検索

    ディズニーにはおしゃれをしていく?動きやすい服装で行く?

    • 二ノ瀬

      二ノ瀬

    東京ディズニーランド・東京ディズニーシーをめいいっぱい楽しむには、動きやすい服装で行くのが大事!でもせっかくのディズニーでおしゃれしたい!そんな方へ向けたポイントと注意点を解説します。

    ディズニーにはおしゃれをしていく?動きやすい服装で行く?

    こんにちは!ディズニーマニアの二ノ瀬です。
    東京ディズニーランド・東京ディズニーシーへ行くとき、服装に悩む方は多いのではないでしょうか?
    丸一日いるとなると、平均で10㎞は歩くことになりますから、できるだけ動きやすい服装でのぞみたいもの。

    しかし、オシャレに敏感な方の中には、せっかくのディズニーでカジュアルすぎる服装はいやだ、と考える方もいるかもしれませんね。

    大事な恋人とのデートでも、歩きやすさを重視した服装よりも、素敵なファッションにチャレンジしたくなるもかも。

    東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは動きやすい服装をしたゲストが90%以上にのぼります。
    高いヒールを履いている方は、街中に比べると少ない印象を受けるでしょう。

    今回は、どうしてもオシャレがしたい!という方に向けたポイントや注意点をご紹介

    東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの地面は意外と凸凹しています。
    歩きなれていない靴や、ヒールがひっかかり転んでしまう可能性は否めません。

    というのも、パークのある土地は埋め立て地だからです。
    3.11の大震災では液状化現象により、パークの地面が半壊してしまうほどでした。
    何回か補修を繰り返していくうち、凸凹の多い地面になってしまいました。

    大雨の中パークで遊んだことのある方は、水たまりが意外とたくさんあることを知っているはず。
    パークの地面はつるつるしているので、とても滑りやすい!
    悪天候の場合は、歩きやすい靴や長靴を選択するべきでしょう

    パークで販売している服でコーディネートしてみては?

    パークでもオシャレファッションが手に入る!
    パークでもオシャレファッションが手に入る!

    東京ディズニーランドではワールドバザールにある「タウンセンターファッション」、東京ディズニーシーではメディテレーニアンハーバーの「フィガロズ・クロージアー」に、ファッションアイテムが販売されています。

    オシャレをするなら、ディズニー感マックスのコーディネートを楽しんでみては?
    パークでは被り物だけでなく、靴から上着まですべてそろいます。

    大人向けのアイテムなら、キャラクターモチーフがワンポイントに入ったさりげないグッズもたくさんありますよ!
    開園と同時にショップへ行けば比較的すいていますし、試着室にも入りやすいのでオススメです。

    着替えた服はコインロッカーに預けるとよいでしょう♪
    服なら最小のコインロッカーで十分ですから、費用はさほどかかりません。

    ディズニーランドのコインロッカー

    オシャレ優先で動きやすい服装をするなら、前もって慣れておく

    見た目を重視する!ならあらかじめ…
    見た目を重視する!ならあらかじめ…

    ヒールに慣れている方は、ペタンコ靴よりもヒールのほうが歩きやすい、というケースがありますよね。

    しかし、さほどヒールに慣れていない方は、動きにくい服装をはじめておろすのは避けましょう
    前日に同じファッションをしてみて、パークでも大丈夫そうかどうか試してみることをおすすめします。

    パークにはベンチが多数用意されていますから、こまめに休憩をとりましょう。
    何度か座るだけで、体の負担はずいぶん軽減されますよ。

    潮風が吹き紫外線が強いパーク内。大事なものやブランド品は避けて。

    夜でも紫外線は無視できない
    夜でも紫外線は無視できない

    パークは海に面したエリアにあります。
    潮風の威力は、パークの植物に塩をつけてしまう時もあるくらい!
    服の繊維にとっては大ダメージです

    また、屋外が基本のパークでは紫外線も強力な敵に
    長く使いたいアイテムや、高級品はパークに持っていかないほうがいいですね。

    潮風と紫外線をもろにうける肌もダメージが!
    オシャレに生きる方なら、パークから帰宅したあとのお肌ケアは一層気を付けてくださいね。

    夏はすぐに乾く素材で。濡れて困る革素材などは避けて。

    要注意だぞ!とドナルドが申しております
    要注意だぞ!とドナルドが申しております

    びしょぬれになるエンターテイメントショーや、アトラクションは夏のパークでの楽しみ♪

    しかし、ディズニーだからとなめてはいけません。
    本当に下着まで濡れます!
    夏のライブやフェスよりもずぶ濡れになると考えたほうがよいでしょう

    濡れて困る素材があるなら、夏のパークで濡れるのをさけながら遊びましょう♪

    怪我をしてしまったら、救護室へ

    覚えておくだけでも心の余裕が全然違う
    覚えておくだけでも心の余裕が全然違う

    ディズニーシー、ディズニーランドともに救護室とよばれる施設がもうけられています
    ゲストの怪我や体調不良に対応できる、いわば保健室のようなもの。

    いるのはナースキャストのみなので、本格的な医療行為はできませんが、怪我程度であればすぐに対応してくれますよ。
    もしものときは救護室、とおぼえておくだけで安心して遊べるはず!
    参考:ディズニーで体調が悪くなったら?もしもに備えて知るべき事

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    ディズニーでのとっておきの時間を、素敵なコーディネイトで過ごすには、前もって準備しておくのが安心ですね。
    大事なお肌とお気に入りのアイテムをしっかりガードしながら、ディズニーだからできる楽しいオシャレでパークを満喫しましょう♪

    ディズニーにはおしゃれをしていく?動きやすい服装で行く? キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    二ノ瀬

    二ノ瀬

    東京ディズニーリゾートの近くで生まれ、現在は都内在住。舞浜での趣味はお酒を飲むこと。 成人してもなお、ホーンテッドマンションに本気で怯えることができる。 ディズニーリゾートはもちろん、ディズニーの映画作品も愛しているが、とくに好きなのは『眠れる森の美女』。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    3. 【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      Tomo

    4. 【11/18更新】2019冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【11/18更新】2019冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    5. 【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集