検索

    【必見】京王あそびの森ハグハグとは?料金・割引フリーパス!日本最大級のネット遊具ハグハグの木が大人気!

    • しーちゃん

      しーちゃん

    屋内型子供向け施設、通称ハグハグこと、「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」を解説します。京王線 多摩動物公園駅のすぐ目の前にあるハグハグは、乳幼児から小学生までが楽しく遊べる遊具施設です♪ハグハグの料金・お得な割引フリーパスについて解説します。日本最大級のネット遊具「ハグハグの木」他、ハグハグの遊び方&注意事項も要チェック!木のおもちゃ・木材にこだわった、温かみのある遊び場なんですよ◎子供のいるママさん・パパさんは必見です★

    【必見】京王あそびの森ハグハグとは?料金・割引フリーパス!日本最大級のネット遊具ハグハグの木が大人気! 引用元:公式サイト

    みなさん、こんにちは。おでかけが好きなしーちゃんです!

    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ) は、2018年3月13日(火)にオープンした子供向け施設です。

    多摩動物公園駅を出てすぐ目の前にあります♪
    6か月~小学生の子供が楽しく遊べる遊具が揃っているんですよ!

    ハグハグ名物・日本最大級のネット遊具「ハグハグの木」をはじめ、館内を走るミニSLなど、ハグハグの遊び、楽しみ方を解説します◎
    ハグハグの料金システム、割引情報も必見です。

    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)とは?

    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)とは?引用元:公式サイト
    京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)とは?

    ハグハグは、6か月~小学生の子供向け遊具が揃う、大きな屋内施設です。
    屋内なので天候を気にせず遊ぶことができます♪

    ハグハグという名前は、「育む・ハグする」が由来です。
    「育み、ハグする。木の温もりにふれながらあそべる屋内施設」をコンセプトにしています。

    ハグハグの館内は木製をベースにしています。
    屋内でも木の暖かさや自然を感じられるようになっています。

    館内は2階建てになっており、木育(木のおもちゃ)・体育(身体を動かす)・知育(考える)の3つのテーマに沿ったエリアがあります。

    年齢に合わせた遊びが用意されていますが、小学校高学年になると、ちょっと物足りなく感じてしまうかも!
    口コミによると、乳幼児~小学校中学年までにおすすめの施設のようです◎

    遊び場には大人も一緒に入れるようになっているので、親子で一緒に遊ぶことができますよ。

    ハグハグの料金:①利用料金

    利用料金引用元:公式サイト
    利用料金

    ハグハグの利用料金は、子供と大人で分けられます。
    大人は1日一律700円ですが、子供は時間制となっており、延長料金が加算されていくシステムです。

    子供の場合、最初の30分間が600円です。
    以降15分毎に200円の延長料金がかかります。

    そのため、1時間滞在するとなると子供料金は1,000円になります。

    ちょっとお高く感じるかも。
    しかし、延長料金のかからないフリーパス他、お得な割引を後ほど紹介するのでご安心ください!

    ハグハグの料金:②【割引】フリーパス・セット券

    割引!フリーパス・セット券引用元:公式サイト
    割引!フリーパス・セット券

    家族でのおでかけだと、人数が増えてしまって入館料金の出費が大変です!
    少しでもお得に楽しめると嬉しいのが本音だと思います。

    そこで、お得なハグハグの割引について解説していきます♪

    ①平日フリーパス(1,400円)

    平日のみ、子供料金のフリーパスチケットが販売されています。
    通常は時間ごとに延長料金が発生するところ、何時間いても一律1,400円で楽しめる、とってもお得なチケットです!

    1時間半以上滞在するなら、絶対にフリーパスの方がお得です。
    フリーパスを目的に平日を狙っていく人も多いですよ!

