【オフィシャルホテル】グランドニッコー東京ベイ 舞浜を特集!1周年記念で無料宿泊券が当たるチャンスも♪

    • キャステル編集部

      キャステル編集部

    東京ディズニーリゾート®オフィシャルホテル「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」について徹底解説します!開業1周年を迎えたグランドニッコー東京ベイ 舞浜は、カップルから3世代旅行まで様々なニーズに応えてくれる客室のバリエーションが魅力。南欧をイメージしたリゾート空間で、ゆったりとしたステイが楽しめます。2021年7月下旬には新客室「レインボーフロア」も登場!おすすめの部屋タイプからレストラン、チケット付きプランまで、情報満載でお届けします。

    みなさんこんにちは!キャステル編集部です。
    今回は、東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテル、グランドニッコー東京ベイ 舞浜を紹介します。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜は、2020年7月に前身「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」からリブランドして開業したホテル。
    ホテルに一歩足を踏み入れると、開放感ある吹き抜けと南欧をイメージしたリゾート空間が広がっています。

    2021年7月にはリニューアルが完了した新フロア「レインボーフロア」もオープン。
    様々なニーズにこたえる多彩な客室を、キャステル編集部も実際に見せていただきました!

    それでは、キャステル編集部の取材をもとに、グランドニッコー東京ベイ 舞浜の魅力を紹介していきます♪

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜とは

    ホテルフロント
    ホテルフロント

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜は舞浜エリアにある東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルです。
    オークラ ニッコー ホテルズグループのホテルで、2020年7月1日に前身「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」からリブランドオープンしました。

    ホテルの目印はかわいいピンクの外壁!
    そしてロビー階には美しい吹き抜けが広がっており、この吹き抜け空間を取り囲むように客室が配置されています。
    総客室数は707室です。

    ◆オフィシャルホテル特典あり

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜は東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルです。
    宿泊すると様々な特典を受けることができます。

    ◆チェックイン/チェックアウト情報

    チェックアウト
    チェックアウト

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜のチェックイン/チェックアウト時刻は次の通りです。

    チェックイン: 15時~(※到着が24時を過ぎる場合は要連絡)
    チェックアウト: ~12時

    チェックアウト時に部屋付の精算がない場合は、ルームキーを返却BOXに返すだけ(フロント立ち寄り不要)のエクスプレスチェックアウトが利用できます。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:おすすめ客室

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜のおすすめ客室をご紹介します。
    2021年7月に新登場したレインボーフロアからラグジュアリーな「ニッコーフロア」まで、たっぷりと見せていただきました!

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜の客室フロアは、以下のような構成になっています。

    ●ニッコーフロア(11階~12階)
    ●レインボーフロア(10階)
    ●レギュラーフロア(4階~9階)

    それぞれのフロアの特長や、おすすめのお部屋タイプについてご紹介します。

    【2021年7月新登場】レインボーフロア

    2021年7月、グランドニッコー東京ベイ 舞浜に新フロア「レインボーフロア」が誕生しました!
    レインボーフロアはハイランクのニッコーフロア(11階~12階)の下、中層階をリニューアルして作られた新しいフロア。
    海や水をテーマとした海側のお部屋「the Aqua」と、太陽の光や輝きをテーマとしたパーク側のお部屋「the Shine」の2タイプがあります。

    レインボーフロア「the Aqua」のお部屋
    レインボーフロア「the Aqua」のお部屋

    海側の「the Aqua」はその名の通り海をイメージしたデザイン。
    流れる水やサンゴ、熱帯魚といったモチーフがちりばめられています。

    ビューバス
    ビューバス

    「the Aqua」タイプのお部屋の魅力はなんといってもビューバス!
    東京湾と遠くに広がる夜景を眺めながらの贅沢なバスタイムが楽しめます(※スーペリアルームを除く)。

    レインボーデラックスファミリールーム
    レインボーデラックスファミリールーム
    レインボーデラックスファミリールーム
    レインボーデラックスファミリールーム

    「the Aqua」タイプの宿泊可能人数はいずれも2名~4名です。
    一番大きな「レインボーデラックスファミリールーム」はベッド4台が設置されているので、グループ旅行や添い寝が厳しくなってきた子供のいる家族にもピッタリですよ。

