検索

    【2019】葛西臨海水族園徹底ガイド!チケット・営業時間・エリア・飼育動物・周辺のランチまとめ

    • Ikuma

      Ikuma

    葛西臨海水族園についてご紹介します!チケット料金や営業時間の他にも、水族園内のエリア解説、飼育されている魚や動物たちまでまとめました☆ランチにおすすめの周辺レストランなども要チェックですよ♪デートにもおすすめの葛西臨海水族園についてチェックしていきましょう♡

    【2019】葛西臨海水族園徹底ガイド!チケット・営業時間・エリア・飼育動物・周辺のランチまとめ

    皆さん、こんにちは!最近、確定申告も終わって、ようやく一息付けられそうになってきたIkumaです。

    今回ご紹介するのは、葛西臨海水族園。
    葛西臨海公園の中にある水族園であり、週末には多くの人々が一緒に葛西臨海水族園を訪れています。

    公園からは広大な東京湾を見通せたり、木や花などを楽しめたりなど、自然を堪能できる施設となっています。
    水族館が作られる場所としては、なかなか良い場所だと思いますよ!

    そこで、葛西臨海水族園について徹底解説します!

    葛西臨海水族園:概要

    葛西臨海水族園ではガイドツアーも人気です引用元:公式サイト
    葛西臨海水族園ではガイドツアーも人気です

    初めに葛西臨海水族園全体の概要をご紹介します。

    チケット・年間パスポート

    葛西臨海水族園のチケット
    葛西臨海水族園のチケット

    葛西臨海水族園のチケットは、年齢別に3つの料金が設定されています。

    ・一般
    ・65歳以上
    ・中学生

    小学生までなら、無料で水族園に入場できるようになっていますよ。

    そして、個人の他、20名以上の団体で利用する場合、割引のサービスを受けられます。
    金額は個人で購入する場合より20%割引になるので、大人数で利用する場合は利用してみてくださいね。

    さらに葛西臨海水族園では、年間パスポートの販売も行っています。
    大人の方以上を対象に販売しており、4回以上利用する場合には、この年間パスポートを購入した方が安くなってくれます良いでしょう。

    子供が水族館好きのご家庭なら、ご両親のどちらかだけでも年パスを持っていた方がいいかもしれません。

    営業時間

    葛西臨海水族園の営業時間は、9時30分から17時までとなっています。

    閉館時間は、季節に応じて遅くなる場合があります。
    例えばGWの前後だと閉館時間は18時まで延びたり、お盆休みの時間だと20時まで延びたりします。

    ちなみに基本的に水曜日は休館日になっています。
    うっかり遊びに行ってしまわないように気をつけましょう。

    葛西臨海水族園:ペンギン

    葛西臨海水族園のペンギン達引用元:公式サイト
    葛西臨海水族園のペンギン達

    葛西臨海水族園の動物の中で、特に人気のある動物がペンギンです。
    キュートで愛らしい姿には、みんなが癒されてしまいます。

    ペンギンの生態

    ペンギンは主に南半球に住む動物です。
    鳥類の仲間ですが、飛ぶことができない代わりに泳ぐことが上手く、水中で魚などを捕獲します。

    世界のペンギンの総種類は16種類もいるそうです。
    葛西臨海水族園内では、その内4種類の ペンギンを見ることができあます。

    水族園内でペンギンを飼育している水槽は、水族園一階の奥にある「ペンギンの生態」というエリアになります。
    写真を撮影するにもいいスポットなので、ぜひペンギン達の姿を追いながら、撮影をしてみてください。

    フンボルトペンギン

    フンボルトペンギン引用元:公式サイト
    フンボルトペンギン

    初めに紹介するのがフンボルトペンギンです、
    日本で見られるペンギンの中で、最も様々な所で飼育されています。

    フンボルトペンギンは元々チリ北部や南米などで過ごしていたそうです。
    そのため、日本と比較的気温などが近く、安定して繁殖などはできるのです。

    それは葛西臨海水族園にとっても同じで、多くのフンボルトペンギンが飼育されています。
    大量のペンギンが泳ぐ姿を楽しんでくださいね♪

    オウサマペンギン

    オウサマペンギン引用元:公式サイト
    オウサマペンギン

    サウスジョージア島など南極近くの諸島に生息しているのが「オウサマペンギン」という種類のペンギンです。
    皇帝ペンギンに次ぐ大きさを持っており、非常に大きなサイズになっています。

    他のペンギンと並ぶと、その巨体がよくわかります。
    ぜひ見比べてみてください。

    ただし暑さに弱いペンギンとなっているので、5月~10月の間は、専用の飼育小屋に入っています。
    オウサマペンギンを観察したい人はGWまでに利用するようにしましょうね!

