検索

    【USJ攻略法】バックドロップの怖さを解説!ハリウッドドリームザライド待ち時間の短縮法5選も

    • しーちゃん

      しーちゃん

    USJハリウッドドリームザライドの後ろ向き走行、バックドロップを解説します。バックドロップの怖さや浮遊感、乗った感想をご紹介!前向き走行と後ろ向き走行での違い、どちらの方が怖いのかを調査しました!バックドロップの待ち時間や、待ち時間を短くする時間帯&裏ワザは必見です。ハリウッドドリームザライド・バックドロップを攻略して、USJをもっと楽しもう♪

    【USJ攻略法】バックドロップの怖さを解説!ハリウッドドリームザライド待ち時間の短縮法5選も

    みなさん、こんにちは。
    絶叫が苦手なしーちゃんです…!

    ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)では、スリル満点の絶叫アトラクションが大人気!
    なかでも超人気なのが通称ハリドリのバックドロップverです。

    ハリウッドドリームザライドというジェットコースターが後ろ向き走行になったもののこと。
    後ろ向きに落ちる恐怖・浮遊感がたまらないのだとか!?

    そこで今回は、ハリドリのバックドロップを特集★

    ・どれくらい怖い?浮遊感は?
    ・前向き走行との違い
    ・バックドロップに乗る前の注意事項
    ・バックドロップの待ち時間攻略法

    などなど、バックドロップを徹底的に解説&攻略します!

    USJバックドロップとは?ハリウッドドリームザライド後ろ向き走行

    ハリウッド・ドリーム バックドロップのエントランス
    ハリウッド・ドリーム バックドロップのエントランス

    ハリウッドドリームザライドは、音楽を聴きながら体験できるUSJの絶叫アトラクション。
    音楽を聴くジェットコースターは世界初!

    ジェットコースターの疾走感と音楽によって気分は最高♪
    「楽しい!」という感想が絶えない、人気アトラクションです。

    してハリドリの最大の特徴は、通常の前向き走行と、後ろ向き走行のバックドロップverのどちらかを選べるということ!

    2度楽しめるジェットコースターなんです★

    USJバックドロップ:通常ハリドリとバックドロップの違い

    通常のハリドリ(前向き走行)とバックドロップ(後ろ向き走行)には、内容自体に大きな違いはありません。

    どちらも同じライドに乗って、音楽を聴きながら、同じコースを走ります。
    落下ポイントやスピードも同じです。

    違いはただひとつ、後ろ向きに走行するということだけ。
    それなのに、通常の前向き走行とは感じる怖さが段違いにアップ!

    「後ろ向きに走るだけなのに、そんなに違うの?」と不思議に思いますよね。
    バックドロップの怖さ、浮遊感などを後ほど解説していきますよ!

    ◆BGM・選べる音楽は違う?

    ハリウッドドリームザライドでは、約5曲の音楽からお好きなものをひとつ選択し、ジェットコースター乗車中のBGMにすることができます。

    バックドロップでも同じように音楽を聴きながらの走行になります。
    選べる音楽も全く一緒です。

    2018年12月現在のハリドリ(バックドロップ)音楽リストは以下の通り。

    USJバックドロップ:怖さ・浮遊感はどのくらい?感想は?

    夕暮れ時のハリウッド・ドリーム・ザ・ライド入口
    夕暮れ時のハリウッド・ドリーム・ザ・ライド入口

    絶叫アトラクションに乗る前に気になるのが、怖さレベル。
    バックドロップは一体どのくらい怖いのか・浮遊感はあるのか、気になりますよね。

    通常のハリドリに乗るのがぎりぎりな人は、バックドロップに乗れるのか迷ってしまうはず。

    そこで実際にバックドロップに乗った人の感想を調べてみました!

    ◆予測不能で怖さUP

    ハリウッドドリームザライドはもともと、座席の耳元に設置されたスピーカーから音楽を聴けるようになっています。

    BGMのあるジェットコースターは楽しいだけじゃなく、聴覚を刺激!
    五感のうちのひとつが奪われるんです。

    続いてバックドロップでは、後ろ向きに走行するため、コースの行方がわかりません。
    視覚も奪われてしまい、次に何が起こるか、全く予測不可能に。

    先がみえないスリルで怖さはアップ。
    ハラハラドキドキが止まりません!