    ②夕方親子パス(1組1,400円)

    平日・土日ともに使える割引チケットが、夕方親子パスです。
    15時以降の入館に利用できます。

    内容は、大人1名の入館料+子供1名のフリーパスがセットになったもの。

    閉館時間は17:30なので、最大2時間半遊べます◎
    本来なら2,800円はかかってしまうところが、1,400円で済みます。

    特に、土日に行くなら15時以降がおすすめです♪

    ③京王れーるランドセット券(1組2,400円)

    多摩動物公園駅の人気レジャー施設、京王れーるランドとの共通チケットも販売されています。

    ハグハグの平日フリーパス+京王れーるランドの入館料がセットになっています。
    子供1名(3歳以上)・大人1名の1組セットです。

    ハグハグ&京王れーるランドの共通チケットは、平日のみ12時までの販売です。

    京王れーるランドで販売されています。
    ハグハグでは購入できないのでご注意ください!

    ハグハグの入館方法:入館ICカードの発行・支払い

    入館ICカードの発行・支払い引用元:公式サイト
    入館ICカードの発行・支払い

    ハグハグの入館・支払いは少し変わっていて、入館ICカードを使って行います。
    入館から支払いまでの流れは以下の通りです。

    ①入館ICカードの発行

    まず、ハグハグの入口エントランスには券売機・自動改札機が設置されています。
    1人につき1枚の入館ICカードを券売機で購入します。

    入館ICカードの発行には400円を支払いますが、返却時にお金が戻ってきます◎

    入館ICカードに現金をチャージして使用します。
    クレジットカードは使用できないので注意しましょう!

    入り口エントランスにある自動改札機に、入館ICカードをタッチして入館します。
    この時、大人料金の700円・子供料金の600円(最初30分間)が支払われます。

    通常の料金形態以外、上記の割引などを利用される際には、入館ICカード発行時にスタッフに声を掛ければ対応してくれます。

    ②退館時に延長料金を精算

    退館する際も、自動改札機に入館ICカードをタッチして出てきます。
    この時、子供料金の、最初の30分以降の延長分が支払われます。

    入館ICカードの残高が不足していたら、都度、チャージをしましょう◎

    ハグハグは、一時退館もできます!
    一時退館から再入館までの間は、延長料金が発生しないので安心です♪

    ハグハグの遊び場:①木育スペース(乳幼児向け)

    木育スペース(乳幼児向け)引用元:公式サイト
    木育スペース(乳幼児向け)

    ここからは、ハグハグの遊び場について解説します♪

    まずは乳幼児向けの木育スペースです。

    多摩産のヒノキやスギといった木材が特徴!
    壁や床、おもちゃに至るまで木製にこだわり、木のぬくもりを感じられるようになっています。

    はいはいパーク(乳児向け)

    はいはいパークは、その名の通り、はいはいをする乳児向けの遊び場です。

    木のボールプールや積み木などがあります。
    まだ歩けない乳児でも、ゆっくり遊べるようになっていますよ♪

    きりかぶハウス(幼児向け)

    きりかぶハウスは、幼児向けの遊び場です。
    木製のおままごとグッズや、木のすべり台などがあります。

    ハグハグの遊び場:②体育スペース

    体育スペース引用元:公式サイト
    体育スペース

    続いては、身体を動かして遊べる体育スペースです。

    体育スペースには、一部の遊具が屋外にあります◎
    お日様のもとで元気に遊びたいという子供にも、おすすめですよ。

    もりのあそびば

    もりのあそびばは、屋内にある体育スペースです。
    巨大ボールプールや、大型遊具が設置されています。

    壁によじ登って遊べる、ボルダリングウォールが人気です♪

    ぼうけんのもり

    ぼうけんのもりは、屋外にある体育スペースです。
    ハグハグの施設で屋外で遊べるのはこの、ぼうけんのもりだけ◎

    ターザンロープや丸太の平均台などがあります。

    ハグハグの木

    ハグハグの木引用元:公式サイト
    ハグハグの木

    ハグハグの木は、ハグハグ名物となっている遊び場!
    日本最大級のネット遊具です。

    木の上が4階層のネットになっているんですよ♪
    飛んだり跳ねたり、ネット遊具そのもので遊ぶだけでも楽しいです。

    中には様々な遊具も用意されていますよ◎

    また、ハグハグの木の下は「もりのひろば」というイベントスペースも兼ねています。
    イベントがない日には、子供用自転車などの乗り物に乗って遊ぶことができます。

    ●ハグハグの木の注意事項

    ハグハグの木は、その他の遊び場と違っていくつかの注意事項が設けられています。
    事前に確認しておくようにしましょう◎

    ネットの上に乗ると思った以上に足の裏が痛いです。
    靴下の着用が必須なのですが、厚手の生地のものの方がおすすめですよ!