    イワトビペンギン

    イワトビペンギン引用元:公式サイト
    イワトビペンギン

    イワトビペンギンも南極近くの島々に住むペンギンです。

    とにかくカッコいいのがその顔。
    キリリと整った眉毛がとても璃々しいですね!

    しかしこのイワトビペンギンも出身が南極近くということで暑さに弱い種類です。
    そのため、3月~10月は、バックスペースで飼育されてしまい、観察できません。

    イワトビペンギンが見たい人10月以降に行くようにしましょう。

    フェアリーペンギン

    フェアリーペンギン引用元:公式サイト
    フェアリーペンギン

    オーストラリア南部やニュージーランドなどに生息しているのが、フェアリーペンギンです。
    こちらは他のペンギンよりちょっと小さいサイズになっています。

    そしてサイズもあってか、フェアリーペンギンは他のペンギンと異なる檻に入れられています。
    他のペンギンと一緒にいる所を撮れないのは残念ですが、フェアリーペンギンをじっくり見たい時には最適ですね!

    葛西臨海水族園:エリア紹介

    葛西臨海水族園では様々なエリアがあります。
    ここではそれらのエリアについてご紹介しましょう。

    ガラスドーム

    ガラスドーム引用元:公式サイト
    ガラスドーム

    西臨海水族園に入場した直後、すぐに現れるのがガラスドームです。
    こちらは葛西臨海水族園の全体の建物になっています。

    ドーム状のガラスで作られており、天気がいい時には透き通るような美しさが強調され、とっても素敵です。
    ぜひ葛西臨海水族園の全体写真として収めてみるのもおすすめですよ!

    アクアシアター

    アクアシアター引用元:公式サイト
    アクアシアター

    アクアシアターはガラスドームの中にあるドーナッツ型の大水槽になっています。
    その貯水量は2,200Lと、他の水槽では到底及ばない大きさを誇っています!

    ここを泳ぐのは海の中でも魚の最大クラスの生物である「クロマグロ」。
    彼らが迫力のある巨大な姿を揺らして、泳いでいく姿をじっくり観察できます。

    海鳥の生態

    海鳥の生態エリアは、海を生活の拠点にしている動物を集めたエリアです。
    水中を飛ぶように潜る姿をご覧くださいませ。

    水辺の自然エリア

    水辺の自然のエリア引用元:公式サイト
    水辺の自然のエリア

    「水辺の自然のエリア」は東京に自然が多かったころの状況を再現した場所。
    ここでは水辺の辺りで溢れている魚たちを観察できます。

    特に池の沼エリアでは、泥の中の様子を見る魚たちの姿を見たりできます。
    ぜひ一度ご覧になってみて下さい!

    タッチンフィーリン

    タッチンフィーリン引用元:公式サイト
    タッチンフィーリン

    葛西臨海水族園にある「タッチンフィーリン」。
    ここではスタッフと一緒にサメや英などをじっくり観察できる場所となっています

    参加したい時には整理券が必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう!

    葛西臨海水族園:生物

    クロマグロ引用元:公式サイト
    クロマグロ

    さて、それでは葛西臨海水族園で飼育されている生物について解説したいと思います、

    クロマグロ

    先ほども話題に上がった、巨大な魚・クロマグロです。
    成長すると全長3m、体重は400kgを超える大きさになります。

    クロマグロは早く泳ぐことで、エラ呼吸をしながら水を通して呼吸をしています。
    そのため、階層内では泳ぎ続けていますよ!

    葛西臨海水族園では、1999年から水槽内で産卵も確認されています。

    アカシュモクザメ

    アカシュモクザメ引用元:公式サイト
    アカシュモクザメ

    アカシュモクザメは仏教で使われるカナヅチのような形をしたサメです。
    独特な形の頭がとっても特徴的ですね。

    この頭ははっきりとした理由があるわけではないそうですが、水中を泳ぐ時、舵の役目を果たす、ということや、餌を探すのに役立ったりするそうです。
    また目と鼻の穴は平たい頭の端にあります」。

    捕食するのは魚類。
    エビやカニなどを食べるそうです。

    エトピリカ

    エトピリカ引用元:公式サイト
    エトピリカ

    エトピリカとはアイヌの方言で「美しいくちばし」という意味を持つ言葉です。
    その名前のように、夏になると目に上に金色の羽が生え、嘴には明るい色の嘴が現れます。

