検索

    ディズニーで買えるトミカ!キャラクター・イベントモチーフ&収納アイデア

    • 野良

      野良

    ディズニートミカとその収納アイデアをご紹介!みなさんは、ディズニーのミニカーがあることを知っていますか?コレクターも多いディズニートミカは、キャラクターを車にしたものから、実際にディズニーにある車が小さくなったものまで種類は様々。その一部と、コレクターたちの収納風景をご紹介。

    ディズニーで買えるトミカ!キャラクター・イベントモチーフ&収納アイデア

    こんにちは!キャラクターのモチーフが大好きな野良です。

    パークのフードなど、キャラクターそのものより、「彼らをどうイメージして商品が作られたか?」といういわゆる「モチーフ好き」は結構多いんです。
    今日はそんな「モチーフ好き」さんたちにおすすめしたい「ディズニートミカ」の魅力をご紹介します。

    ディズニートミカとは

    見ているだけでコレクター冥利に尽きる!

    まずは、そもそもディズニートミカとは何なのかからご説明をしていきましょう。

    ★トミカとは

    そもそも『トミカ』とは、タカラトミーが販売する自動車のミニチュアのおもちゃ。
    1970年に「日本の子どもたちに国産車のミニカーを届けたい」という想いから販売を開始し、今日まで親しまれています。

    40周年となる2010年には、累計販売台数5億3800万台を突破。
    子供だけでなく、幅広い層に愛されるおもちゃです。

    なんと、2017年現在では常に140種類をラインナップし、毎月第3土曜日に新車を発売して入れ替えを行っているそうです。
    メーカーの強いこだわりを感じますね。

    常時新しい車種が出るというのも、コレクター魂を刺激します。

    そんなトミカシリーズ、実在する国産車だけでなく、色々な作品とコラボしているんです。
    スヌーピーやハローキティ、ミニオン、きかんしゃトーマス…

    様々な作品の世界観を見事にミニカーにした商品には、それはもうファンも大喜び!

    ★DISNEY MOTORSとは

    そんなシリーズのうちのひとつが「DISNEY MOTORS」。
    クルマが大好きなミッキーが、自分でも乗りたくなるような車を作るために設立した自動車会社です。

    キャッチコピーは「Spark Your curiosity」。
    「はしりだす好奇心」という意味です。

    ミニーやグーフィーなど、おなじみのキャラクターたちと一緒に彼らが作り出す自動車こそ、「ディズニートミカ」と呼ばれるディズニーモチーフの車なのです!

    参考:ディズニーモータース公式サイト

    ディズニートミカの車の種類:キャラクターモチーフ編

    こんなにたくさん!

    では、実際にディズニートミカを見ていきましょう。
    まずはキャラクターをモチーフとした車からご紹介しますよ。

    ★プーさん・チップとデール・トイストーリー

    並べるとよりかわいい♡

    一番左をのぞいて、右からプーさん、チップ、デール、リトルグリーンメン、バズ、ジェシー、ウッディと、キャラクターをモチーフにした車が並んでいますね。
    色づかいだけでなく、車そのもののフォルムなどのイメージがキャラクターにピッタリ!

    プーさんのトミカは、上にハチが乗っているのが分かりますか?

    こだわりはそれだけじゃありません。
    この写真だけでは見ることができませんが、背面にはプーさんのお尻のように破れたところを縫い直した痕跡があるんです。

    ハチミツツボのモチーフもしっかりプリントされてあり、この一台でプーの世界観をぎゅっと濃縮した仕上がりになっています。

    実は、タイヤもハチミツをイメージしたような半透明。
    ここまでこだわっていて、お値段はなんと800円(税抜)。

    上の画像のように、自分が好きなキャラクターのトミカを集めると、見返すたびに発見がありそうです。

    ★プーさん・ミッキー・ミニー

    ディズニートミカ

    こちらはクラシックな雰囲気のミッキーとミニーのトミカ。
    先ほどとは違うタイプのプーさんの車もありますね。
    タンクローリーでしょうか。

    タンク部分がハチミツツボになっているのがいかにもプーさんらしいですね。

    ミッキーにはいくつか代表的な衣装がありますが、こちらのトミカのモチーフは燕尾服。
    黄色いリボンや燕尾部分など、細かく再現してあります。

    ナンバープレートの「1928」とは、デビュー作「蒸気船ウィリー」で登場したスクリーンデビューの年。
    つまり、ミッキーの誕生日なんですね。

    随所にそっとモチーフを入れ込むところが小憎い演出です。

    ★スティッチとマイク

    箱と一緒に撮ると素敵ですね

    映画「モンスターズ・インク」に登場するマイクと、「リロ&スティッチ」のスティッチをモチーフにしたトミカです。
    スティッチの特徴的な耳がしっかりミラーの形に反映されていますね!

