検索

    【北海道】ルスツリゾートのホテル4選!おすすめタイプは?家族向け・激安キャンプ村も!

    • しーちゃん

      しーちゃん

    北海道最大級の高原リゾート・ルスツリゾートの公式ホテルを特集します。スキー場、ゴルフ場、遊園地、川遊びほか自然体験プログラムなど、多くのレジャー施設を含むルスツリゾートは人気の旅行スポット。ルスツリゾート敷地内にある4タイプのホテルのおすすめポイント&宿泊向けのタイプを解説します◎子供連れ家族に嬉しいエンタメ&一時預かり保育のあるルスツリゾートホテル&コンベンションなど、魅力的なホテルが満載です!

    【北海道】ルスツリゾートのホテル4選!おすすめタイプは?家族向け・激安キャンプ村も! 引用元:公式サイト

    みなさん、こんにちは。今年はどこに旅行をしようか、絶賛家族会議中のしーちゃんです♪

    北海道にある高原リゾート・ルスツリゾートは、春夏秋冬1年を通して自然のなかでレジャーを楽しむことができる北海道最大級のリゾート地。

    子供連れ家族や、友達との旅行におすすめのスポットです★

    そこで今回は、ルスツリゾートの公式ホテル4つを特集!

    ホテルそのものがまるでレジャー施設のような、アクティビティ満載の「ルスツリゾートホテル&コンベンション」をはじめ、ルスツリゾートホテルの特徴&魅力をお届けします。

    ルスツリゾートホテルのおすすめタイプをぜひ参考にしてみてくださいね!

    ルスツリゾートのホテル:ルスツリゾートとは

    ルスツリゾートとは 引用元:公式サイト
    ルスツリゾートとは

    ルスツリゾートとは、北海道最大級の高原リゾートのこと。
    2016年度の日本のテーマパークランキングでは、第5位にランクインしたこともある人気のおでかけスポットです。

    ルスツリゾートはもともと、大和ルスツスキー場としてオープン。
    その後、レジャー施設を増やしながら、現在の1年中様々なアクティビティを楽しめる巨大高原リゾートと成長してきました。

    前身がスキー場だったこともあり、日本経済新聞社が選ぶ「雪の新体験が満喫できるリゾート」ランキング全国1位に輝いたこともあるんですよ!

    ルスツリゾートのホテル:ルスツリゾートの施設

    ルスツリゾートの施設 引用元:公式サイト
    ルスツリゾートの施設

    ルスツリゾートは、スキー場をはじめ、遊園地・ゴルフ場・レストラン・公式ホテル・自然体験プログラムなどの施設が揃っています。
    どの施設も規模が大きく、スキー場は3山37コース、ゴルフ場は4コース72ホール、遊園地にはアトラクションが60種類以上もあります。

    さすが広大な北海道、スケールがでかい!という感じがしますね(笑)
    何泊滞在しても飽きることなく、様々なレジャーを楽しむことができますよ◎

    ルスツリゾートのホテル:公式ホテル

    ルスツリゾートホテル(公式ホテル) 引用元:公式サイト
    ルスツリゾートホテル(公式ホテル)

    広大な敷地を持つルスツリゾートは、その敷地内に公式ホテルがあります。
    ルスツリゾート内だけで十分楽しむことができるので、ホテルも敷地内にあった方が便利で助かりますね!

    ルスツリゾートのホテルは、おおまかに分類すると4つ。
    そのうちひとつは夏休み限定で宿泊することができるキャンプ村です。

    リゾート内のレジャー施設も充実しているのですが、なんとホテル内の施設も魅力的!

    ルスツリゾートのホテルだけでも訪れる価値がありそうなほどでした。
    そこで次項から、各ホテルの特徴やおすすめタイプを解説していきます♪

    ルスツリゾートのホテル:①ルスツリゾートホテル&コンベンション

    ルスツリゾートホテル&コンベンション 引用元:公式サイト
    ルスツリゾートホテル&コンベンション

    もっともおすすめしたいのが「ルスツリゾートホテル&コンベンション」です。
    ルスツリゾートのホテルでいちばん大きいメインのホテルがここ。

    2名から泊まれるお部屋や家族向けの大きなお部屋、和室など部屋タイプが豊富にあるので、様々なシーンに合わせて選びやすいのが嬉しいです◎

    ルスツリゾートホテル&コンベンションの最大の特徴は、ホテル内の施設が充実していること!