    レインボーフロア「the Shine」のお部屋
    レインボーフロア「the Shine」のお部屋

    パークサイドビューのお部屋「the Shine」は、光の輝きの中に花びらや蝶が舞うデザインがテーマ。
    黄色を基調に、爽やかでポップな印象のお部屋です。

    「the Shine」タイプの宿泊可能人数はスタンダードルームが2~3名、スーペリアルームが2~4名です。
    スーペリアルームはトイレ・バスが別で、洗い場付きのお風呂になっているので小さい子連れの家族旅行や友人同士の旅行でも安心です♪

    レギュラーフロア

    お値段重視、手頃に泊まりたい!という方におすすめなのがレギュラーフロア。
    ホテルの4階~9階に位置しており、海側/パーク側の両方に客室があります。
    お部屋のデザインは南欧のリゾート風です!

    コンフォートスタンダードルーム
    コンフォートスタンダードルーム

    スタンダードルームはエキストラベッドの追加で最大3名まで宿泊可能。
    バルコニーからは東京リゾート側の景色を見ることができます。
    ディズニーリゾートラインがよく見えるので、電車大好きなお子さんがいるファミリーにもおすすめです!

    和室
    和室

    またレギュラーフロアには少数ではありますが和室が2室、和洋室が2室あります。
    眺望は海側で、バルコニーからはベイエリアの景色を楽しめます。

    いずれも4~6名が宿泊可能で、和室は布団のみ、和洋室は布団+ベッドの利用となります。
    ハイハイの赤ちゃんがいるファミリーや布団・和室にこだわりたい方にはこちらがおすすめですよ。

    ニッコーフロア

    ニッコーフロアの専用アメニティー
    ニッコーフロアの専用アメニティー

    ニッコーフロアは11階・12階の高層階に作られたハイクラスの客室です。
    コーヒーなどのドリンクサービス、専用ラウンジへのアクセス、ミキモトのスキンケアアメニティーなど、ラグジュアリーなホテルステイが楽しめます!

    ベッドは高級ベッドブランドのシモンズ社製
    ベッドは高級ベッドブランドのシモンズ社製

    この後、おすすめプランの項目で紹介する「パークチケット購入権つき・ニッコーフロア確約プラン」は、こちらのニッコースタンダードルームかニッコースーペリアルームに宿泊するプラン。
    140cm幅の広々としたベッドで、ぐっすりと眠ってパークの疲れを癒せます(レギュラーフロアのベッド幅は通常110cm)。

    エグゼクティブスイートのリビングルーム
    エグゼクティブスイートのリビングルーム

    一度は泊まってみたいハイクラスのお部屋「エグゼクティブ・スイート」も今回見学させていただきました。
    扉を開けるとまずリビングルームがあり、窓の外にはベイサイドの景色が広がります!

    エグゼクティブスイートのベッドルーム
    エグゼクティブスイートのベッドルーム

    ベッドルームは隣のお部屋。
    ベッドの足元にオットマン(足置き)がついているところからもプレミアム感が感じられます。

    デザインはパープルを基調とした、シックで落ち着いたお部屋です。
    80平米のお部屋をたった2人で使うなんて、とっても贅沢…!

    ビューバス
    ビューバス

    バスルームも広く、海側には東京湾を望む浴槽が。
    洗面台を挟んで反対側にはシャワーブースが設置され、豪華なバスタイムが過ごせるようになっています。
    記念日などの特別な日には、こんなお部屋に泊まってみたいものですね!

    専用ラウンジで優雅なひと時を

    ニッコーラウンジ入口
    ニッコーラウンジ入口

    ニッコーフロアに宿泊すると、最上階(12階)にあるラウンジ「ニッコーラウンジ」を利用できます。
    ニッコーラウンジでは目の前に広がる景色を楽しみながら、時間帯ごとに軽食やスナック、パティシエ特製スイーツ、ドリンクを自由に楽しむことができます。

    ラウンジのドリンクバー
    ラウンジのドリンクバー

    ドリンクバーはラウンジのオープン時間中は使い放題。
    カクテルタイムにはセルフのビアサーバーも使えるようになります♡(新型コロナ対策で使用できない場合もあります)

    ラウンジはwi-fiと電源も完備
    ラウンジはwi-fiと電源も完備

    ラウンジ内には新聞や雑誌、Wi-Fi、充電スポットも完備。
    窓の外の景色を眺めながら、ワンランク上の時間を過ごしてみては?