    マイクのトミカは、なんと映画で登場するエネルギーボトルをたくさん積載しています。

    会社の社員であるマイクの車は、やはり会社のために働く車なんですね!
    マイクの丸いからだのフォルムや彼の小さなツノもしっかり再現されています。

    ★コレクターたちの集め方

    キャラクターモチーフのトミカには、次のような集める方があるようです。

    上記でもプーさんの表現が2種類出てきましたが、同じキャラクターの違うトミカだと、それぞれモチーフの表現が変わっておもしろいですよね。
    作り手の作品愛が感じられる商品には自然と手が伸びますよね。

    ディズニートミカの種類:イベント編

    みんな大好き、パークのイベント!

    さて、今度ご紹介するディズニートミカは、期間限定で発売されるパークのイベントにちなんだトミカです。
    イベントのモチーフや季節感などがぎゅっとつめこまれたデザインになっていますよ!

    ★2017年クリスマスイベント①

    白い車体に細かく描かれた模様が素敵。

    こちらは2017年の「クリスマス・ウィッシュ」のモチーフのトミカです。
    細かい装飾が美しく、ルーフ部分にはミッキーとミニーのイラストもあります。

    クラシックなイメージのフォルムと、白と金とでクリスマスを連想させる色づかいが素敵ですね!

    ★2017年クリスマスイベント②

    2017年のクリスマスイベントの限定トミカ

    こちらも同じく2017年のクリスマスイベントの限定トミカ。
    先ほどのものが白と金でエレガントだったのに比べ、こちらはクリスマスらしい赤と緑の組み合わせがポップですね!

    ルーフにはミッキーの姿が♡

    ★2017年ディズニー・ハロウィーン

    この色づかい、まさしくハロウィン!

    こちらは2017年のディズニー・ハロウィーンをモチーフとしたトミカ。
    この色味で、「ハロウィーン・ポップンライブ」のミッキーを思い出す方もいるのではないでしょうか?

    トラックの荷台部分は実際に開くようになっています。
    コンテナの上にはさりげなくコウモリのシルエットが。

    ドアのところにカボチャのイラストと「2017」と印字してあり、イベントの種類と年が一目でわかるのがコレクターには嬉しいですね。

    ★コレクターたちの集め方

    イベントモチーフのトミカには、次のような集める方があるようです。

    今までのイベントのトミカを見返すと、自然とその年のイベントが思い出せそうですね!

    ディズニートミカの収納方法

    たとえばこんな棚に入れてみるとか…

    「ディズニートミカの魅力にハマってしまい、集め出したは良いけれど、その後の収納は一体どうすれば…。」
    と悩むそこのアナタ。

    コレクターの悩みはいつだって、増え続けるコレクションの「収納」。
    でも、収納スペースさえうまく確保すれば、今後どんどんグッズを買っても平気になります。

    コツは「見せる収納」をすること。

    ディズニートミカの場合、多くのコレクターはその精巧なデザインを愛でるために買っているわけです。

    だったら、見ないと!愛でないと!
    というわけで、素敵な展示方法を実践している方をご紹介します。

    ①百均で飾り棚を作製する

    トミカだけでなく、ディズニーの思い出も一緒に飾れますね

    棚にディズニートミカの見せる収納を作った方です。
    材料はセリアでそろえることができるそう。
    サイズ感もぴったりですね!

    ナチュラルな雰囲気を損なわず収納したい人におすすめです。
    この雰囲気だと、クラシックカーや「カーズ」「くまのプーさん」などの作品がしっくりきそうですね!

    このケース、大きさがトミカにぴったりなので、他にもコレクションケースとして使っている方が多いそう。
    100円ショップで買えるというのも、トミカの数が増えたときに気軽に買い足せて良いですね。

    ★持ち歩きにも便利!ケースに入れてしまう収納

    カーズのトミカが見やすい!

