検索

    ディズニー好きなら絶対心掛けたいディズニーでのマナー

    • Koeda

      Koeda

    東京ディズニーリゾートで気をつけたいマナーをご紹介。毎日たくさんの人が訪れるディズニーリゾート。つい楽しい気分になって周りがみえなくなってしまうこともありますが、気づかないうちに誰かを傷つけてしまっているかも?

    ディズニー好きなら絶対心掛けたいディズニーでのマナー

    こんにちは!ディズニー大好きKoedaです。
    ディズニーに行くと、つい楽しくなってしまって周りが見えなくなってしまう!という経験をしたことがある方は少なくはないのではないでしょうか?

    年間パスポートを持ち始めて3年目の私でも、うきうきわくわくしてしまうことがよくあります。
    しかし、毎日たくさんのゲストが訪れるディズニーリゾートでは、軽率な行動が誰かを傷つけてしまったり、怪我をさせてしまったり、自分が怪我をしてしまったりなどの危険がいっぱいです。

    そのため、今回は安全で楽しい1日が過ごせるように、私が特に気をつけるべきだと思うマナーをご紹介します!

    ディズニーリゾート公式のマナー

    平日でもパーク内は大混雑です。
    平日でもパーク内は大混雑です。

    ディズニーリゾートはゲストの安全や快適な1日を守るためにマナーを挙げています。
    そのマナーの中から抜粋してご紹介すると・・・

    ■アトラクション内への飲食物の持ち込み

    アトラクション内では原則、ガムやアメなどを含む、すべての食べ物や飲み物の持ち込みが禁止されています
    しっかりとフタができ、こぼれる心配のないものであればカバンの中に入れて持ち込むことができますが、極力アトラクションに乗り込む前に食べましょう!

    ■アトラクション内での携帯電話の使用

    携帯電話については、一部のアトラクションを除き、アトラクション内での使用はできません
    アトラクションの中の写真を撮りたい!携帯電話を確認したい!という場合は、事前にキャストに確認をすることをオススメします。

    ■パーク内での走行

    最近、開園後などにパレードの場所を取るため、ファストパスを取るために走って行くゲストが多いですが、パーク内を走ることは禁止されています。
    実際に走っている人が歩いている人とぶつかってしまい、大怪我をしたというケースもパーク内で起きています。

    走らなくてもディズニーは逃げて行ったりしません。
    安全のため、走らずゆっくり歩くよう心がけましょう。

    ■撮影補助具の使用

    若い方を中心に、自撮り用のスティックなどが流行しており、パーク内でも使用している人をよく見かけますが、こちらも使用はできません。
    長く伸ばした際に他のゲストの顔などに当たってしまい、トラブルが…なんてことは避けたいですよね。
    パーク内にはたくさんのゲストやキャストがいるので、写真撮ってください!と声をかけてみてください。

    ■パーク内への飲食物の持ち込み

    ディズニーリゾート内には、食中毒などの心配から、飲み物や食べ物は持ち込めません。
    私が学校帰りにパークへ入ろうとした際、持っていたお弁当バッグを見て「中身はカラですか?」と確認されたほどです。

    パーク内には食事ができるスペースはたくさんありますし、チケットブースの外にはピクニックエリアという場所もあるので、ぜひ活用してみてください!

    ショー、パレードを見る際に気をつけたいマナー

    うさたま大脱走。かわいいキャラクターに夢中になりがちですが、つねに気をつけることはたくさん!
    うさたま大脱走。かわいいキャラクターに夢中になりがちですが、つねに気をつけることはたくさん!

    ミッキーやミニーなど、たくさんのキャラクターたちが出演するショーとパレード。
    気持ちよく最後まで楽しむためには心遣いが大切です。


    ・パレード開始1時間前まではレジャージートや荷物を大きく広げないようにしましょう。
    ・撮影機材が頭の高さを超えないようにしましょう。
    ・耳や大きな飾りのついたカチューシャや、大きぼうしは、ショーやパレードが始まる前までに外しましょう。

    パレード開始1時間前のアナウンスが流れるまでは、その場に座っている人の人数分しか場所が確保できず、レジャーシートはお尻で隠れるくらいにしか広げることができません。

    パレード開始1時間前のアナウンスの後は、レジャーシートやお荷物で場所を取ることができますが、必ず代表の方1名以上が残らなければならないので注意が必要です。

    また、後ろに座っている人や立っている人の邪魔にならないようにするため、ミッキーの耳のついたカチューシャや、大きなぼうしなどは、パレード開始までに外すようにしましょう。

    最近目立っている危険な行為

    トゥーンタウンの木箱。音が鳴る仕掛けなのですが…
    トゥーンタウンの木箱。音が鳴る仕掛けなのですが…

    雑誌や有名なサイトなどに取り上げられ他ことからブームに火がついた行為が、実はかなり危険!なんてこともあります。


    ・トゥーンタウンの木箱に座って写真撮影!
    ・シンデレラ城の前に寝そべって写真撮影!

    この2つの写真の撮り方は、高校生をはじめ若い世代で流行している撮り方です。
    しかし、実はとも危険な行為だということをみなさんご存知ですか?

    まずはトゥーンタウンの木箱ですが、この木箱は本来音が出る仕掛けを楽しむ場所です。
    木箱の上に座ったり立ったりすると、この仕掛けが壊れてしまうだけでなく、みなさんが転落して怪我をしてしまう危険もあります

    低いから大丈夫!と思わず、十分安全に配慮して写真を撮るようにしましょう。
    最近では木箱を使ってお引っ越し屋業者の真似をして撮っている方もいて、とてもかわいいのでオススメですよ!

    次にシンデレラ城前で寝そべる行為ですが、女性は特に要注意です。
    なんと、みなさんが写真撮影に夢中になっている間に盗撮を行い、その写真をインターネットで販売している人がいることがわかりました

    楽しく写真を撮っている間に、自分の知らないところで自分の写真が売買されているなんてとても悲しいことです。
    夢と魔法の王国、ティズニーリゾートにも許せない行為をする人は必ずいます。
    十分注意しましょう。

    気をつけるとなお良いマナー!

    うさたま大脱走ミニーマウス。
    うさたま大脱走ミニーマウス。

    ・パレードなどの撮影をする際に体が邪魔にならないように!

    一眼レフを使用している方は、カメラを縦にする際に肘(ひじ)が開いてしまいがち。
    パレードを見ている時は隣の人と距離が非常に近く、ぶつかってしまうことも多々あります。
    極力隣の人にぶつからないように意識しましょう!

    まとめ

    いかがでしたか?
    こんなにたくさん気をつけることがあるの?と思ってしまいますが、ほんの少しのマナーに気をつけるだけで、快適な1日が過ごせること間違いなしです。
    ディズニーに来た日を素敵な思い出にするために、すこし頭の片隅におきながらお思う存分楽しんでくださいね!

    ディズニー好きなら絶対心掛けたいディズニーでのマナー キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Koeda

    Koeda

    大学入学と共にディズニーランドの年パスを買って以来、息をするように舞浜に通い詰めているKoedaです! 映画はもちろん、ショーやパレード、グリーティングも大好きです。 読むだけでディズニーに行きたくてムズムズしてしまうような記事が書けるよう、精一杯頑張ります!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    3. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    4. 【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      みーこ

    5. 【2019】ディズニーランド攻略ガイド!節約術・アトラクションの回り方・食べ物を伝授!

      【2019】ディズニーランド攻略ガイド!節約術・アトラクションの回り方・食べ物を伝授!

      あやな

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集