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:おすすめ宿泊プラン

    キャステル読者におすすめのグランドニッコー東京ベイ 舞浜の宿泊プランをご紹介します。
    パークチケットが確実に購入できるプランは、チケットが入手できなくて困っている方必見です!

    【癒しのステイケーション】上層階・ニッコーフロア確約《チェックイン当日東京ディズニーランド®パークチケット購入可》駐車場特典&朝食付き

    ニッコーフロアのスーペリアルーム
    ニッコーフロアのスーペリアルーム

    チェックイン当日に使用できる東京ディズニーランドのチケット購入権がついたプランです。
    同内容でディズニーシーのチケットが購入できるプランもあります。
    こちらのプランで宿泊すれば、東京ディズニーランドのチケットを確実に購入できます!(※チケット代金は宿泊料金に含まれていません)

    ニッコーラウンジ
    ニッコーラウンジ

    客室はホテル上層階にあるラグジュアリーフロア「ニッコーフロア」の客室を確約。
    ニッコーデラックスルームは、東京湾を眺めながらバスタイムが楽しめるビューバスのお部屋で、ゆったりとくつろいだ時間を過ごせます。
    また、ニッコースーペリアルームは、お子様連れにもうれしい洗い場付きのバスルームのあるお部屋です。

    ニッコーフロア宿泊者しか入れないラウンジ「ニッコーラウンジ」も使えます(ラウンジの詳細はこの後ご紹介します)!

    ニッコーフロアの客室にあるドリンクサービス
    ニッコーフロアの客室にあるドリンクサービス

    朝食はホテル自慢のブッフェを心ゆくまで堪能♪
    パフォーマンスキッチンでシェフが仕上げてくれるおいしい朝ごはんでパワーをチャージして、いざパークへ!

    さらにこのプランは、駐車場の利用料金も含まれています。
    チェックイン日の朝7時~翌日の13時まで、1室につき1台分の駐車料金が無料です!
    「なるべく人との接触を減らすために自家用車で行きたい」という人にはピッタリ♪

    ★おすすめポイント:2ヶ月先のパークチケットを予約できる!

    2021年夏現在、新型コロナ対策のためパークチケットの販売枚数は通常よりもかなり少なくなっており、毎週の予約・購入は激戦。

    「チケット発売日に何度アクセスしても全然繋がらない!」
    「何度もアクセスしているうちに目当ての日のチケットが完売した…」

    キャステル読者の方からも、そんな声がたくさん届きます。

    しかしグランドニッコー東京ベイ 舞浜は、パークチケットの購入権つき宿泊プランが充実!
    以下の条件の組み合わせでたくさんのプランがあるので、自分に合ったものを選んで宿泊予約と同時にパークチケットを手に入れることができます。

    ・東京ディズニーランド or 東京ディズニーシー
    ・チェックイン当日利用チケット or チェックアウト当日利用チケット
    ・素泊まり or 朝食付き
    ・ラグジュアリーなニッコーフロア or お値打ちなレギュラーフロア

    しかもグランドニッコー東京ベイ 舞浜のパークチケット購入権つきプランは、2ヶ月先までの予約が可能。
    東京ディズニーリゾート公式サイトで販売されるパークチケットは約1ヵ月先までなので、パーク公式サイトのチケット発売日よりも先に2ヶ月先のチケットを確保できますよ。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜に泊まっておいしいご飯を食べて、翌日は元気にパークに遊びに行くという「お泊りディズニーでチケット確保作戦」にぜひ活用してみてはいかがでしょうか♪

    ▼パークチケット付きプランの予約はこちらから!

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:アメニティー・備品

    アメニティー
    アメニティー

    続いて気になるアメニティーや備品をご紹介します。
    荷造りの際に参考にしてくださいね。

    ゲストからも高評価のルームウェア
    ゲストからも高評価のルームウェア

    ルームウェアは上下セパレートタイプで100%コットンを使用。
    洗濯のり不使用の柔らかい肌触りでゲストからの評価も高く、「売ってないんですか?というお問い合わせを多くいただいたため、販売もスタートしました」とのこと。
    販売リクエストが多数寄せられるほどの着心地&寝心地をぜひ試してみてくださいね。

