検索

    【年齢・身長制限なし】プーさんのハニーハントが子連れディズニーにおすすめの理由3選!大人にもおすすめ!

    • mimi

      mimi

    ディズニーランドの人気アトラクション「プーさんのハニーハント」が子連れディズニーにおすすめの理由を解説していきます♪実は「年齢制限」や「身長制限」がない、子連れ家族にはピッタリのアトラクションなんですよ!ファストパスやスタンバイラインについても要チェック!子供にも大人にも人気のプーさんのハニーハントについてまとめました♡

    【年齢・身長制限なし】プーさんのハニーハントが子連れディズニーにおすすめの理由3選!大人にもおすすめ!

    こんにちは。ディズニーランドの中でもファンタジーランドが大好き、mimiです。

    今回は、人気アトラクションプーさんのハニーハントを徹底解説!

    「小さい子供でも乗車可能なの?」
    「年齢・身長に制限がないって本当?」
    「何歳から乗れるの?」

    そんな疑問にお答えすべく、プーさんのハニーハントを詳しくご紹介していきますよ。

    アトラクションの基本情報、ストーリーなどもあわせてまとめましたので、最後までご覧ください☆

    プーさんのハニーハントってどんなアトラクション?

    アトラクションのライド中引用元:公式サイト
    アトラクションのライド中

    夢と魔法の王国、東京ディズニーランドのアトラクションの中でも、人気を集め続けているアトラクションのひとつがプーさんのハニーハント。
    開園早々、かわいらしい外観に誘われるように、スタンバイの列と待ち時間がどんどん伸びていきます。

    プーさんのハニーハントは、

    「くまのプーさんのキャラクターたちとはちみつハントしにいくという」

    アトラクションの名前通りの内容となっています!

    1台のポットの定員は5名で、前に2人と後ろに3人乗れる構造になっています◎

    ライドは3つのポットが1組になって森を進んでいきますよ!
    アトラクションの所要時間は約4分30秒。

    ファンタジーランドの中でも、ファストパスの発券が早々に終了になる、大人気アトラクションです。

    また、プーさんのハニーハントはライドタイプの屋内アトラクションで、雨の日でも安心して利用できますよ。

    プーさんのハニーハント:アトラクションのストーリー

    アトラクション内の壁にもかわいいキャラクター達が!引用元:公式サイト
    アトラクション内の壁にもかわいいキャラクター達が!

    ある風の強い日、くまのプーさんはクリストファー・ロビンに青い風船を貰います。
    アトラクションの冒頭で、その風船をどうするか尋ねるクリストファー・ロビンに対し、プーは「はちみつとるの」と答えています。

    プーは、風船で木の上のハチの巣からはちみつを取る作戦のようです。
    はちみつをゲットできるのか、プーや仲間たちとともにゲストは冒険へ出発します。

    まず、現れるのは、風船ごと風に飛ばされるプーと100エーカーの森の仲間たち。
    ピグレット、イーヨー、ラビットなど見慣れたプーさんのキャラクターたちが続々と登場します。

    強風に妨げられプーや仲間たちは、はちみつどころではありません。

    そこに、ティガーが登場。
    ハチミツの取り方をみせてくれるというのです。

    ティガーが得意なのはしっぽでジャンプすること!
    プーの代わりに、ジャンプで木を揺らしハチの巣を落とそうとトライします。

    ここが有名な、ハニーポットが上下に揺れるシーンです!
    結局、ティガーはハチに襲われ、はちみつ嫌いになってしまいます。

    はちみつが好きなのは、ズオウとヒイタチ(ゾウとイタチ)だけだと言い放ちます。

    ズオウとヒイタチというのは、プーや100エーカーの森の仲間たちが恐れる空想上の生き物。
    プーはズオウとヒイタチにはちみつを取られることを恐れているうちに、眠ってしまいます。