    夏の繁殖期には、崖の上の草地に集まり、穴を掘って巣を作ります。
    1回に1個の卵しか産まないのも貴重な鳥になる理由です。

    葛西臨海水族園:ランチ

    葛西臨海水族園のランチ
    葛西臨海水族園のランチ

    葛西臨海水族園をまわった後には、やはりお腹も空いてくるでしょう。
    ここで葛西臨海水族園のランチができる所を紹介します。

    シーウィンド

    葛西臨海水族園内のレストランにあるのが「シーウィンド」。
    セルフサービス式のカウンターになっており、ホール内で280席、周辺屋外で150席のキャパを持った大型のレストランとなっています。

    このシーウィンドでのおすすめメニューとなっているのが「マグロカツカレー」。
    水族園でも展示されているマグロを使った料理で、美味しく食べられるようになっています。

    営業時間は10時10分~17時になっています。
    最終注文時間は16時30分です。

    クリスタルビュー

    クリスタルビュー隣の屋台
    クリスタルビュー隣の屋台

    クリスタルビューは、東京湾に面した休憩室。
    無料で入場できるようになっており、こちらでお昼を持ち込んで食事ができます。

    クリスタルビューの隣にはケバブやタコライスといった商品の屋台があります。
    屋台で食べ物を購入したら、クリスタルビューに持って行ってみてはいかがでしょうか?

    クリスタルビューの上では、素晴らしい眺めが楽しめるので、とっても楽しいランチなること間違いなしですよ!

    レストラン ブルーマリン

    レストラン ブルーマリン
    レストラン ブルーマリン

    「レストラン ブルーマリン」があるのは、葛西臨海公園の駅側にあります。
    全ての席を合わせると、室内120席・屋外40席の計160席に広がります。

    ここではオムライスや鮭やイクラの親子丼などを販売しています。
    どれも美味しいそうですよ!

    営業時間は10時~17時です。
    最終注文時間は1時間前の16時となっているので、気を付けるようにしましょう。

    レストラン SEA SIDE

    「レストラン SEA SIDE」は葛西臨海公園内のホテル「ホテルシーサイド江戸川」内にあるレストランです。
    ホテル内にあるだけに園内レストランに比べて高価なレストランにとなっています。

    葛西臨海水族園:アクセス

    葛西臨海公園駅
    葛西臨海公園駅

    葛西臨海水族園へのアクセス方法をご紹介します。

    電車

    葛西臨海公園駅の改札
    葛西臨海公園駅の改札

    まず一番使いやすいのは、葛西臨海公園の正面にある葛西臨海公園駅を利用することです。
    電車の使われている本数も多く、非常に利用しやすいアクセス方法となっています。

    例えば東京駅からアクセスする場合は、そのままJRの京葉線を使用しましょう。
    一本で行けるようになっています。

    その他、地下鉄東西線の葛西駅で下車、バスを使用、という方法もあります。
    西東京方面から葛西臨海水族園利用する場合、便利な経路となっていますよ。

    葛西臨海公園の第1駐車場
    葛西臨海公園の第1駐車場

    車を使ってアクセスする方法もあります。
    すぐに停められる駐車場といえるのは、葛西臨海公園の駐車場でしょう。

    収容台数も多く、花見などの機会でなければ、ほとんどの場合、スムーズに駐車場への停車が可能です。

    ▼葛西臨海公園の駐車場まとめ
    【葛西臨海公園の駐車場】料金&場所は?公園内公式駐車場・周辺駐車場まとめ!

    まとめ

    以上、葛西臨海水族園のまとめでした!
    特にペンギンの大群と、マグロの水槽は大きな人気になっています!

    東京の方なら、一度行ってみてくださいませ♪

    ▼葛西臨海公園の観覧車まとめ
    【葛西臨海公園の観覧車】チケット・割引・風景まとめ!富士山・東京タワー・スカイツリーが見える観覧車!

    ▼葛西臨海公園のバーベキュー
    【2019】葛西臨海公園のバーベキュー情報!利用時間・予約方法・メニュー・持ち物・周辺情報まとめ!

    【2019】葛西臨海水族園徹底ガイド!チケット・営業時間・エリア・飼育動物・周辺のランチまとめ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Ikuma

    Ikuma

    エンタメ系ライターとして東京で活動しています。出没地帯はレゴランドから上野動物園まで様々。好きなディズニー映画は「ズートピア」で、その他にはマーベル映画などもよく見てます。わかりやすくて面白い記事を書けるように頑張ります!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      みかなつ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集