    ニッコーフロアのアメニティーボックス
    ニッコーフロアのアメニティーボックス

    ニッコーフロアの客室は、アメニティーもグレードアップ!
    ミキモトのスキンケアや、化粧箱入りの高級感あるアメニティーボックスが用意されていますよ。

    また、アメニティーのバスソルトは全室に用意されているのが嬉しいですね!
    バスタブにお湯を張って、歩き疲れた足をゆっくり休めることができます。

    ペットボトルのサービス
    ペットボトルのサービス

    冷蔵庫は空の状態になっているので、自分で買ってきた飲み物などを冷やしておくことができます。
    空気清浄機も全室に置いてあるのが嬉しいところ。

    ペットボトルの水は全室にサービスで置いてあり、こちらは持ち帰ってもOKです!
    さらにニッコーフロアにはコーヒーメーカーやお茶などのドリンクサービスが置かれています。

    こちらは客室係に連絡すると借りられる備品一覧です。
    もしパークで雨に降られて靴が濡れてしまった時は靴乾燥機が借りられますよ。

    子供用のアメニティーやパジャマ等はリクエストすると用意してくれます。
    洗面所の踏み台は予め客室に用意されていますよ。

    また幼児が添い寝でベッドを利用する場合は転落防止のベッドガードの設置や、ベッドをくっつけておくなどの対策も事前にお願いできます。
    公式サイトの「お子様のレンタル備品予約」から予約できますので、小さい子連れのファミリーは活用してくださいね。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:レストラン「ル・ジャルダン」

    ル・ジャルダン
    ル・ジャルダン

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜の館内レストランは1か所。
    3階のロビーフロアにあるオールデイダイニング「ル・ジャルダン」です。

    ル・ジャルダン外観
    ル・ジャルダン外観

    こちらでは朝食、ランチ(土日祝限定)、ディナーを提供。
    開放感ある吹き抜け空間のテーブル席も素敵ですが、海が見えるベイサイド側にもたっぷり座席があるので、どこにしようか迷っちゃう!

    ◆朝食

    朝食ブッフェ
    朝食ブッフェ

    朝食はシェフがライブキッチンで仕上げるオムレツやハンバーガーなどが大好評♪
    和洋中、前菜からメイン、デザートに各種ドリンクまで100種類以上のメニューが楽しめます。
    ホテル内で焼き上げるパンはもちろん、朝はご飯派の人に嬉しいおにぎりの提供もあります。

    キッズブッフェMOGUMOGU 朝食イメージ
    キッズブッフェMOGUMOGU 朝食イメージ

    「自分で好きなものが取りたい!」というお子さんのために、提供台を低くしたキッズブッフェコーナー「MOGUMOGU」も用意。
    自分で食べたいと思って選んだものならきっとパクパク食べてくれるはず♪

    ◆ランチ(土日祝限定)

    夏のオーダー式ブッフェ「フィエスタ」
    夏のオーダー式ブッフェ「フィエスタ」

    ランチは土日祝限定営業で、季節に合わせたオーダー式ブッフェを開催中!
    2021年8月末までの土日祝は、ジューシーな肉料理や夏野菜を使った色鮮やかなメニューが並ぶグルメの祭典「フィエスタ」が楽しめます。

    お席に座ったまま好きなものを好きなだけ、オーダー形式で楽しめるこちらのブッフェ。
    感染防止対策もばっちりで、ゆっくりと美食に舌鼓のひと時が過ごせます♡
    もちろん宿泊なしのビジター利用もOKですよ。

    ◆ディナー

    ディナーは現在、テイクアウトボックスでの提供です。
    最近はパークの閉園も早いので、どこで夕飯を食べるか困ってしまいますよね。
    そんな時はル・ジャルダンでシェフ特製のお弁当を買って、お部屋でゆっくり味わうことができますよ。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:編集部イチオシポイント

    それでは実際にキャステル編集部がホテルを見学して感じたイチオシポイントをご紹介します。
    グランドニッコー東京ベイ 舞浜でしか味わえない魅力をぜひ感じてくださいね。

    開放感いっぱい!南欧風のリゾート

    吹き抜けのロビー
    吹き抜けのロビー

    開業からまだ1年とあって、どこも新しくてきれいなグランドニッコー東京ベイ 舞浜。
    エントランスを入ると目の前に広がる吹き抜け空間に圧倒されますが、このロビーフロアには他にも魅力がたくさんあります。

    チャペル
    チャペル

    フロアの中央にあるのはアトリウムチャペル「ラ・ジョア」。
    木とボタニカルアートで飾られたチャペルはもちろんウエディング利用が可能です。
    手前のアトリウムの床に敷き詰められた南欧をイメージしたタイルもステキなのでぜひ注目してくださいね。

    タイル
    タイル

    客室フロアへ向かうエレベーターを降りると、各階のエレベーターホールではふわりと優しい香りがゲストを包みます。
    この安らぐアロマは一般には販売されていないものなんだそうです♪

    ビューバスが魅力的!