    こちらの方は、100均の仕切り板を活用されています。

    プラスチックのケースに入れてあるので、持ち歩きもラクラク。
    整然と並んでいるので見ていても気持ちいい!
    特に、お子様が遊ぶご家庭で重宝しそうな収納方法です。

    ケースを透明なものにすれば、コレクションとして鑑賞するのもホコリがつかなくて◎

    ★透明なコレクションケース

    360度から眺められる透明ケースはコレクター垂涎の品。

    ガラスも素敵ですが、重いし割れるのが怖いという方は、安価で丈夫なアクリルがおすすめ。
    どの角度からもコレクションを眺めることができ、宙に浮いているようなビジュアルもインテリアとして見栄えします。

    最近は百円ショップでもアクリルのボックスがあるので、サイズさえ合えばそれを積んでも良いかもしれませんね。

    ★車は駐車場へ!なんとトミカのパーキングを自作

    警察車両までお行儀よく駐車しています

    こちらの方はディズニートミカのパーキングを自作しています。
    ただ並べて飾るだけでなく、遊び心を持った収納はより素敵ですね!

    ちょうどディズニーランドのパーキングに立体駐車場が新設されるというニュースがあったばかりですが、おうちにもトミカたちの立体駐車場を作ってみるのはいかがでしょうか?

    【最新情報】ディズニーランドに顔認証システム導入!チケット自動販売機と立体駐車場も新設!

    ディズニートミカがたくさん収納された駐車場、きっとかわいいでしょうね。

    こちらの方は段ボールで作成されていますが、材料を変えれば十分インテリアとして満足できるものができあがります。
    木を使えばナチュラルな印象に、ステンレスなど金属板を使えば近未来的な印象に。

    お部屋のテーマの色があるならその色を使えばインテリアにマッチします。

    また、トミカの色がうるさすぎるという人は、コレクションケースを全て白で統一すれば比較的あっさりとした印象に仕上げることができます。

    ★ディズニーモータースグランドドリームキャリー

    「そこまでディズニートミカの数はないよ!」という方は、この商品をぜひ。

    目には目を、歯には歯を!
    ディズニートミカにはディズニートミカを!

    グランドドリームキャリーは、ディズニーモータースを8台運ぶことができる、大型のトミカです。
    車の中に車を入れて鑑賞できるというすぐれもの。

    これ自体もディズニーモータースの商品でかわいいですし、見た目がごちゃつきがちなトミカをすっきりおさめることができるので、インテリアとしても優秀です。

    キャリアカーの形をしており、実際にコンテナを下ろせるので、子供の遊び道具にもなります。
    ミッキーの形以外にも、デザイン違いがいくつかあるので、お好きなものを選んでくださいね。

    参考:グランドドリームキャリー公式サイト

    お値段は税抜3,800円です。

    ★その他

    ・ディズニートミカの作品に合わせた色の折り紙を、コレクションケースの背景や床に置く
    ・ジオラマで作品を再現し、その中にトミカを置く

    なんということもできます。
    特に「カーズ」のディズニートミカは、トミカというよりほぼキャラクターフィギュアですから、ジオラマ作製はかなりおすすめ。

    お部屋にスペースがある方はぜひ挑戦してみてくださいね。
    最近はジオラマセットも100円ショップで揃うものがありますよ。

    折り紙をケースの中に敷くのは、誰でも気軽にできますのでぜひやってみてください。

    イベントのディズニートミカを集めている方は、そのイベントの時にもらった袋を切って中に敷くのもかわいいかも。
    ディズニートミカの見せ方はアイデア次第で無限に広がりますよ!

    まとめ

    素敵なディズニートミカライフを♡

    いかがでしたか?
    車好きな人はもちろん、そこまで車に興味がない方でも「ディズニートミカなら集めたい!」と思ったのではないでしょうか?

    小さな車の中にぎゅっとつめこまれたディズニー作品やディズニーキャラクターのモチーフ。
    常に新作が出続けるのも、マニアにはたまらない要素ですよね!

    見た目はこんなに凝っていてかわいいのに、ディズニートミカはなんと1個800円前後で販売されています。
    そのプチプラ具合も魅力的。

    明日からあなたもコレクターになれるかも!?

    ディズニーで買えるトミカ!キャラクター・イベントモチーフ&収納アイデア キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集