    ゲストを乗せたハニーポットは、プーの夢の世界へ移動していきます。
    夢の中では、ズオウとヒイタチが楽器を演奏したり騒いだりと楽しげな様子。

    ブラックライトで光る空間をハニーポットは縦横無尽に回転します。

    夢をみていたプーは風船と一緒にはちみつの木の上に飛ばされ、はちみつをとることに成功◎
    めでたしめでたしという内容です☆

    プーさんのハニーハント:登場するキャラクター

    ショーのプーさん
    ショーのプーさん

    プーさんのハニーハントに登場するキャラクターは主に、ディズニー映画『くまのプーさん」のキャラクターたちばかり!
    映画を観ていなくても、有名なキャラクターばかりなので、大人も思わず引き込まれてしまいますよ。

    アトラクションに出てくるキャラクターは以下の通り。

    プーさんのハニーハント:子連れディズニーにおすすめの理由

    続いて、プーさんのハニーハントが子連れディズニーにおすすめの理由をご紹介します。

    プーさんのハニーハントがおすすめの理由①年齢・身長に制限なし

    身長制限のないオムニバス引用元:公式サイト
    身長制限のないオムニバス

    ディズニーランドのファンタジーランドというエリアは、ディズニー映画で頻繁にテーマとされてきた、おとぎ話の世界を再現したテーマランド。
    東京ディズニーランドのファンタジーランドは、エリア自体がシンデレラ城の城下町という設定です。

    ファンタジーランドには、親子で楽しめるアトラクションが多く設置されています。
    プーさんのハニーハントもその例外ではなく、小さい子供と一緒でも楽しめるアトラクション。

    乗車する上で、年齢・身長制限が設けられていないのです!
    ただし、赤ちゃんと一緒に乗車可能かといえばそうではありませんので、注意が必要です。

    プーさんのハニーハントでは、子供が補助なしで一人座りができることが必須になります。
    アトラクションは途中、回転したり上下に飛び跳ねたりという動きがあり、安全バーが装備されています。

    安全バーがあるので、子供を膝の上に乗せたままの乗車は不可となっています。
    どんなに小さくても一人で座って、安全バーをお腹のところまで下げた状態で乗っていられればアトラクションに乗車可能ということになります。

    ちなみに、東京ディズニーランドのアトラクション全37個のうち、年齢・身長制限が設けられていないアトラクションは31個です。
    小さい子連れのご家庭は、こういう壁をクリアしないとアトラクションに乗れないというのは中々リサーチに骨が折れます。

    ファンタジーランド自体、子供向けのアトラクションが多いので、家族におすすめのエリアなんですよ。

    ディズニーランドの身長制限のあるアトラクションまとめ

    プーさんのハニーハントがおすすめの理由②スタンバイのラインがかわいい

    アトラクション乗車前のスタンバイラインの様子引用元:公式サイト
    アトラクション乗車前のスタンバイラインの様子

    プーさんのハニーハントはファストパス対象のアトラクション。
    そのため、ファストパスを取らずに並ぶ人の入口とファストパスを持っている人の入口の2つが存在します。

    この2本の待ちラインは、屋外の待ちラインから屋内に切り替わるタイミングで合流します。

    アトラクション待ちの列が1列になったところで、まずはクリストファー・ロビンの部屋に入ります。
    この部屋には、アトラクション冒頭でプーに貸している青い風船や、100エーカーの森の地図が壁にかかっているので注目してください☆

    スタンバイラインは絵本で区切られています
    スタンバイラインは絵本で区切られています

    次にゲストは、くまのプーさんの物語が書かれた本の中を抜けていきます。
    ただし、物語の英語のスペルは間違いだらけ。

    これは、幼いクリストファー・ロビンが書いているから、という設定なんです!
    英語力を試すのも兼ねて筆者は熟読しながらスタンバイ時間を過ごしています。

    本にはプーさんや森の仲間たちのイラストも描かれていてとってもキュート!
    各本のページごとに立ち止まって写真を撮影したいくらいです。

    並ばれている皆さん同じ考えなのか、スタンバイラインが進んでいても写真を撮っていたせいで列が進まないなんて光景もあります。
    かわいいキャラ達に子供たちも目を輝かせること間違いなしです☆