    ◆後ろ向きに落ちて浮遊感もUP

    ハリウッドドリームザライドの特徴に、わざと座席を高めに設定している点があります。
    なぜかというと、座ると足が地面につかないようにするため。

    足がついていない状態で絶叫アトラクションに乗ると、怖いところでも足を踏ん張ることができません。
    しかも、ぷらんぷらんと猛スピードで振り回されるような感覚に!

    バックドロップでも足がつかないのは同じ。
    そのため強い浮遊感があります。

    さらに通常の前向き走行よりも、バックドロップの方が浮遊感がアップするように感じるとの感想が目立ちました。

    後ろ向きに落下していくことで、より胃が浮くふわっとした浮遊感が強くなるのだとか。

    後ろから落ちていくなんて、日常生活だったら身の危険しかないですもんね…!
    そりゃ怖さも上がるわけです…(泣)

    ◆バックドロップの方がスリルも怖さも上!

    これらの理由から、通常のハリドリよりも、バックドロップの方がスリルも怖さも全然上との感想が多いです。

    ハリドリに乗るのがぎりぎりだった人は、バックドロップは注意したほうがいいかも…!
    反対に、ハリドリが余裕だった絶叫大好きさんにとっては、バックドロップは最高でしょう★

    まずは通常のハリドリを体験してみることをおすすめしますよ◎

    USJバックドロップ:待ち時間はどのくらい?

    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド ~バックドロップ~
    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド ~バックドロップ~

    バックドロップは、通常のハリウッドドリームザライドと乗り場が同じです。
    ハリドリと同じコースを一緒に使っているので、当然といえば当然ですね!

    ハリドリでは待機列が3つに分かれています。
    通常の前向き走行・バックドロップ・エクスプレスパス(シングルライダー)の3つです。

    それぞれの待ち時間が表示されるのですが、ハリドリよりもバックドロップの方が待ち時間が長いんです。

    ◆バックドロップの方が待ち時間が長い

    もちろんバックドロップが人気だからではありますが、それ以外にも理由があります。

    ハリドリに使用している全ライドのうち、バックドロップ用のライドはたった1台だけ。
    1台でバックドロップに乗るゲスト全員を対応しているのですから、時間がかかってしまいます。

    通常の前向き走行には3~4台のライドがあるみたい。
    パッと見、同じくらいの人数が並んでいたとしても、バックドロップの方が待ち時間が長くかかってしまうんです。

    ◆バックドロップの待ち時間は80~100分

    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バック・ドロップ~の待ち時間の推移
    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バック・ドロップ~の待ち時間の推移

    バックドロップの待ち時間の平均は、80~100分と長いです。
    通常のハリドリは60~80分ほどなので、やはり差がありますね!

    休日には2時間以上の待ち時間になることもざらにあります。

    なんといっても、ハリドリのバックドロップは、USJのなかでもTOP3を争う待ち時間の長さで知られています。

    過去には当時史上最長の7時間待ちを記録したこともあるんですよ!
    バックドロップに乗りたいときは、待ち時間との勝負を覚悟した方がよさそうです。

    USJバックドロップ:待ち時間の攻略法5つ!おすすめの時間帯は?

    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

    バックドロップの待ち時間を少しでも短くしたいですよね。
    そこで、バックドロップの待ち時間攻略法をお教えします!

    バックドロップが空いている時間帯や、待ち時間を短縮できる裏ワザをCHECK★

    (1)おすすめの時間帯:開園直後

    USJが開園したら、まずはバックドロップへ乗りましょう!
    まだ待機列ができていない開園直後はいちばん狙い目の時間帯です。

    9:00頃までに向かうことができればセーフ◎

    (2)おすすめの時間帯:ランチタイム

    次に待ち時間が短くなるのは、12:00~14:00のランチタイムです。

    お昼ご飯を食べている人が増えるのと、空腹・満腹状態で絶叫アトラクションに乗るのを避ける人が多いからだと思います。

    朝からこまめに食べ歩きフードをつまんで、空腹でも満腹でもない状態をつくっておけるとGOOD!