    海側の部屋のバルコニーやバスルームからはベイエリアの景色が楽しめる
    海側の部屋のバルコニーやバスルームからはベイエリアの景色が楽しめる

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜の魅力は、海側の客室のお風呂!
    海側のお部屋は全室ビューバスを採用しており、湯船につかりながら東京湾の景色が楽しめます。

    比較的リーズナブルなレギュラーフロアの客室でも、海側のお部屋ならビューバスがあります。
    非日常感あるバスタイムを体験してみたい方はぜひ海側のお部屋を予約してくださいね。

    スーペリアルームはパーク側と海側の両方に客室がありますが、空室に余裕があればリクエストを聞いてもらえるかもしれませんのでホテルに確認してみましょう!

    子供が楽しめるサービスがいっぱい

    レインボーラウンジ
    レインボーラウンジ

    朝食ブッフェにも子供向けの料理提供台が用意されているグランドニッコー東京ベイ 舞浜。
    子連れに嬉しいサービスは他にもたくさんあります!

    キッズスペース
    キッズスペース

    フロントの前にある「レインボーラウンジ」は、チェックインなどの手続きを待つ間に同行者がくつろげるスペースを完備。
    キッズエリアもあるので、ハイハイで動き回りたい赤ちゃんも安心です。

    お菓子のオブジェ
    お菓子のオブジェ
    刺さっているキャンディは持ち帰りOK
    刺さっているキャンディは持ち帰りOK

    レインボーラウンジ近くにはホテルのパティシエによるお菓子でできたオブジェを設置。
    この大きな地球のオブジェには棒付きキャンディが刺さっていて、お子様が自由に持って行っていいんです!

    パティシエによるマジパンアート
    パティシエによるマジパンアート

    さらにレストラン「ル・ジャルダン」の前には、ホテルパティシエによるマジパンのアートも飾られています。
    季節をテーマにしたとってもかわいいマジパンアートは必見です!

    パークグッズのショップが広い!

    オフィシャルホテルの特典の一つである「ディズニーファンタジー」。
    パークグッズがホテルの中で買えるショップです。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜の「ディズニーファンタジー」は、他のオフィシャルホテルと比べても面積が広めだと感じました。
    品ぞろえも充実していて、他のゲストとの距離を保ちながら快適にお買い物ができます。

    ショップ入口の左右に作られたディスプレイもとってもかわいいので、フォトスポットとしてもおすすめ!
    ホテルでもパーク気分が味わえること間違いなしのスポットです♪

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:1周年記念!ホテル宿泊券プレゼント実施中!

    ル・ジャルダン横のフォトスポット
    ル・ジャルダン横のフォトスポット

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜は、開業1周年を記念して抽選でホテル宿泊券がもらえるキャンペーンを実施中♪
    インスタグラムにグランドニッコー東京ベイ 舞浜の館内で撮影した写真を投稿すると、毎月1名にホテルの無料宿泊券が当たるという太っ腹企画です!

    ホテル内には素敵なフォトスポットもありますので、ぜひホテルに遊びに行ったら記念撮影して、キャンペーンに応募してみてくださいね。
    キャンペーン詳細はグランドニッコー東京ベイ公式サイトや公式インスタグラムでチェックできます。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:Q&A

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜に関する疑問をQ&Aでまとめます。
    滞在中に分からないことがあれば、スタッフが親切に教えてくれるので安心してください♪

    Q.ホテル内にコンビニはありますか?

    ファーストショップ
    ファーストショップ

    3階のロビーフロアに「ファーストショップ ギフト&コンビニエンス」があります。
    ホテル滞在中に必要な化粧品や雑貨、飲み物、お土産商品などが揃っています。

    ただしチルドのお弁当などは扱っておらず、食品はインスタントなどがメインです。
    一般的なコンビニを利用したい場合はJR舞浜駅前に「New Days」と、お隣のホテル「ヒルトン東京ベイ」の中に「ローソン」があります。

    Q.キャンセル料はどれくらいかかりますか?

