【2023】ディズニーで自撮り棒(セルカ棒)は禁止?最新の使用ルールまとめ!

    • ぴょこ

      ぴょこ

    ディズニーで自撮り棒(セルカ棒)は禁止されているのでしょうか?以前はパーク内での自撮り棒(セルカ棒)の使用が全面禁止されていましたが、2023年現在は、一部使用制限があるものの、ディズニーのパーク内で自撮り棒(セルカ棒)を使えるんです♪今回は、ディズニーでの自撮り棒(セルカ棒)使用ルールをまとめました。

    こんにちは、ディズニー大好き、ワーママのぴょこです。

    今回は、撮影の強い味方である自撮り棒(セルカ棒)のディズニーでの使用ルールをご紹介します。
    以前はパーク内での自撮り棒(セルカ棒)の使用は全面禁止されていましたが、2023年現在は、一部使用制限があるものの、ディズニーのパーク内で自撮り棒(セルカ棒)を使えるんですよ♪

    自撮り棒(セルカ棒)とは

    自撮り棒(セルカ棒)とは?
    自撮り棒(セルカ棒)とは?

    自撮り棒とは、スマートフォンやカメラを先端に取り付けて撮影できる機材のことです。
    自撮り棒の手元にあるボタンやリモコンでシャッターを押せるようになっており、自撮りするのに非常に便利なアイテムとなっています。
    自撮り棒は、セルフィースティックやセルカ棒とも呼ばれていますよ♪

    手を伸ばして自撮りすると、どうしても撮影したい全員がうまく入らなかったり、見切れてしまったり、背景が映らなかったりなど様々な問題が起きがち…。
    しかし、自撮り棒なら、そういった問題を解決できるということで、若者の間で人気が出ました。

    東京ディズニーリゾートでも自撮り棒を使用できますが、持ち込みや利用方法について独自のルールがあります。

    ディズニー自撮り棒(セルカ棒)の使用ルール

    最新のディズニーの自撮り棒使用ルールとは?
    最新のディズニーの自撮り棒使用ルールとは?

    東京ディズニーリゾート公式サイトによると、ディズニーでの自撮り棒(セルカ棒)の使用ルールは、次のようになっています。

    少し難解な言い回しになっているので、自撮り棒(セルカ棒)の持ち込みと使用のルールの内容を整理していきます。

    使用ルール①:小さくたたんで片手に収まるサイズであること

    まず、ディズニーのパーク内で使用できる自撮り棒(セルカ棒)は、小さくたたんだ際に片手に収まるハンドサイズである必要があります!
    小さくたためない自撮り棒(セルカ棒)や、たたんでも片手サイズに収まらない大きさの自撮り棒(セルカ棒)は、ディズニーでは使用禁止です。

    片手で収まるサイズというと判断が難しいですが、ハンドグリップと呼ばれるサイズのものであれば、ディズニーで使用可能だそうです。

    使用ルール②:自撮り棒を伸ばした状態では使用できない

    次に撮影時のルールですが、自撮り棒(セルカ棒)を伸ばした状態で使用することは禁止です。
    小さくたたんだまま使用することのみ認められています。

    使用ルール③:撮影時は自撮り棒が頭の高さを越えないようにする

    撮影の際は、自撮り棒(セルカ棒)が頭の高さを越えないようにしましょう。
    自撮り棒(セルカ棒)を片手で持っている場合でも、上に高く手を伸ばし、頭の高さを越えた位置から撮影するのは禁止されています。
    周囲の人の迷惑にならないように撮影しましょう♪

    以前は自撮り棒(セルカ棒)での撮影は全面禁止だった!

    以前前は自撮り棒(セルカ棒)での撮影は禁止!
    以前前は自撮り棒(セルカ棒)での撮影は禁止!

    以前、ディズニーでは、自撮り棒(セルカ棒)を使用しての撮影は全面的に禁止されていました。

    建物や風景だけでなく、パレードやショー、キャラクターグリーティングなど、ありとあらゆる場所が撮影スポットである東京ディズニーリゾートは撮影の宝庫です。
    しかし、東京ディズニーリゾートではゲストの安全面を考慮して自撮り棒(セルカ棒)の使用を禁止していました。

    自撮り棒が普及し始めた時に人の顔や頭にぶつかったりして怪我をするという事故が多発したことが背景にあるとされています。

    ディズニーは、小さな子どものゲストも多く訪れる場所ですから、思いがけず自撮り棒(セルカ棒)が当たって怪我をさせてしまう可能性もありますよね。

    ディズニーで自撮り棒(セルカ棒)を使わずに撮影を楽しむ方法

    自撮り棒を使わずに撮影を楽しむ方法
    自撮り棒を使わずに撮影を楽しむ方法

    ディズニーで制限がありつつも使用可能となった自撮り棒(セルカ棒)ですが、「制限があるなら自撮り棒を使わずに楽しみたい」と思われる方もいるのではないでしょうか。
    そんな方におすすめなのが、キャストや周りのゲストに写真撮影を頼む方法です。

    ディズニーのパーク内には、パークのことを知り尽くしたキャストの方や、ディズニー好きなゲストの方が多くいます!
    楽しい時間を共有する人たち同士で「ありがとう」という言葉が飛び交う写真撮影は素敵な時間になること間違いなし♡

    特に撮影スポット付近には、撮影を補助してくれるカメラキャストの方がいる場合が多いので、是非声をかけてみましょう。
    キャストさんならではのおすすめフォトスポットを紹介してくれるかもしれません!

    まとめ

    いかがでしたか?

    東京ディズニーリゾートの自撮り棒(セルカ棒)の使用ルールについてご紹介しました。
    自撮り棒(セルカ棒)が使えるようになって便利だなと思う反面、使用に危険が伴う機材なので、使用の際は東京ディズニーリゾートのルールに沿って使用してくださいね♪

    【2023】ディズニーで自撮り棒(セルカ棒)は禁止?最新の使用ルールまとめ!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ぴょこ

    ぴょこ

    はじめまして、ディズニーが大好きなぴょこです。
    一人娘と毎日ジャンボリーミッキーを踊っているワーママです♡
    楽しく面白く、ディズニーの魅力をお伝えしていけるような記事を書いていけるようにがんばっていきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    3. 【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    4. 2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      まるこさん

    5. 【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集