    (3)おすすめの時間帯:19:00以降

    夜になると、パークから帰宅するゲストもちらほら…。
    19:00以降はどのアトラクションも待ち時間が短くなる、狙い目の時間帯。

    USJの最後にバックドロップに乗るのもいいですね!
    最恐の思い出が残るかも…!?(笑)

    (4)待ち時間短縮の裏ワザ:エクスプレスパス

    次に、バックドロップの待ち時間を短縮できる裏ワザをご紹介します。

    手っ取り早いのはエクスプレスパスを購入してしまうこと。
    2018年12月現在に販売されている、バックドロップ対応のエクスプレスパスはひとつだけ。

    ユニバーサル・エクスプレス・パス 7 ~バックドロップ~です。

    時期によってエクスプレスパスの対象アトラクションや種類が変わるので、事前にチェックしましょう。

    主に通常のハリドリのみか、バックドロップのみが対象になっています。
    どちらか選ぶならより待ち時間の長いバックドロップのエクスプレスを購入した方が効率的ですよ◎

    (5)待ち時間短縮の裏ワザ:シングルライダー

    もうひとつの裏ワザは、シングルライダーを利用することです。

    シングルライダーとはライドの空いたスペースに優先的に案内してもらえる、おひとり様ゲスト向けのサービスのこと。

    例えば4人掛けの座席に3人組のゲストがやってきたら、1つ席が空いてしまいますよね。
    そこにシングルライダーを利用して、通常の待機列よりも優先的に案内してもらえるんです。

    1人で乗ることになるため、仲間と一緒に楽しむことはできませんが、どうしてもバックドロップに乗りたいときは別行動もありかも…?

    【注意】バックドロップ対応か確認する

    しかし、シングルライダーの利用には注意が必要です。
    ハリドリでは、シングルライダーの対象ですが、前向き走行・後ろ向き走行どちらに乗るか選べない場合があるようです。

    通常の前向き走行のみしか受け付けていないことも。

    シングルライダーの列に並ぶ前に、必ずクルーに一言確認するようにしてくださいね!

    USJバックドロップ:乗る時の注意事項(荷物・乗り物酔い)

    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド滑走レーンはゲストの頭上を走っている
    ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド滑走レーンはゲストの頭上を走っている

    とっても激しい絶叫アトラクションであるハリドリのバックドロップ。
    バックドロップに乗る時は、2つの点に注意が必要です。

    それは荷物類に関して、次に健康面に関してです。

    (1)ハリドリに乗る時の荷物

    ハリウッドドリームザライドでは、ライドの乗り場に荷物を預けられる棚が設置してあります。

    猛スピードで激しく走行するため、鞄・パスケースなどのポシェット類・カチューシャなどは絶対に外してください!

    これは通常のハリドリでもバックドロップでも同じ注意点。

    ポケットに携帯を入れっぱなしなんてことは絶対にないようにしましょうね。
    万が一にでも落としてしまったら、粉々どころじゃなさそう…!

    荷物置き場では鍵をかけられるようになっているので、盗難の心配もありませんよ◎
    預けたほうがいい荷物は以下の通りです。

    視力が悪くて、眼鏡がないと目がみえないという人は、バックドロップに乗る前にクルーに相談してみてください。
    できればコンタクトを着用してUSJに遊びに行くと、何の心配もせずに楽しめると思いますよ♪

    (2)バックドロップに乗る時の健康状態

    次に、バックドロップに乗る時に特に注意してほしい点です。

    バックドロップは、浮遊感がアップするためか、ハリドリよりも乗り物酔いをしやすい気がします。
    特に酔いやすい・三半規管が弱い人は注意しましょう。

    全くの空腹状態で乗ったり、寝不足の時は乗るのを避けた方がいいかもしれません。
    反対に、満腹状態でも気分が悪くなりやすいですよ。

    ちなみにバックドロップの利用基準は以下の通りです。

    まとめ

    いかがでしたか?
    ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)でもTOP3に入る待ち時間の長さでも有名な、ハリウッドドリームザライドのバックドロップ。

    後ろ向きに走るジェットコースターは爽快ながらも予測不能な刺激&怖さが満点!
    絶叫アトラクション好きの人はぜったいに体験してみていただきたいです★

    【USJ攻略法】バックドロップの怖さを解説!ハリウッドドリームザライド待ち時間の短縮法5選も キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集