検索

    【ランチ・ディナー別】ディズニーシーで食事!安いレストラン&食費を抑えるコツ

    • ひまわり

      ひまわり

    ディズニーシーで満足を得つつも、安めに食事を済ませるコツについてのご紹介。食費をおさえたいけれどもお腹も満たしたい。そんな方は必見!リーズナブルだけど満足を得ることができるレストランや、食事の仕方のコツをお伝えします。

    【ランチ・ディナー別】ディズニーシーで食事!安いレストラン&食費を抑えるコツ

    こんにちは!ディズニー大好き1児のママのひまわりです。

    ディズニーシーへ行くためにはパスポート代や交通費、グッズ代などたくさんのお金がかかりますよね。
    その中でなるべくおさえたい食費ですが、空腹では楽しめませんよね!

    今回は、ディズニーシーで食事をする際に、食費を抑えるためコツについてご紹介します!

    ちなみに、オリエンタルランドによれば、1人あたりの1日の飲食代が2,256円だそうです。
    そのため、平均額2,256円に合わせて、パーク内でお昼と夜の2回食べると想定した食事のコツをお伝えします!

    ディズニーシーの食事でのおすすめ:テイクアウトで時間短縮

    ディズニーシーのレストランでは、ランチタイムの食事は非常に混みあうため、食べ歩きしたり、テイクアウトして好きな場所で食べる方法を取りましょう。

    日中はショーパレードやアトラクションのファストパスの時間など、意外とスケジュールが詰まって忙しいですよね。

    そんな時は、フードワゴンやテイクアウトを上手に利用して時間を有意義に使いましょう。
    ランチを軽くした分、夜はゆっくり座って食事をするパターンでいきましょう。

    それでは、ディズニーシーのランチにおすすめのレストランを2つご紹介します。

    ①マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー(メディテレーニアンハーバー)

    クリームパン(左270円)アップルカスタードデニッシュ(右330円)

    マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリーは、パンやスウィーツを販売しているお店。
    クリームパンなどの甘い系からしっかり食べ応えのあるお総菜パンまでそろっています。

    1個200~300円の価格帯なので、3個も食べれば男性でも結構満足するのではないでしょうか?

    ミッキーシェイプのパンもあるので見た目もかわいいですよ。
    テイクアウトして好きな場所で食べるもよし、テラス席があるのでゆっくり座って食べることもできます。

    マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー

    ②デランシー・ケータリング(アメリカンウォーターフロント)

    ホットドッグ(390円)

    デランシー・ケータリングは、黄色い車が印象的なホットドッグのフードワゴン。
    パンからはみ出るほどボリューム満点なソーセージを挟んだホットドッグ(390円)を販売していますよ。

    豪快に食べ歩きしながら次の目的地に行くのも良いですね。
    お腹を満たしながら移動できるので時間短縮できますよ!

    ディズニーシーの食事でのおすすめ:夜はレストランでゆっくりと

    お昼はテイクアウトメニューで食事した分、夜はディズニーシーのレストランでしっかりと食事したいところ。
    ランチでパン系を食べているので、夜はご飯とガッツリメニューで1日の疲れを取りましょう!

    ディズニーシーにはたくさんのおすすめレストランがありますが、その中でもコスパが良く食事できるレストランを2つご紹介しましょう。

    ①ユカタン・ベースキャンプ・グリル(ロストリバーデルタ)

    スモークチキンセット(1,240円)

    ユカタン・ベースキャンプ・グリルは、ポークやチキンのスモーク料理レストランです。
    スモークされたメイン料理にメキシカンライスとベジタブル添えがワンプレートになっています。

    単品のワンプレート(830円~1,040円)でも充分な量があると思います。
    セットメニュー(1,240円~1,580円)はミニサラダとソフトドリンクが付いていますよ。

    甘いものが好きな方は単品のワンプレートにスウィーツを付けるのもおすすめですよ。

    ユカタン・ベースキャンプ・グリル

    ②ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ(メディテレーニアンハーバー)

    スパゲッティ・ボロネーゼ(700円)

    ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテは、リーズナブルにイタリアンが食べられるレストランです。
    ピッツア、パスタ、ドリアが1,000円以内とお財布にもやさしいですよ。

    時間帯によっては、一部のお席(2階のテラス席など)からハーバーショーを観ることができます。
    お食事しながらハーバーショーを観てのんびり帰宅するのも良いですね。

    ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ

    ディズニーシーの食事でのおすすめ:筆者のケース

    筆者がよく利用していたディズニーシーでの食事のパターンをご紹介しましょう。
    ランチタイムのケープコッド・クックオフは混雑するため、少し早めにランチをとるのがポイントです。

    【ランチ】ケープコッド・クックオフ(アメリカンウォーターフロント)

    コッドフィッシュバーガーセット(760円)

    ケープコッド・クックオフは、ディズニーシーのレストランで一番座席数が多いレストランです。
    ダイニングエリアでは、お食事をしながら「マイ・フレンド・ダッフィー」のショーを観ることができます。

    ハンバーガーにポテトフライとドリンクが付いたセット(700円~990円)でも1,000円以下とリーズナブルですよ。

    かわいいダッフィーやジェラトーニのショーを観ながらお食事もできるので、コストパフォーマンスが高い!
    「マイ・フレンド・ダッフィー」を観る席は自分で選ぶことはできないので、キャストさんに任せてくださいね。

    時間制限もありますので気を付けてください!

    ケープコッド・クックオフ

    【ディナー】カスバ・フードコート(アラビアンコースト)

    3種類のカリー(1,020円)

    カスバ・フードコートは、アラジンの世界を楽しむことができる、本格的なスパイスのカレーレストランです。
    特に、ディナーで利用すると雰囲気が出てステキなのでオススメですよ。

    カレーはビーフ、チキン、シュリンプの3種類(780円~1,020円)あります。
    なんとカレーには、ライスとナンがどちらも付いているので食べ応えも充分!!

    ビーフとチキンは甘口を選ぶことができるので辛いのが苦手なお子様でも大丈夫です。
    タンドリーチキン(260円)やデザート(300円前後)などサイドメニューもいろいろありますよ。

    カスバ・フードコート

    まとめ

    ケープコッド・クックオフ

    いかがでしたでしょうか?
    ディズニーシーで食事をする際に、食費を抑えるためコツとレストランについてご紹介しました。

    ご自身の行動パターンに合わせて上手にレストランを利用してくださいね!

    【食べ歩きおすすめメニュー】
    大人気!ディズニーシー2017食べ歩きおすすめランキング11!肉やB級グルメを値段付き解説

    【ディズニーランドで安く食事したい方向け】
    昼夜別!ディズニーランドでリーズナブルに食事するコツ

    【ランチ・ディナー別】ディズニーシーで食事!安いレストラン&食費を抑えるコツ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ひまわり

    ひまわり

    親友に影響され、千葉に住んでた時に年パスで通いつめてました。 今は地方在住ですが家族でディズニー行くのを楽しみにしています。ショー、パレードが大好きです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      monpy

    2. 【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      てんてん

    3. 【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    4. ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      みーこ

    5. 【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集