    キャンセルポリシーは次の通りです。

    ・ご宿泊日の2日前まで:無料
    ・ご宿泊日の前日まで:宿泊料金の20%
    ・ご宿泊日の当日:宿泊料金の80%
    ・不泊の場合:宿泊料金の100%

    Q.荷物を送ることはできますか?

    ホテル宛に送ることも、ホテルから発送もできます。
    ホテル宛に送る場合は、宅配伝票に宿泊日と予約名(フリガナ)を明記し、下記宛先まで送れば宿泊日まで預かってもらえますよ!

    また、ホテルから自宅等へ荷物を送りたい場合は3Fロビークロークから発送できます。
    取り扱い業者は佐川急便です。

    「子連れで荷物が多い」
    「お土産をたくさん買ってしまった」
    そんな時もホテルから荷物の別送ができるので、最小限の手荷物で移動できますよ♪

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:アクセス

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜へのアクセスをご紹介します。
    主要駅から向かう方法や、ホテル~パーク間の移動方法はこちらでチェック!

    ◆都心から舞浜までの電車でのアクセス

    東京駅からJR舞浜駅までは約20分。
    新木場駅からJR舞浜駅までは10分です。

    ◆JR舞浜駅~ホテル間のアクセス

    JR舞浜駅とグランドニッコー東京ベイ 舞浜の間を無料バスが運行しています。
    8時台・19時台は1時間に1本、9時~18時台は1時間に2本運行しています。

    ◆ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」~ホテル間のアクセス

    ディズニーリゾートクルーザーの車内
    ディズニーリゾートクルーザーの車内

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜はディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」からもアクセスできます。
    ベイサイド・ステーション~グランドニッコー東京ベイ 舞浜の間を無料シャトルバス「ディズニーリゾートクルーザー」で楽々移動できますよ。

    運行時間は毎日7:00~23:30で、5~10分間隔で運行しています。
    ベイサイド・ステーション~グランドニッコー東京ベイ 舞浜間の所要時間は道路の混雑状況にもよりますが4~10分程度です。

    また、ベイサイド・ステーションからグランドニッコー東京ベイ 舞浜までは徒歩でも4分程度で行くことができます!

    ◆ホテル~各パーク間のアクセス

    ディズニーリゾートライン
    ディズニーリゾートライン

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜~各パーク間のアクセスはディズニーリゾートラインが便利です。

    ホテルから東京ディズニーシー最寄りの「東京ディズニーシー・ステーション」まではリゾートラインで1駅です。
    ホテルから東京ディズニーランド最寄りの「東京ディズニーランド・ステーション」までは3駅で到着します。

    ◆駐車場

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜には319台収容の屋外平面駐車場があります。
    駐車料金は次の通りです。

    ただし宿泊プランによっては駐車料金が含まれている場合があります。
    利用するプランに駐車料金が含まれているかどうかは、予約時に確認してくださいね。

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜:予約方法

    グランドニッコー東京ベイ 舞浜の宿泊予約は、公式サイトからオンラインでとることができます。
    また、各種ホテル予約サイトからも受け付けています。

    まとめ

    東京ディズニーリゾート®オフィシャルホテル「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」をご紹介しました。
    いかがだったでしょうか?

    開業1周年を迎え、ますます客室が充実したグランドニッコー東京ベイ 舞浜。
    入手困難なパークチケット購入権つきプランもあるので、近隣・遠方問わずお泊りディズニーでパークとホテルステイを楽しむのがおすすめです。

    みなさんも次回パークに遊びに行く際には、ぜひグランドニッコー東京ベイ 舞浜で素敵な時間をお過ごしくださいね!

    【オフィシャルホテル】グランドニッコー東京ベイ 舞浜を特集!1周年記念で無料宿泊券が当たるチャンスも♪ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    キャステル編集部

    キャステル編集部

    こんにちは。キャステル編集部です。
    東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、テーマパークに関する最新情報&お役立ち情報を配信しています。 みなさんに、「もっとテーマパークを好きになってもらう」「テーマパークで最高の時間を過ごしてもらう」ことを目標に、毎日記事を作成しています。 応援よろしくお願いします♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/26更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【10/26更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    2. 【10/27更新】ディズニーが入場制限緩和!11月・12月の予想まとめ!クリスマスの入場制限人数は?

      【10/27更新】ディズニーが入場制限緩和!11月・12月の予想まとめ!クリスマスの入場制限人数は?

      めぐみ

    3. 【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    4. 【10/26更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      【10/26更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      Tomo

    5. 【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集