    プーさんのハニーハントがおすすめの理由③子連れのゲストが多い

    ベビーカー対応もおてのもの引用元:公式サイト
    ベビーカー対応もおてのもの

    プーさんのハニーハントは、子連れのゲストが多いんです。
    そのため、子供向けのアトラクションのキャストさんは、小さいゲストへの対応力も備わっています◎

    例えば、ベビーカーはアトラクションに乗る前まで使用可能なのかなど疑問に思う点にもすぐ答えてくれますよ。
    困ったことや迷ったこと、自分の子供が乗車可能かどうかなど、どんどん頼っていいと思います☆

    プーさんのハニーハント:大人にもおすすめのアトラクション

    夜はまた違った雰囲気に☆
    夜はまた違った雰囲気に☆

    プーさんのハニーハントは年齢や男女問わず人気なアトラクションのひとつですね。
    子供だけではなく大人も魅了するのはなぜなのでしょうか?

    やはりアトラクションの外観・内装のかわいさがポイントでしょう☆

    友人と一緒でも、彼氏・彼女と一緒でも、写真映えするかわいいスタンバイラインにテンションがあがります。

    アトラクションは3台のハニーポットがセットになって冒険に出発します。
    この時、3台それぞれが異なったルートを進むことはご存知でしたでしょうか。

    1列になって進むわけではないので、乗る度に違ったルートで違う角度からアトラクション内を楽しむことができます!

    また、アトラクションが進むレールが見えていません。
    そのため、どこに進むか予想できないのも、大人を楽しませる魅力のひとつと言えそうですね☆

    プーさんのハニーハント:ファストパス利用がおすすめ

    ファストパスを上手に活用しましょう☆
    ファストパスを上手に活用しましょう☆

    プーさんのハニーハントはディズニーランド屈指の人気アトラクション。
    混雑している日には、2時間以上の待ち時間が表示されることもあります。

    そんな時はファストパスを発券するのがおすすめ!

    ファストパス発券場は、アトラクションの道向かいのあたりにあります。
    アトラクションはトゥーンタウン寄りで、発券場はシンデレラ城寄りです。

    アトラクションの脇にあるショップを正面にして、振り返るとポップコーンワゴンとともに発券場が見つかるかと思います!
    プーさんのハニーハントは平日でも午前中には、発券が終了してしまうこともある程の人気ぶり。

    混雑している日には、開園数時間後には発券が終了していることもあります。
    夕方までファストパスが残っていたらラッキー。

    閉園間近には待ち時間の長さも多少解消されることもあります。
    しかし、早めに帰宅する予定があるとか、どうしても乗りたいなんて場合は迷わずファストパスを発券しましょう◎

    ちなみに、他のファストパス対象のアトラクションの発券時間から、どんな客層のゲストが多く来園しているのか予想することもできますよ。

    【解説】ディズニーランドのファストパスの取る順番・人気は?発券場所&平均終了時間

    まとめ

    今回はプーさんのハニーハントが子供にぴったりなアトラクションであることをご紹介してきました。

    ディズニーランドの人気アトラクション「プーさんのハニーハント」をぜひ楽しんでくださいね♪

    【年齢・身長制限なし】プーさんのハニーハントが子連れディズニーにおすすめの理由3選!大人にもおすすめ! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    mimi

    mimi

    TDL年パス2年目のmimiです。
    ワンマンズドリーム、ハピネスイズヒアが大好きでした☆
    学生の頃には上海、香港のディズニーリゾートへ行ったことも!
    東京ディズニーリゾートの魅力をどんどんお伝えしていきます〜!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    3. 【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      みーこ

    4. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    5. ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      二ノ瀬

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集