    ハグハグの遊び場:③知育スペース

    知育スペース引用元:公式サイト
    知育スペース

    続いては、頭を使って遊ぶ知育スペースです。
    ここに、保護者向けの休憩スペースもあります◎

    おひさまラボ

    おひさまラボは、ものづくり体験などのワークショップを開催する場所です。

    ワークショップがない時は、頭を使うおもちゃや楽器で遊ぶことができます♪
    打楽器や弦楽器など、子供がなかなか自由に触れない楽器があるので、楽しいと思いますよ!

    そらのひろば(休憩スペース)

    そらのひろばは、大人がひと息つける休憩スペースです☆
    おひさまラボの様子が見えるようになっているので、子供を遊ばせながら休憩するのもいいですね!

    ハグハグの遊び場:④ハグハグトレイン・ミニSL

    ハグハグトレイン・ミニSL引用元:公式サイト
    ハグハグトレイン・ミニSL

    ハグハグの館内では、ミニSLのハグハグトレインに乗車することができます。
    2階をぐるりと二周するようになっており、鉄橋やトンネルといった、SL気分を味わえるコースを進みます◎

    小学校低学年までの小さな子供にとっても人気ですよ!

    ハグハグの利用料金とは別に、1人300円の乗車料金がかかります。
    毎日10:00から15分おきに出発してるので、待ち時間はそれほどかかりません。

    ハグハグのグルメ:ハグハグカフェ

    ハグハグカフェ引用元:公式サイト
    ハグハグカフェ

    遊び疲れたら、館内2階にある「ハグハグカフェ」でお食事もできます!

    ハグハグカフェにいる時間は、子供の延長料金に加算されません。
    時間やお金を気にせず、ゆっくり休むことができますね◎

    ハグハグカフェは、カウンターで注文するセルフ式のレストランカフェです。

    テーブル席もたくさんありますし、小上がりスペース、テラス席もあります。

    パスタ・ごはんプレート・キッズメニューなど、お食事メニューが豊富です◎
    パンケーキやソフトクリームといったデザート類もあります。

    大人には嬉しいアルコールメニューもあるので、夜ごはんの利用もおすすめです♪

    ハグハグカフェ単体のみの利用もOK(入館料不要)なので、多摩動物公園のランチやディナーに立ち寄る人もいますよ。

    ハグハグへの行き方:アクセス・駐車場の料金

    アクセス・駐車場の料金引用元:公式サイト
    アクセス・駐車場の料金

    ハグハグは、京王線 多摩動物公園駅を降りて駅のすぐ目の前にあります。
    駅近なのでアクセスは楽チンです◎

    車でアクセスした場合には、ハグハグの隣にある第1駐車場、もしくは道路を挟んで向かい側の第4駐車場が利用できます。

    ハグハグの利用者は、駐車場の料金が割引になるサービスを使えます♪
    割引についてはどちらも同じ内容です。

    まとめ

    いかがでしたか?
    多摩動物公園駅のすぐそばにある屋内型子供向け施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」をご紹介しました!

    コンセプト通り、木のぬくもりを十分に感じられる遊び場になっていました。

    乳幼児から小学校中学年くらいの子供がいる家族には、1日中楽しく遊べるスポットだと思います♪
    その際は、ぜひ本記事で紹介した割引料金の平日フリーパスなどを利用してみてくださいね!

    【必見】京王あそびの森ハグハグとは?料金・割引フリーパス!日本最大級のネット遊具ハグハグの木が大人気! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    しーちゃん

    しーちゃん

    生まれも育ちも千葉県!ディズニー大好きなしーちゃんです。パークはもちろん、キャラクター、映画がだいすき❤︎可愛い&楽しいは正義❤︎

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      みかなつ

    2. 【体験談】チームラボプラネッツ豊洲!チケット・お台場との違い・混雑予想・服装の注意点まとめなど完全攻略

      【体験談】チームラボプラネッツ豊洲!チケット・お台場との違い・混雑予想・服装の注意点まとめなど完全攻略

      みかなつ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集