」よりも「貼らないカイロ」の方が内容量が多いからだそうですよ。

    違い③:温度

    「貼るカイロ」は、「貼らないカイロ」よりも肌に近いところで使うため、最高温度が少し低いです。
    ただし、「貼るカイロ」は持続時間が短めなので平均温度は高いそうですよ◎

    「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」のメリット・デメリット

    貼るカイロと貼らないカイロのメリット・デメリット
    貼るカイロと貼らないカイロのメリット・デメリット

    続いて、貼るカイロと貼らないカイロのメリット・デメリットを解説していきます◎

    ◆「貼るカイロ」のメリット・デメリット

    貼るカイロのメリットは、衣服に直接貼ることができるので、体全体を温めることができることです。
    特に、首の後ろや背中、お腹など、太い血管が通る場所を温めると、効率よく全身を温めることができますよ◎

    デメリットは、途中で熱くなってきた時に、剝がすのが手間になってしまう点です。
    また、貼るカイロは使い方を間違えると低温ヤケドなどの危険性もあるため、取り扱いには十分注意しましょう!

    ◆「貼らないカイロ」のメリット・デメリット

    貼らないカイロのメリットは、必要なタイミングで、必要な部位を温めることができる点です。
    貼るカイロよりも持続時間が長い商品が多いので、開園待ちから帰宅まで温かさが持続する可能性も高いですね◎

    デメリットは、手に収まるサイズのものが多いので、ピンポイントでしか温めることができない点です。
    貼るカイロに比べると、全身を効率よく温めるという使い方には向いていません。

    ディズニーでは「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」のどっちを使うのがおすすめ?

    貼るカイロと貼らないカイロどっちを使えばいい?
    貼るカイロと貼らないカイロどっちを使えばいい?

    最後に、ディズニーで、「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」をどっちを使うのか、筆者がいつも指標にしている判断基準をご紹介します。

    ◆1日の寒暖差をチェック!日中に気温がグッと上昇する日は「貼らないカイロ」

    まず最初にチェックしてほしいポイントが、ディズニーに行く日の1日の寒暖差です。
    テレビの天気予報ではあまり見ることはありませんが、スマホの天気予報アプリなどでは、1~3時間ごとの気温変化を予想しているものもありますよ!

    もしディズニーに行く日の気温差が激しく、特に日中に気温がグッと上昇する予報になっている日は、「貼らないカイロ」がオススメです◎

    パーク内では歩き回ることも多いので、体温が上がりやすいと思います。
    そのため、日中の気温が高いと、気温も相まって貼るカイロが「暑い!」と感じることがありますよ。
    貼るカイロには粘着面があるので、1度剥がしてしまうと管理も大変です。

    ◆雨や雪など悪天候の日は「貼るカイロ」

    雨や雪などの悪天候の日や、日中にあまり太陽が出ない日は、「貼るカイロ」がオススメです。
    朝晩と日中の気温差が大きくない日、日中でも気温が低い日は、貼るカイロを使っても暑いと感じる可能性は低いですよ。

    特に雨や雪が降っている日は、髪や衣服が濡れることで体温が徐々に奪われていきます。
    そのため、インナーに貼るカイロを貼っておくことで体温の低下を防ぐことができますよ!

    寒さが苦手な方、平均気温よりも大幅に低い日には、「貼るカイロ」と「貼らないカイロ」の併用もオススメです◎

    ◆開園待ちや地蔵をするなら「貼るカイロ」

    来園日はパークをどのように回る予定でしょうか?
    パークの回り方もカイロを選ぶ判断基準になりますよ!

    朝から開園待ちをしたり、長時間のパレード待ち(地蔵)をする場合は、「貼るカイロ」がオススメです。
    たくさんのアトラクション・施設を巡り、パーク内を歩き回る予定の方は「貼らないカイロ」の方がオススメですよ。

    パーク内を歩き回ると体温が上がりやすいので、貼るカイロを使っていると「暑い!」と感じることがあるかも…。
    朝と夜や、アトラクションなどの待ち時間は指先が冷えて辛いこともあると思うので、ポケットなどに貼らないカイロを忍ばせておくと安心ですよ。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    今回は、貼るカイロと貼らないカイロのどちらを選ぶのか、その判断基準やメリット・デメリットをご紹介しました。

    筆者は体温が上がりやすいので、ヒートテックなどで着込み、貼らないカイロで指先などを温めることが多いです。
    ただし、座って待つ時間が長い場合は、体を動かす時間が短いので、貼るカイロで体の芯から温めた方が安心ですよ◎

    しっかりと防寒対策をして、冬のディズニーを楽しんでくださいね!

    ディズニー冬の持ち物リスト!必需品&バッグ・服装のポイントまとめ!カイロやブランケット、マフラーなど!

    冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

    【冬ディズニー】貼るカイロと貼らないカイロどっちがおすすめ?メリット・デメリット・迷った時の判断基準を徹底解説

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    るんにゃん

    るんにゃん

    ディズニー大好き、るんにゃんです!
    パークだけでなく映画や音楽なども含めたディズニーが大好きです。頻繁に来園することは叶いませんが、夢の国での時間が日々を頑張る力の源♡

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2024年のTDL・TDSの混み具合は?2月・3月・4月&春休みは混む?リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2024年のTDL・TDSの混み具合は?2月・3月・4月&春休みは混む?リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      みーこ

    3. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    4. 【2024冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2024冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    5. 【2024】ディズニーランドが空いている時期を解説!閑散期や梅雨、イベントの谷間は狙い目?

      【2024】ディズニーランドが空いている時期を解説!閑散期や梅雨、イベントの谷間は狙い目?

      monpy

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集