    人気の大浴場&温泉露天風呂を完備。
    小さな子供連れ家族に嬉しい、満1歳~未就学児を預けることができる一時預り保育園まであります。

    また、エンターテインメントレジャー施設もあるので、万が一天候が悪くてもホテル内だけでも遊びつくすことができますよ♪

    【部屋&料金】デラックスツイン

    デラックスツイン 引用元:公式サイト
    デラックスツイン

    ルスツリゾートホテル&コンベンションでベーシックな部屋タイプは、2~3名が宿泊できる”デラックスツイン”です。

    ルスツリゾートホテル&コンベンションでは和室を除く全室にてシモンズベットを採用。
    広々として清潔感のあるお部屋でゆっくりと寛ぐことができそうです◎

    【ホテル施設】 遊び・癒し・キッズ施設が充実

     遊び・癒し・キッズ施設が充実! 引用元:公式サイト
    遊び・癒し・キッズ施設が充実!

    ルスツリゾートホテル&コンベンション最大の魅力であるホテル施設。

    室内レジャーには、波のでるプール、2階建メリーゴーランド、クライミング(ボルダリング)、4Dシアター・ゲームワールド、噴水ショーなどがあります。
    屋外レジャーには、テニス、パークゴルフ、イルミネーションなどが揃っています♪

    その他、温泉露天風呂付きの大浴場、一時預り保育園も大人に嬉しいサービスです◎
    ※一部施設は宿泊費と別途有料

    ルスツリゾートのホテル:②ログハウス・コテージ・ドッグコテージ

    ログハウス・コテージ・ドッグコテージ 引用元:公式サイト
    ログハウス・コテージ・ドッグコテージ

    「ログハウス・コテージ・ドッグコテージ」なら、北海道の自然豊かな森の中でゆっくりとした時間を過ごせます。

    ルスツリゾートにはログハウスやコテージが全11棟あります。
    4名以上から宿泊することができるので、子供連れや三世代家族、大人数の友達グループなどにおすすめ!

    他の宿泊客を気にせず、完全プライベート空間でゆったりできるのがログハウスやコテージの魅力ですね♪
    また、愛犬と一緒に泊まれるドッグコテージもあります。

    専用施設はありませんが、ルスツリゾートホテル&コンベンション内の施設を利用することができます。

    【部屋&料金】ログハウス

    ログハウス 引用元:公式サイト
    ログハウス

    ログハウスコテージドッグコテージの6名用ログハウスは、4名から宿泊が可能です。

    ログハウス内にお風呂、暖炉、テレビ、ポット、アメニティ等が用意されているので、まるで自宅にいるかのようにのびのびと過ごせそう。

    木の温かみを感じるログハウスで、北海道旅行を満喫してはいかがでしょう?

    ルスツリゾートのホテル:③ウェスティンルスツリゾート

    ウェスティンルスツリゾート 引用元:公式サイト
    ウェスティンルスツリゾート

    「ウェスティンルスツリゾート」は、比較的リーズナブルにルスツリゾートのホテルに宿泊したい人におすすめです。

    最安料金だと1泊1人あたり1万円以下で泊まれるので、予算が低い学生旅行や、出費がかさみやすい子供連れ家族には嬉しいホテルです♪

    ウェスティンルスツリゾートは部屋のつくりが特徴的。
    全部屋が2階層のメゾネットタイプになっています。

    1フロアはリビングルーム、2フロアはベッドルームと広々とお部屋を使うことができますよ◎

    また、21階まであるので上階へ行くほど自然たっぷりのきれいな景色を見渡せます♪
    下層階でも森を眺めてリラックスできますし、その分宿泊料金が抑えられるのでおすすめ。

    【部屋&料金】ウェスティン4名定員タイプ

    ウェスティン4名定員タイプ 引用元:公式サイト
    ウェスティン4名定員タイプ

    ウェスティン4名定員タイプのお部屋では、2フロア目にベットが2台。
    3名からは1フロア目のリビングルームにある収納ベッドを利用することができます。

    恋人とふたりきりの旅行なら、新婚気分を味わえそう♡
    また、子供2人・大人2人の4名なら十分に宿泊できると思いますよ!

