検索

    何が必要?子連れディズニーのための季節に応じた持ち物リスト

    • ひまわり

      ひまわり

    子連れで東京ディズニーランドに行こうとすると、必然と多くなるのが手荷物。たくさんの荷物を持って回るとなると大変です。動きやすいように少しでも身軽に出かけたいですよね?季節ごとに必要な持ち物リストをママ目線でご紹介します。

    何が必要?子連れディズニーのための季節に応じた持ち物リスト

    こんにちは!ディズニー大好き1児のママのひまわりです。

    思い出作りにお子さんを連れて東京ディズニーランドに出かけるご家族は多いですよね。
    そんなときに気になるのが子ども用の荷物!

    あれも必要、これも必要と準備をしていて気づいたら大量の荷物になることも。

    今回は、子連れディズニーランドの季節ごとに応じた持ち物リストをご紹介したいと思います。
    お子さんが小さいうちは必要なものが増えてくるので、私の経験もふまえてママ目線でまとめてみました。

    通年必要なものリスト

    スマホも入るお財布代わりに使えるポーチ
    スマホも入るお財布代わりに使えるポーチ

    ママやパパは、スマホなど携帯が入る大きさの斜めがけポーチがあれば、お財布代わりにも使えます。
    ホルダーは、フリーパスやリゾートラインなどの乗車券も入れられて便利ですよ。

    ディズニーストアにもかわいいものが売っていますし、最近ではポーチなど雑誌の付録にちょうど良いものがありますね。

    ポップコーンなどは売られていますが、お子さんがお腹を空かせたときのためにお菓子も持って行った方が良いでしょう
    ジッパー付きタイプのビニール袋は、食べかけのお菓子やお子さんの着替えなども入れられるので、とても便利なアイテムです。

    パーク内で購入できるが持参した方が良いもの

    市販のベビーフード
    市販のベビーフード

    赤ちゃん連れに必須の粉ミルク・紙おむつ・おしりふき・ベビーフードはベビーセンターでも購入可能です
    しかし、いつも使っているものの方がママもお子さんも安心だと思います。

    特に、粉ミルクやベビーフードは普段と違うと嫌がるお子さんもいます。
    万が一アレルギーが出てしまっても大変なので、食べ慣れているものを持っていくと安心です。
    パーク内で購入できるベビーフードは、スポンサーである明治のものです。

    ベビーセンターには、ミルクを作るためのお湯や離乳食を温めるレンジがあるので助かります
    完母の赤ちゃんは授乳室が個室なので授乳ケープは使いませんでした。

    紙おむつも肌に合う合わないがあるので、いつものお出かけと同じか少し多めに準備しましょう。
    使用済の紙おむつはパーク内で捨てることができるので、紙おむつを持ち帰る消臭の袋は必要ありませんが、ホテルに泊まる場合は用意しておきましょう。

    夏に必要なもの

    ミッキー仕様の着替えとジップロック
    ミッキー仕様の着替えとジップロック

    夏のパレードやショーは大量の水を使用することが多いので濡れます。
    遠目に観る分ならさほど濡れませんが、鑑賞スペースで観るとかなりの水を浴びるのでびしょ濡れになってしまいます

    荷物が濡れないようにするための大きなビニール袋は必須です。
    スマホなどの電子機器はジッパー付きビニール袋があると便利ですよ。
    お子さんの濡れた服も入れることができます。

    炎天下を1日中歩くことになるので、熱中症対策は万全にしておいてください!
    日中は暑くても夜は涼しくなるのでカーディガンなどの羽織が1枚あると重宝します。
    冷房対策にもなりますよ。

    冬に必要なもの

    防寒対策にもなるティガーの着ぐるみ(お子さん用)
    防寒対策にもなるティガーの着ぐるみ(お子さん用)

    ディズニーランドは海沿いの立地で風が強いため、めちゃくちゃ寒いです
    特に日が落ちてからは凍えそうになるので、暖かい服装をして防寒対策はしっかりしてくださいね。

    パレード待ちをするときは、レジャーシートの下にアルミ保温シートがあるとお尻の寒さが少し和らぎます。
    座っているときにひざにかけるブランケットも必須です。
    防寒グッズやブランケットは荷物になるので、必要ないときはパーク内のロッカーに預けていると楽ですよ。

    ベビーカーは必要?

    ディズニーランドのレンタルベビーカー
    ディズニーランドのレンタルベビーカー

    普段ベビーカーにあまり乗らないお子さんでも、1日中パーク内を歩くのは体力がいるのでかなり疲れます。
    ママやパパがずっと抱っこするというのも相当な負担がかかるので、私の経験からベビーカーはやはりあった方が良いです

    また、荷物を置くことができたり、待ち時間などにお子さんがお昼寝をしたりする場所の確保にも役立ちますよ。

    ディズニーランドでは1日1,000円でベビーカーのレンタルができます。
    しかし、リクライニングができないため腰が据わってない赤ちゃんの利用は難しいです

    持参できそうであれば普段使っているものがお子さんも乗り慣れているので良いと思います。
    私は遠方だったので飛行機を利用して旅行しましたが、持参して本当によかったです。

    アトラクション利用の際はベビーカーを置いていかなければなりません。
    戻ってきたときにベビーカーを取り間違えたりしないように、分かりやすいような目印をつけていると良いですね

    特にレンタルのベビーカーはわかりにくいので注意が必要です。
    夢の国とはいえ悪いことをする人はいるので、貴重品やお土産など盗難の可能性があるものは手荷物で持っていきましょう。

    まとめ

    レジャーシート
    レジャーシート

    子どもと一緒に行くときの、ディズニーの季節に応じた持ち物リストのご紹介でした。
    ぜひ、チェックリストとしてお役立てくださいね!
    準備万端でミッキーなどディズニーキャラクターに会いに、ディズニーランドへ遊びに行きましょう!

    ディズニーランドは子連れファミリーにやさしい施設。
    もし何か忘れても、だいたいの物は購入できるので安心してください。

    何が必要?子連れディズニーのための季節に応じた持ち物リスト キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ひまわり

    ひまわり

    親友に影響され、千葉に住んでた時に年パスで通いつめてました。 今は地方在住ですが家族でディズニー行くのを楽しみにしています。ショー、パレードが大好きです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      二ノ瀬

    3. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    4. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      てんてん

    5. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集