    【ホテル施設】 大人向け癒し施設

    大人向け癒し施設 引用元:公式サイト
    大人向け癒し施設

    ウェスティンルスツリゾートの館内施設は、ルスツリゾートホテル&コンベンションと比べてしまうと種類や数では劣りますが、大人を癒してくれる施設が揃っています。

    露天風呂付きの大浴場は、2019年7月1日(月)より温泉水に変更。
    以前までは北海道のきれいな天然水を使った沸かし湯でしたが、これまで以上にお風呂の楽しみが増えますね♪

    アロマトリートメントルームでは、いい匂いとマッサージで心も体もリフレッシュ。
    身体を動かしたくなったら、24時間利用OKのジムもありますよ◎

    ルスツリゾートのホテル:④キャンプ村(夏休み期間限定)

    キャンプ村(夏休み期間限定) 引用元:公式サイト
    キャンプ村(夏休み期間限定)

    7月下旬~8月中旬ごろの夏休み期間限定で、ルスツリゾートのキャンプ村に宿泊できるようになります。

    テントサイト内には炊事場・バーベキューコーナー・水洗トイレ・キャンプ村売店があり、快適なキャンプを楽しむことができます♪

    機材のレンタルを行っているので、テントは持参しなくてもOK◎
    子供を連れた家族での初めてのキャンプにもぴったりですね!

    夜にはキャンプファイヤーが行われたり、滞在期間中はルスツリゾートの遊園地が遊び放題になったりとレジャーも充実★

    お風呂はルスツリゾートホテル内の温泉&大浴場を利用できます。(別途有料)

    1泊の宿泊料金もとても安いので、夏休み期間にルスツリゾートへ行こうと思っている人はキャンプ村を検討してみてはいかがでしょう。

    【料金】キャンプ村1泊+遊園地遊び放題

    キャンプ村1泊+遊園地遊び放題 引用元:公式サイト
    キャンプ村1泊+遊園地遊び放題

    キャンプ村の宿泊はとってもお得!
    器材すべて持ち込みの場合、大人1人あたり6,480円・小学生1人あたり5,400円で宿泊できます。
    (未就学児の宿泊は無料)

    しかも、上記料金には滞在中のルスツリゾート遊園地の遊び放題チケットが付いているのです。
    通常であれば遊園地の入園料金だけでも大人5,000円はするので、とにかく安い&お得!!

    2泊目以降はキャンプ利用のみとなり、大人3,240円・小学生2,700円となります。

    夏休みの家族旅行にすれば、子供たちが大喜びしそうです♪

    【サービス】 機材レンタル

    機材レンタル 引用元:公式サイト
    機材レンタル

    キャンプでネックになるのが、機材を自分達で準備し持参しなくてはならないことです。
    キャンプ用品を持っていないという方も多いのではないでしょうか。

    そんな時は、ルスツリゾートのキャンプ村で機材をレンタルすることができます。

    テントのレンタル(4~5人用)は、マットと毛布がついて1泊1人あたり1,080円。
    他にも、バーベキューコンロ1個540円、炭2kg1,080円などのキャンプ用品が揃っています。

    肉や野菜などの食料品、お菓子、飲料などの販売もあり。

    持ち物や買い出しが少なくて済むと思うと、気軽にキャンプができそうですね♪

    ルスツリゾートのホテル:アクセス

    ルスツリゾートのアクセス 引用元:公式サイト
    ルスツリゾートのアクセス

    海外や遠方からも客足が絶えないルスツリゾートの、それぞれのアクセス方法について解説します。
    ルスツリゾートへの旅行計画を練る際の参考にしてみてくださいね!

    ◆新千歳空港からのアクセス

    ルスツリゾートは、新千歳空港からバスもしくは車で移動します。
    車ならだいたい1時間半ほどの距離です。

    ルスツリゾートのホテル宿泊者は、片道1人3,000円で宿泊者専用のバス・ビッグランズ号に乗ることができます。

    ◆主要空港から新千歳空港へのアクセス

    全国主要空港から新千歳空港までのアクセスにかかる所要時間は以下の通りです。

    まとめ

    北海道にある広大な高原リゾート・ルスツリゾートのホテルを特集しました♪
    子供連れ家族や学生、友達との大人数グループで行く旅行にぴったりのホテルが多かったですね。

    ぜひ、北海道旅行にルスツリゾートをチェックしてみてくださいね★

    【北海道】ルスツリゾートのホテル4選!おすすめタイプは?家族向け・激安キャンプ村も! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    しーちゃん

    しーちゃん

    生まれも育ちも千葉県!ディズニー大好きなしーちゃんです。パークはもちろん、キャラクター、映画がだいすき❤︎可愛い&楽しいは正義❤︎

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2020年4月オープン】沖縄・DMMかりゆし水族館とは?展示内容、料金、アクセス、見どころまとめ

      【2020年4月オープン】沖縄・DMMかりゆし水族館とは?展示内容、料金、アクセス、見どころまとめ

      ないん

    2. 【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      【体験談】最新チームラボボーダレスお台場を攻略!チケット・混雑・見どころ・服装の注意点も

      みかなつ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集